Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【多様なキャリア#1】大手広告代理店の営業からJBAへ。自分で挑戦して目指せる先は、青天井!

【連載企画】多様なキャリア

JBAに入社して2年目の由良雅希さん。前職では大手広告代理店で3年半勤務した経験があります。今回は、転職をして感じた大手広告代理店とJBAの違いについてお話を伺いました。

やっぱり好きな広告に携われる仕事がしたい!

大手広告代理店に新卒で入社しましたが、大学では広告業界に関わることは一切していなくて、どちらかというと広告に影響されながら生活をしている側の人間でした。学生時代に打ち込んでいたバレーでは毎回主将を務め、チームプレーで結果を出すことの喜びや面白さを実感。そのうち就活の時期になり、広告もさまざまなプロが集まってチームで仕事をすることを知って、チームを率いるリーダーになりたいと思い広告業界を志しました。

入社後、メインで担当したのは営業です。配属先のチームで大手企業のお客様1件と、その他にも2~3件の案件を担当。担当者さんと信頼関係を築き、円滑な業務進行ができるように、そしていつでも新規案件の相談をしていただけるように日々業務に励んでいました。

その結果、担当者さんを通じてクライアント先の他部署の方からも仕事を依頼してもらえるようになり、営業活動をして新規の案件を増やし、仕事の幅を広げていきました。チームの中でディレクターとして企画をしたり、提案をしたり、管理や進行をしたり。社内でも特に忙しいチームだったこともあり、終電後に帰宅することも少なくありませんでした。

さまざまな経験を積ませてもらった後、退社して他の業界での仕事も経験しましたが、もう一度好きな広告に携われる仕事がしたくてJBAに入社することを決めました。

JBAにはディレクターとして入社し、多種多様なお客様を担当して、企画提案や進行管理を務めていました。第二子の妊娠を機に、現在はパートナーと呼ばれる学生さんの教育や業務・勤怠管理、人事配属などを担当。時短勤務の制度を利用して、自分らしく働いています。


いい意味で未整備な部分が多くて、自分の手で変えていける自由度がある。

新卒で入社した広告代理店とJBAを比較して大きく違うのは、「自由であること」です。そもそも、JBAには組織図や役割分担がありません。私も入社した時には衝撃を受けたのですが、ここが面白いところでもあり、より一層JBAに惹かれました。決められていない、整備されていないことが多いからこそ、自分がやりたいことをチームや組織の垣根を超えて挑戦できる。未知の世界に飛び込んで、一からつくり上げる楽しさを味わえる。そんな自由な環境がJBAの最大の魅力です。

また、JBAはさまざまな業界のお客様とお仕事をしながら、新規のお客様ともつながれるという点も自由です。JBAでは1人が担当できるクライアント数やクライアントを担当する期間などの制限が一切ありません。「このお客様の担当をしたい!」という希望も比較的通りやすいのです。今自分が担当しているお客様の業界も幅広く、企業のカラーも本当にさまざま。その多様性に触れながら、いろいろな場所を訪れ、たくさんの方とお会いできるのが楽しいですね。

新規のクライアントを取りに行くことも楽しみの1つです。まずは、JBAで開催されているセミナーに参加された企業さまのもとを訪問し、JBAのことを知ってもらうことから始めるのですが、まだJBAのことを知らない方々と話をして仕事の幅を広げていくことに喜びを感じます。

一方、広告代理店では、既に担当しているお客様とのつながりだけで、自社と関わりのある他のお客様とつながることは難しかったです。また、JBAのように新規のお客様とつながることはほとんどありませんでした。組織が大きい分、自分で新規顧客を獲得しに行くチャンスに巡り合えることが難しかったんです。

入社して数年目の若手の社員が多いのも、JBAの特徴ですね。中間層の方がほとんどいないからこそ、新入社員が活躍できるチャンスがたくさんあり、常に挑戦しながら実践していく力が磨かれます。1人ひとりが任せられる仕事も大きく責任は重大ですが、短期間でのスキルアップにもつながります。その反面、社員のマネジメントをする人材が足りていない部分もあり、JBAの今後の課題であると感じています。

広告代理店時代には、さまざまな年代の方と一緒に働き、経験豊富な方も多くいらっしゃいました。先輩方にアドバイスをいただいて学び、自身の成長につなげられる。そうした利点がある反面、キャリアの長いプロフェッショナルたちを追い抜いて活躍するのは難しいと感じていました。

仕事相手は「恋人」と同じ。お互いハッピーな状態が理想。

「チームの中でみんなを率いる存在になりたい」とディレクターとしてJBAに入社した私ですが、そもそも仕事は1人ではできず、チームの力が必要です。デザイナーじゃないからデザインはできないし、カメラマンじゃないから写真も撮れない。それぞれのプロフェッショナルの力が1つのチームに結集することで、初めて人を感動させられるものをつくることができるんです。そんな瞬間に立ち会いたくて、それを実現するプロ集団チームを率いる存在になりたくて、今日まで仕事を続けてきました。

私はお客様に対応することが好きで、一緒に仕事をする相手は「恋人」だと思って接しています。恋人にはいつもハッピーでいてほしい、自分と付き合ってよかったと思ってほしい。だから、サプライズを計画したり、念入りに準備したりして、相手を喜ばそうと行動しているのだと思います。その最後に、相手が感動して、喜んでいる姿を見るのが私の幸せであり、やりがいでもあります。これはJBAの「先ずお客様に喜ばれることを徹底的に行う」という精神と共鳴しています。だから、この場所で働くことが、こんなにも楽しいんだと思います。

一緒に仕事をする相手を、好きな人か嫌いな人かで選べるとしたら、断然好きな人と仕事をする方が楽しいじゃないですか。もちろん仕事なので、やりたくないことがあったり、厳しいことを言われて落ち込んだりすることもあります。それでも、自分のモチベーションを上げて楽しく仕事をするには、やっぱり好きな人と仕事をするのが1番!だから、まずクライアントを好きになる。それが「恋人」という発想につながるんです。でも今は、日々成長する姿を見せてくれる学生さんやパートナーさんが私の恋人ですね。(笑)


JBAがこの先、どのように変わっていくかは未知数ですが、これからも大好きな「恋人」と仕事がしたいと思っています。その相手がお客様でもパートナーさんであっても、誰かがハッピーになることにつながる。そんな仕事に携わっていきたいです。

日本ビジネスアート's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more