1
/
5

わけあって3度の就活を経験した私が、白潟総研に入社を決めた理由

はじめまして!2021年4月より白潟総研に新卒で入社した、渡邉菜生です。

タイトルを見て、驚かれた方も多いのではないでしょうか?
「え、3度の就活?!」
「2留したってこと???」
いえいえ、違います。

いま就活真っ最中の特に大学生のあなた。
「就活なんて2度としたくない、1度で十分!」
そう思っている方も、きっと少なくないはず。

では、なぜ私が3度も就活することになったのか。
そして、それだけの企業を見てきた私が、なぜ白潟総研を選んだのか。
嘘のようでホントの話に、ぜひお付き合いください。

【1】1度目の就活。即内定の第一志望と、内定辞退の決断

2019年、大学3年の冬。
まわりの就活モードと親のくちから毎日のように出てくる就活の話題。
これらに背中を押されるように、2月になってようやく私の就職活動はスタートしました。

特に行きたい業界があるわけでもなく、
どう決めたらいいのか、その基準さえ自分でもわからない。
3月に一斉にクリック戦争とやらが始まるらしいのに、これではまずい。。。

そこで、とりあえず自分の好きなものに関係する会社の1dayインターンに、いくつか応募してみました。
「赤ちゃんが好きだから、赤ちゃんの商品を扱う会社に行ってみよう!」
「寝るの好きだし、睡眠の極意が学べるインターンってのも面白そうだな??」
ほんと、こんなゆるっっとした感じです。

実際に行って見てみれば、意外と「いいなあ」と思う会社には出会えるもの。
そんななかで2つ、どちらが一番と決められないくらい、いいと思う会社に出会ったんです。
「やってることがとにかく面白そう!」という広告の会社と、
「こんな人たちと一緒に働きたい!」と心底思った生活用品の会社。
まるで違う2つの業界。けれど、その両方が、私にとっては第一志望でした。

幼い頃から人と話すことが苦手だった私は、「面接、絶対苦手だろうなあ、、、」と
不安に思っていました。ところが、在学中の接客業のアルバイトの経験が活きてきたのか、
選考はどれも驚くほどスムーズに進んでいきました。
そしてありがたいことに、第一志望の2社両方から内定をいただくことができたんです…!

迷いに迷った末、選んだのは「こんな人たちと働きたいと思った生活用品の会社」
私のことを大勢いる就活生の一人ではなく、しっかり一人の人間としてよく見てくれる人事。
いつもおだやかな表情で、人のよさが全面に出ている社長。
そして、面接に行くと一人残らず、すれ違った全員が丁寧に挨拶をしてくれる社員の方々。
「こんな方たちと働けたら、心地よくて毎日仕事も楽しいだろうなあ。本当に内定をいただけて良かったなあ」と思いました。

ではなぜ、そんな会社を辞退したのか。
卒業旅行で3週間海外に行ってみて、ふと「留学したいなあ」と思ってしまったんです…!
今まで興味もなく、むしろ苦手に感じていた英語。
それが現地で段々と耳が聞こえるようになると、日本で学ぶのとはまったく違う本当の使い方、
すなわち「ナマの英語」があるのだとわかり、急に面白くなったんです。

けれども、本当に行きたかった会社からもらえた内定を蹴ること、
1年就職が遅れるということは、この先ずっと履歴書について回るということ。
とても、とても、悩みました。でも、
「今行きたいと思ったならまたいつか思うだろう、行くなら1年でも早い方がいい」
と内定辞退&留学を決断したんです。

【2】コロナによる留学断念と、2度目の就活

留学に向けて学校を調べ、アメリカを3都市まわってアポなしで体験授業を受けさせてもらい、もろもろの書類をそろえて学生ビザも取得して、現地で使うであろう生活用品までそろえ、、、

いざ、出発!!!というときです。
あいつ(コロナ)がやってきたのは。。。

「ギリギリで海外に脱出」なんてことも考えましたが、あのまま出ていたら海外でオンライン英語授業をひたすら受けるというもったいないことになっていたので、「行かなくて結果的には良かったかな」と思います(笑)
少し様子を見つつ日本で英語スクールに通ってみたものの、どうやら収まる気配なし。

…ということで、
気持ちを切り替えて、2度目の就活スタートです!
初めてみたはいいものの、なにしろ舵を切るのが遅かったので、
なかなか「これだ!」と思う企業に出会えない。

そんなこんなでときは10月。
やっと出会いました…!ここしかないだろうという会社に、というより本に!
「この本を書いた人と働きたい」「こんなこと考えてる人と働きたい」という想いで、
中途狙いの募集にダメ元で応募したところ、なんと初めての新卒として採用していただけることになったんです!バンザイ!!!
そのままインターンとして2月まで働かせて頂き、入社前のリフレッシュとして3月いっぱいお休みをいただいていました。

ところが、4月を目前に社長から面談したいとのご連絡が。
「なにかな??」と思ったら、なんと、内定取り消しでした、、、!
「内定取り消しをする会社って本当にあるんだ!」
「まあでもコロナだし、そういう会社もあるか??」とか、もう訳も分からずでしたね。

といえども3月に卒業もしてしまったし、急きょ新たな就職先を探さねば…!
と落ち込む間もなく、3度目の就活がスタートするわけです。

【3】3度目の正直。白潟総研との運命の出会い

もうここまでくると、これは運命なのかな?
何かより正しい道があって、そこまで導いてくれてるのかな??
そんな気がしてきます。

…という話は置いといて、
この鬼気迫る状況下で、ご縁があって面接の機会を作ってくださったのが、白潟総研です。
内定取り消しの話もしっかり受け止めてくれて、No.2である哲也さんが直々に、
1時間半もかけて懇切丁寧に私のことを知ってくれようとしました。

「自分が好きと想える人たちと一緒に働きたい」
「社長も、こんな人についていきたいと心から想える、信頼できる会社で働きたい」

と、心のうちを明かすと、、、
社員の方4人と面談する機会や、1日お仕事体験もさせていただき、
さらには社長と哲也さん、そして入社した場合に直属の上司になる方の4人で飲み会をする機会まで作ってくださったんです!

こんな会社が他にあるでしょうか??
本当に、こうやってみなさんとお会いする中でも、誰一人として嫌な人がいませんでした。
むしろ、一人ひとりが「こんな方と一緒に働きたいな」と感じる方の集まりです。
これだけすべてを見せていただいて、もう何も迷いはありません。
「ぜひ、明日から働かせてください!」とすぐにお返事をさせていただきました。

3度にわたる就職活動、コロナによる留学断念、そして内定取り消し。。。
この2年の間に、本当に色々なことがありました。
でも、これはすべて白潟総研に出会うためだったのだと、今では思います。


ぜひみなさんも、こんな素敵な方たちの集まる白潟総研で、一緒に働きませんか??

白潟総合研究所株式会社's job postings
19 Likes
19 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more