1
/
5

「永遠ベンチャー」のカルチャーに惹かれ入社を決意。開発の力で日本中に「おもてなし」を届けたい!

ネクストビートへの入社理由を教えてください

入社の決め手は、ネクストビートのカルチャーの一つである「永遠ベンチャー」に惹かれたことです。

「大切な人との特別な思い出作りのお手伝いがしたい」という想いから、キャリアのスタートは、海外のリゾートホテルで働く道を選びました。日本では「ふつう」と思っていたことが通用しない世界で、壁に当たりながらもゼロから自分やチームが成長していくことに達成感を覚え、その努力が実ってお客様に「また来ます!」と言っていただけた時は喜びを感じました。

ホテル業界で働いているなかで、だんだんと「特別な日」ではなく、もっと身近な「日常」に携わる仕事に挑戦してみたいと考えるようになりました。そんなときにWeb制作をしていた知人と出会い、インターネットを通じてサービスを提供するITの世界に興味を持ちました。

その後帰国し、教育系のWebコンテンツを展開する事業会社にWebデザイナー/コーダーとして入社しました。UI/UXやコンバージョン改善の為に試行錯誤を重ねていくうちに、自分で思い描いたものを自分で形にできないことに対し、強いもどかしさを感じるようになりました。これがきっかけとなり、エンジニアへ転身を決意。転職活動中にネクストビートを知りました。

ネクストビートは「ライフイベント」「地方創生」「グローバル」という3本柱を軸に、事業を展開しています。カルチャーへの共感はもちろん、自身のキャリアに重なる部分が多くあり、「今までの経験を土台にエンジニアとして挑戦したい!」と考え今に至ります。

現在の仕事内容を教えてください。

宿泊業界に特化した就職・転職支援サービスである「おもてなしHR」の開発をしています。営業・マーケティング・開発等の各部署が参加するプロダクト会議で決定した施策の実装や、社内で使用するサポートツールの機能改善を行いました。また開発の一部をベトナムに委託しているので、そのコードのレビューをすることもあります。

現在配属されて1ヶ月ほどですが、フロントエンドからバックエンドまで幅広く挑戦させていただいており、学びの多い日々です。

仕事のやりがいや喜びを教えてください。

社会貢献度の高い事業に携われていることに、やりがいを感じています。特にこれまで自分が身を置いていた宿泊業界に関わるプロダクトの開発をしているので、「よりよいサービスを届けたい!」と当事者意識をもって取り組んでいます。

いちエンジニアとしては、まだまだスタートラインに立ったばかりで課題が多く、奮闘する日々ですが、「海外」「ホテル」といった周りとは異なるキャリアキーワード持つ自分だけのバリューを発揮し、エンジニアリングを手段として事業に貢献することが目標です。

ネクストビートの行動指針である「nextbeat identity」のどれを最も重視していますか。

「Full Honesty」です。

どんな仕事でも「人」に対して誠実であることが大切だと考えています。業務ではコードに向かう時間が長いですが、ユーザーやプロダクトに関わる各部署の方々、自分が書いているコードを改修する未来の「おもてなしHR」のエンジニアなど、自分が作っているものには必ず「人」が関わっていることを意識し、おもてなし精神を忘れずに仕事をしています。

株式会社ネクストビート's job postings
19 Likes
19 Likes

Weekly ranking

Show other rankings