1
/
5

京大出身の新卒社員が「日本全国ダーツの旅」研修で人生勉強中!【旅日記 第3週目】

本日は水曜日!
日本全国ダーツの旅」を満喫中(!?)な水野さんに代わって、第3週目の旅日記をお届け致します。


「日本全国ダーツの旅」とは?
会社から現金20万円とアスガール1,000包を支給され、ダーツで当たった土地にて1か月間暮らすという新入社員研修。
「1か月後、20万円をいくらにして帰ってくるか?」、「経験を得ること」が旅のテーマ。
アスガールを売ってお金に換えるも良し、工事現場で働くも良し、ギャンブルで一文無しになるも良し。
法に触れない&命の危険を冒さない限りはなんでもアリのコウダプロ流サバイバル研修。
お金がいくらになるかも楽しみだが、その人が1か月間でどれだけ人間として成長するのかも見どころ。
※本研修は男性かつ希望者のみにて実施します


この1週間は、何やら"ビジネス"について思考し、社会人1か月目とは思えないほど理解を深めた様子です。
道中で収めた様々な写真とともに旅日記をお楽しみください♪

【9/15(水)の旅日記】

15日目
午前10時、意を決して社長にTwitterでアプローチ。
直球勝負。
DMで話したいとリプが返ってくる。
これはもしかしたら!?と思ったけど、DMできっぱりと断られた。
正規のルートでアプローチするようにと優しく諭していただいた。
器が大きい。
社長のファンになりそうだった。
挑戦できたのはいい経験だったけど、どうせなら商談まで行きたかったなあ。
当たって砕けろですね。
その後恒例のコインランドリーへ。
コインランドリーの空気感が好きでたまらん。
とても贅沢な時間。
帰ってきて社長に紹介していただいた方のブログを読み漁る。
この方には失礼のない範囲でストレートに意見をぶつけたほうが面白くなりそうだ。
失礼のないように気をつけつつ、面会を打診。
初めての面会打診だったので、少し緊張した。。
夜は博多駅のブックオフへ。
さすがに立地がいいだけあって古本がお高い。
ブックオフは¥100の本であふれてるものだと思ってた。。
人間失格を購入。

この旅も折り返し地点かーー
長いような短いような。
結局アスガールは全く売れてないからなーー
しぶとくいこう。

「道徳なき経済は犯罪、経済なき道徳は寝言」という格言が印象に残った。
自分はどうにも道徳に重きを置きすぎてしまうところがある。。
この会社で経済についても意識的に学びたい。


【9/16(木)の旅日記】

16日目
30℃超え。
とにかく蒸し暑い。。
朝はバーガーキングへ。
定番のワッパーが¥490。
イギリスでは¥700くらいした気がする。
やっぱり日本の外食は安い。
企業にアプローチするとしたらどうなるのか、疑問に思ったので薬局のバイヤーについて調べてみる。
想像以上にシビアな世界だった。
冷静に考えたら、大量の製品が棚を奪い合うわけだから大変だ。
大手に勝つのは相当難易度高いだろうな。。
調べていくうちに、ヒット屋のビジネスの全貌が見えてきたような。(あくまで想像だけど
市場調査して、技術や成分について調べて、商品企画して、小売店に営業かけるのかな?
やりがいはあるだろうけど、相当な熱量とタフさが求められそう。
でもって、消費者のことと小売店のことを知り抜く必要がありそう。
こりゃ、すごいわ。
ビジネスにおけるステークホルダーについて、カネの流れについてもっと学びたいと思った。
法人へのアプローチは大きい分、時間がかかるし重たいな。
個人はその逆か。。
どうしたものかなーーー


【9/17(金)の旅日記】

17日目
ジモティーで見つけた安いガステーブルを買いに貝塚へ。
完全にやらかした。
想像力が欠如していた。。。
まずリサイクルショップが駅から徒歩30分なの知らなかった。
さらにガステーブルが想像以上に重かった。
両手で持つから傘もさせないし、歩みも遅くなる。
しかも台風のことほとんどケアしてなかった。
温帯低気圧に変わってるし大したことないだろ、と高を括ってた。
結局遠くのリサイクルショップまで行ったのに収穫ゼロで帰ってきた。。
自分1人でいる分にはこういうミスは気にならない、むしろ台風の中出歩けて楽しかったくらいに捉えるタイプだからいいんだけど、、、
仕事だったら大アウトだなーー
想像力の欠如に気をつけねば。。

1人だと考えのたたき台がないから思考が堂々巡りに陥りがちだなー
頭の中を換気する方法を見つけておきたい。

今1日2回行動?のところを3回行動、4回行動に変えていかねばならんな。
このままだと間違いなくスピードについていけない予感。。

【9/18(土)の旅日記】

18日目
コウダプロにて勉強会。
圧倒的充実感。。。
コウダプロの何たるかが集約されていた。
午前3時間、午後3時間の合計6時間の話し合い、客観的に見たら狂気の沙汰だな。
正直なところ、何を話していたのかあまり思い出せない。。
それくらい即興の内容だった。
現代音楽って感じかも。
自分の意見を話すのはとても難しいけど楽しいと思った。
そういえば昼飯ガッツリ食べたのに全く眠くならなかった。
脳内物質が出っぱなしだったのかもしれない。
疲れた。。。
今日1番印象に残ったのは、内にこもらないことの大切さ。
こもり続けてきた人間としては、内にこもっても何もないのはよく分かる。。
あとはフォロワーシップの概念も目からウロコだったな。
全く理解できてなかった。
藤永さんにオススメされた旭軒行ってみたら閉まってた。。
さすがに20時までか。
後日出直そう。

【9/19(日)の旅日記】

19日目
朝からアスガールをポチ袋に詰めていく。
こういう単純作業はリズムが生まれるから割と好きだ。
一段落ついたところで、手土産を調達しに博多阪急へ。
8階で九州のアーティストを集めた展覧会が開催されていたので、観覧。
絵を買うとなると、やっぱり最低でも5万は必要か。。。欲を言えば10万。
これから少しづつお金貯めて、気に入った絵を買えるぐらいの金銭的余裕を生みたいところ。
デパ地下で手土産を探す。
デパ地下は人多いし騒がしいしごちゃごちゃしてるしで苦手な場所だ。
強烈に食欲そそられるのも少し怖い。。
さっさと退散しよう。
本当は甘くないものが良かったけどあまり見つからず、結局甘いものに。
企業に問い合わせできるのが明後日の火曜日。
それまでに問い合わせの文面つくって、アスガールの紹介も考えておきたい。
こちらのこと全く知らない人に1から説明するのは予想以上に大変そうだ。。
理解できると説明できるの間にはまた1つ壁があるな。
開発経緯やコンセプト、ターゲット、使用事例、販売事例、販促方法。
上手く言葉にできるかというと自信は無い。
あとは商談?のゴールをどこに設定するかも難しいところ。
明日人と会うときの作法も復習しておかねば。
改めてブログから情報収集だ。
ブログが結構な頻度で更新されている。
どのタイミングで執筆なさっているのか不思議だ。
忙しいはずなのに。
夜は折坂悠太の新アルバム試聴会に参加しつつ、手を動かす。
良い夜だ〜

内田さんの、コウダプロにおいて素直に伝えることは感謝を伝えることと同意義、ってセンテンスが響いたな。
腹落ち感がある。
コピーライティングってすごい。


【9/20(月)の旅日記】

20日目
朝7時、人もクルマもとても少ない。穏やか。
朝の散歩の素晴らしさを思い出した。
これから肌寒くなるかもしれない?ので博多駅の無印でパーカーを購入。
長袖を1枚も持ってこない自分の愚かさたるや。
最近服を買ってなさすぎて、¥3000でも高く感じてしまう。
頑張って2シーズンは着たいな。。
ひたすらアスガールの情報を自分の中に染み込ませる。
ただ情報をインプットするだけでなく、情報全体を総合的に捉えられるところまで行かねば。
本当に商談の流れがブラックボックスすぎて、手探り状態。
1人でいると自己管理能力が問われる。
気がついたら別のことしてるとかザラにあるし。
時間と曜日の感覚が薄れてきている。。。
引きこもってるときのアレだ。
そしてサボりへの誘惑が強烈。
やはり環境は大事と痛感。
夕方に地元の友人から電話がかかってきた。
この年になると、やっぱりお金、仕事の話がどうしても多くなるな。
時の流れを感じる。。
1時間以上電話してしまった。

コミュニケーションについての学びが深まった。
ここでも、まずは「決めつけない」のが大事だ。
自分を柔らかく保ちつつ、相手の立場を考えていけたらいい。
場合によってはゴールを決めて逆算することも必要なのかもしれない。
世の社会人はみんな色々と考えて動いてるんだなあ。
尊敬尊敬。


【9/21(火)の旅日記】

21日目
朝は社長に紹介していただいた方に会いに行く。
福岡という土地の特性について、いろいろと教えていただいた。
自分は博多と福岡の境界が中川であることすら知らなかった。。。
九州に来てる名古屋人・関西人って異端なんだな。
「修猷館」の読み方も学んだ。。
総じて興味深い話をしていただけた。
福岡に関する新しい知識が流れ込んできて、気持ちよかったなあ。
昼過ぎにドラッグストアの問い合わせフォームにアプローチ。
これも返信率10%,20%の世界なんだろうなーー
対個人でなく、対法人だから会社の信用を損ねないように気をつけねば。
ネット上のテンプレートを元に文面作成。
イチから文面考えるのなんて不可能だからな。。
とりあえず、入社1ヶ月の小僧の文章とは思われないはず。
いったい1日にどれくらいの数の問い合わせが来てるんだろうか。
どの部署が処理してるんだろうか?
謎が多い。
なぜか肛門が痒すぎる、、、
経費で塗り薬を買ってしまった。
我慢の限界だった。。
夕方頃には旭軒へ。
焼き餃子をテイクアウト。
なかなか癖の強い餃子だ。
いい意味でお高くない、昔ながらの飾らない味がする。
これはビールのお供だわ。
隣に餃子の王将あるのに生き残ってる辺り、タフな店だ。。
夜は友人と1時間半ほどzoom。
博士課程まで行くのはやっぱりすごい。
大学に学士4年、修士2年、博士3年の9年もいるとか想像つかん。

素直でいるって案外難しいのかもしれない。。
ただ相手の考えを鵜呑みにすればいいわけでもなく、自分の考えを振り回すでもなく。。
結局ニュートラルな感覚や広い視野が必要になる気がしてきた。。

「なぜか肛門が痒すぎる、、、」が面白すぎる…というのは置いておきまして(笑)

アスガールを売るべく、人と出会って話をすべく、旅で学びを得るべく…
それでいて極めて自然体で1日1日を過ごしている様子が伺えます。

果たして、現金20万円は今どうなっているのか?
水野さんにとって1番の学びは何なのか?

「日本全国ダーツの旅」もだんだんと終わりに近づいてまいりました。
10/1、水野さんは一体どんなものを持ち帰ってくるのでしょうか??

最終週の旅日記もどうぞお楽しみに!



↓「日本全国ダーツの旅」に挑みたい若者募集中です♪↓

若者採用
新卒採用┃仕事が楽しくてたまらない大人たちがその理由をお教えします!
コウダプロはアイデアカンパニーです。 ワクワクするアイデアをもとに、各事業独自の世界観を創っています。 独自の世界観には、人の感情に訴えかけ、人々を巻き込んでいく力があります。 わたしたちは、コウダプロに関わるすべての人に、コウダプロの世界観を楽しんでもらいたいと思っています。 なぜ世界観を創ることにこだわるのか? それは、独自の世界観には、強烈なブランドパワーがあるからです。 コウダプロはまだ小さな会社です。 ですが、小さな会社でも強烈なブランドパワーを発揮することはできると信じています。 そして、コウダプロはこのブランドパワーをもって「質としての世界企業になる」と"当たり前に"思っています。 "当たり前に"こう思えるのは、手前味噌ながら、代表の幸田が偉人や狂人たちの1億分の1ぐらいの「狂い」は持っていると思っているからです。 世に対し、大きな功績を残す人物たちは、共通して「狂い」という性質を持っています。 狂っているからこそ、大きな熱量を持ち、常人とは違うことをやって、まわりの人々を巻き込み、共感を生むことができるのです。 狂人たちにそんなパワーがあるのは、自分の信じること、やりたいこと、目指すことだけに徹底的に向き合っているからこそです。 もちろんまわりから批判されたり、理解されないことも多くあるでしょう。 ですが、狂人たちはそんなことなんか気にせず、ただひたすら大事なことだけに向き合っています。 設立5年目、社員数8名のまだ小さな会社であるコウダプロが「質としての世界企業になる」と本気で思い、目指しているのは、はたから見ればおかしなことかもしれません。 ですが、コウダプロは「面白屋」「ワクワク屋」として、精一杯楽しみながら質としての世界企業になっていくと確信しています。 コウダプロはこれからも信じること、やりたいこと、目指すことだけに徹底的に向き合っていきます。 では、独自の世界観を創るためにわたしたちは何をしているのか? それは、常に既存のカテゴリーを新しい視点から見ることです。 見方を変えるだけで、新しい価値はどんどん生まれます。 鳥の目・虫の目・魚の目と言われるように、わたしたちはさまざまな目を使い分けながら日々面白くてワクワクするアイデアを発想している集団です。 そんなコウダプロは現在、2つの事業を運営しています。 ①ヒット屋事業 「80%の経営課題はヒット商品があれば解決すると素朴に信じている」ヒット屋です。 ヒット屋はアイデアと知見を駆使して“売れる商品”を開発してクライアント様の事業価値を創造し、ビジネスモデル(商品)の解決を通じて、ビジネスの成功をご提供致します。 ②アスガール事業 「明日があるあなたに」をテーマに、お酒のプロたちをターゲットとし、アルコール対策サプリメント「アスガール」をご提供しています。 世界中のお酒のプロたちに、もっとお酒を楽しんでもらうべく、日々アスガールの普及拡大に努めています。
株式会社コウダプロ
株式会社コウダプロ's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings