1
/
5

What we do

ヒット屋は徹底的にクライアント様に寄り添いながら商品開発を行います。リサーチ、企画、販売戦略、コネクションの創出...コウダプロにできることは全て行います。
コウダプロのオリジナル製品、"アスガール"。地道に着々とその名を広める戦略を練り、実行しています。
■ヒット屋 ヒット屋は、消費者に「使ってみたい」「使い続けたい」と思って頂ける商品こそが“売れる商品”の基本と考え、 1. 世に埋もれた原料・技術情報を探し出す 2. 製品に、消費者の感情を揺さぶるようなストーリー性を持たせる 3. 体感やビジュアル、テクスチャーなどのしずる感を極限まで追及する 4. LTVを最大限引き上げる製品設計 5. 「これは必ずヒットする」と自信を持てるまで妥協しない 以上の5点を売れる商品開発の原則とします。 【ヒット屋公式サイト:https://hit-ya.jp】 ■飲みニケーション応援事業 「日本の飲みニケーションを応援したい!」 そんな想いから立ち上がったこの事業。 オリジナル製品のアルコール対策サプリメント、“アスガール”を流通・販売しています。 いかにコウダプロらしい戦い方でアスガールを広められるか。 アイデアを武器にしてこの事業を盛り上げています。 ■自治体四季報 自治体四季報は、全国1,741自治体の「住民の持続可能な幸福を実現する力(=自治体の経営力)」を見える化したサイトです。 1年間の自治体運営の結果を表す「優秀自治体総合ランキング」では、「各自治体に住民を幸せにする力がどれぐらいあるのか?どれぐらいの経営力があるのか?」を見ることができます。 住民を幸せにする力という、一義的には捉えどころのないものを、初めて民間企業を評価するときに用いる経営指標のように、客観的に見える化しようと考え、自治体四季報は生まれました。 【自治体四季報公式サイト:https://j-shikiho.com】 ■環境衛生事業部 環境衛生事業部は、”本物”の意味ある衛生対策製品・技術を世の中に広めていくために立ち上がりました。 昨今、世界中の人々がコロナウイルスを中心とした感染症の対策に力を注いでいます。衛生対策は永続的に私たちが向き合っていかなければならない事柄です。 環境衛生に関するご相談・ご用命がある際には、是非、環境衛生事業部までご一報くださいませ。 ■各種コンサルティング コンサルティング内容は「お困りごとの解決」です。 コウダプロの強味は、発想力です。 どんなに苦戦して先が見えない状況でも、視点や発想を変えれば必ず活路が見つかります。 2時間あれば、ブルーオーシャンは見つかります。

Why we do

代表の幸田が書き上げた、コウダプロの在り方を明示化したものである"コウダプロ憲法"。コウダプロのメンバーはこの憲法をもとに日々仕事に臨んでいます。
代表 幸田のマーケティング理論は、少年時代のザリガニ釣り遊びに原点があります。作戦を考えて実行するだけで、ほとんど釣れなかったザリガニが面白いように釣れるようになったのです。これこそが現在のコウダプロが大事にしている、「発想の転換」と「接近戦・局地戦に活路を見出す」のはじまりです。
コウダプロは、事業活動を通じて、顧客・パートナー企業・社員・経営者の幸福を増大することを企業目的としています。 日本は人口減少社会に突入し、価格や量ではなく、質や差異、個性で勝負をしなければいけない社会であるのに、その認識や必要性が社会に浸透しきれていないように感じます。 ビジネスモデルや組織設計、サービス、プロダクト、プロモーション・・・ あらゆる階層で優れた企画やアイデアが必要なのに、アイデアの出し手が足りていないのが現状です。 いえ、アイデアの出し手が足りていないだけではなく、臆せずアイデアを出せる環境、そのアイデアを受け入れる土壌がまだまだ不足しているのだと感じます。 率直に言うと、現在の日本社会には、優れたアイデアに価値があるという認識が不足しているのだと思うのです。 「浮世離れしたアイデア」「アイデアの為のアイデア」ではない実行可能で成果に直結するアイデアこそがコウダプロの基盤であり、商品の競争力、企業の競争力、ひいては国際競争力をも生み出すのだと考えます。 コウダプロは「面白屋」「ワクワク屋」です。 そして、競争が嫌いです。 コウダプロはどんなに真っ赤な海でも、2時間でブルーオーシャンを見つけてみせます。

How we do

毎週月曜日に行われる朝礼では、"コウダプロの在り方"について皆が徹底的に考え、意見を交わしあいます。
「今週も会社に来てくれてありがとう!」 コウダプロの1週間は、代表である幸田のこの言葉から始まります。 コウダプロでは、毎週月曜日の朝、朝礼が行われます。 しかし、この場で業務目標に関することが話されることはありません。 ここでは、"コウダプロの在り方"について皆が徹底的に考え、意見を交わしあうのです。 コウダプロの価値・使命・未来など、話し出せばキリがありません。 そこに自分がコミットできているか、その都度見つめなおすことができる貴重な時間です。 そんなコウダプロのメンバーは皆、「サクッと濃く働いて、早く帰ってリフレッシュ」する働き方をしています。 量のハードワークを求めたり、ダラダラと残業したりするのではなく、質を高めて密度の濃い仕事をする。 こうすることで、心身の健康を保っています。 また、コウダプロでは思考を停止することが禁止されています。 メンバーは皆、どんなときでも「自分の頭で考えること」をやめません。そして諦めません。 そんなメンバーだからこそ、日々各人の好奇心を刺激するような発言や行動が続々と生まれる環境をつくることができています。