1
/
5

SaaSスタートアップ一人目社員が語る、チームづくりの秘訣と今後の課題

DIGGLE株式会社は、 「経営の意思決定サイクルを速くする」ビジネスの実現を目指し、 経営管理クラウドサービス「DIGGLE」の開発・提供を行っています。

今回はDIGGLE一人目社員にして、現在PdM(プロダクトマネジメント)チームでUIデザイナー/エンジニアを務める、大澤にインタビューしました。

後編では、現在のチームづくりで大事にしていることや、SaaSのデザインに対する考えをお伝えします。


▼前編はこちらから



自律し協働するチームの礎を築いたスクラム体制

最初の1年半ほどは、開発チームは僕とCTOの水上くんの2人体制でしたが、その時からチームでの開発体制を整えたいと思いスクラムを導入していたことで、スムーズにチームを拡大できました。また、以前は僕がずっとスクラムマスターを担当していたのですが、チームが大きくなるにつれてチーム全員で月交代で、順番に担当を回すことにしました。始めたきっかけは「一人でずっとスクラムマスターをするのは大変だから順番にしちゃえ!」という思いつきでしたが、チーム全員がスクラムマスターを経験することで、タスク管理や他のチームメンバーに対する意識が向上して自律的な組織になりました。

個々人が自律し、かつチーム全体で助け合える現在の開発チームのカルチャーは、このスクラム体制が元になって築けたところが大きいと思っています。


いかにユーザーに知覚されないかが、良いSaaSのデザイン

開発チーム唯一のデザイナーとして、またBtoBのSaaSのデザインにおいて大切にしていることは、”ユーザー体験をできるだけ薄くする”ということです。娯楽施設やエンタメ商材をつくっているのであれば、どんなものをどんな風に体験してもらい、いかに体験に価値を感じてもらうかが重要になりますが、僕らは違います。作業中に画面の中でかわいいキャラクターがでてきて踊り出されても、ちょっといらっとしますよね笑。

BtoBでSaaSのユーザーは基本「やりたくない煩雑な作業をできるだけなくしてスムーズにしたい」と思っている方が多いと思います。DIGGLEだと、エクセルの数値集計やミスの確認などをいちいち手作業で行うといった苦痛なユーザー体験をなくしたい。手前の煩雑な作業をできるだけ知覚させず、本当に力を使いたいところに集中できる環境をつくること、ユーザーにとっては注意を向けずとも気づいたらそんな状態になっている、というのがゴールだと思っています。




PdMチームが目指すことと課題

DIGGLEは現在メンバー数が約20名で、これからますます大きくなっていくでしょう。組織が大きくなっていっても、顧客に価値を届けることにフォーカスし続ける組織でありたいと思っています。

開発チームのスクラムマスターを全員で回すという体制は、その体制により自然と自律し学習し続けるチームの礎になりました。今後は、事業全体の仕組みづくりを行っていくのがPdMチームの一つのミッションだと思っています。組織が大きくなり分業が進むと、自然と人間は自分の担当している範囲でのみ最適化を図ってしまうものですが、それでも全体最適が叶う仕組み、プロセスを今からつくっていこうと考えています。

そのための課題の1つが、開発チームの拡大です。やりたいことに対して、エンジニアが足りません。特に僕がフロントエンドエンジニアからデザインに軸足を移したので、UIを実装できるフロントエンドエンジニアにチームに加わっていただきたいです。顧客に優れたインタラクションや体験を提供したい方、顧客にとって本質的に価値あるサービスを追求したい方、また自律したチームで自社プロダクトの開発に集中して成長したいと考えている方は、ぜひ一度お話しましょう。


▼DIGGLE 開発チームでは、一緒に働くメンバーを募集しています!

リードフロントエンドエンジニア
弊社発で業界標準を作り出す可能性があるプロダクトに興味はありませんか?
--------------------------------- ▼事業内容 --------------------------------- 「経営の意思決定サイクルを速くする」というビジョンのもと、社内の情報流通の在り方を変え、予実管理でスピーディーな意思決定を支援するクラウドサービスを開発・提供しています。 ほとんどの企業では、予算と実績の管理(予実管理)のために、煩雑なエクセルのシートを組み、日々"なんとかやりくりしている"のが現状です。この点は単なるエクセルの問題と見られがちですが、煩雑なエクセル管理、またはそれに起因するミスによって、「経営の意思決定の根拠が間違っている」「経営の意思決定が遅くなる」といった致命的な問題につながることが大きな課題だと考えています。 【予実管理・会社について~弊社CEO山本とCOO荻原の想い~】 - 「そのプロダクト、受注理由は本質か!?」──予実管理クラウド・DIGGLEの軌跡にみる”シリーズAの壁”、突破法 https://www.fastgrow.jp/articles/diggle-yamamoto-ogiwara DIGGLEでは、これらの課題をワンストップで解決するプロダクトを提供しています。複数人での共同編集が可能で、常に自動保存がかかります。また、ワンクリックで過去の必要なデータも抽出可能と、Excelでは実現できないUXをウリとしています。そして、最終的には経営の意思決定に貢献するインフラとして価値を提供していると自負しています。 今後も、弊社DIGGLEが、未来の経営企画のためのこれまでにない新しいサービスを創出していきます。 --------------------------------- ▼ミッション --------------------------------- - 世の中の常識を変える 世界中の企業の経営企画にとって新しい「当たり前」の世界を創る - 経営の体幹を作る 経営にとっての体幹は予実管理であり、お客様の強い体幹づくりをサポートする - お客様ファーストのサービス エンジニア含め全社員お客様に使われてこそのサービスと考えている --------------------------------- ▼参考記事 --------------------------------- 【受賞歴】 - TechCrunch Tokyo スタートアップバトル2016 ファイナリスト ※創業間もないDIGGLEにも関わらず、TechCrunch Tokyo スタートアップバトル2016 でファイナリストになった時の動画です。 興味ある方は是非ご覧ください! https://youtu.be/yqUuXyYg28o - FUJITSU MetaArc賞受賞 「TechCrunch Tokyo 2016」のピッチ・コンペティション「スタートアップバトル」のファイナリストに選出、Fujitsu MetaArc AWARDを受賞 https://thebridge.jp/2016/11/techcrunch-tokyo-2016-startup-battle-finals
DIGGLE株式会社



▼大澤とお話したい方は、ぜひカジュアル面談にご応募ください!

ボトムアップ型のデザインシステムの強みと弱み
DIGGLE株式会社の中の人 デザインシステムはUI実装を効率化しますが、トップダウンで作るには大量のリソースが必要です。自分は、必要なものから作っていくボトムアップ型のアプローチがスタートアップには最適だと考えています。 弊社事例からメリット・デメリットを話し、より役に立つデザインシステムとは何かをお話ししましょう! こんな人と話したい - 実装面からプロダクトデザインを考えたい人 - デザインシステムに興味ある人 - UX周りを中心にみたいフロントエンドエンジニア - エンジニアの考えるデザインシステ
https://meety.net/matches/vKQdRqxOWVuT


DIGGLE株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from DIGGLE株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?