1
/
5

“ セブンデックスらしさ ”の土台を作る|セブンデックスのカルチャーを育む、社内環境とは?

セブンデックスは2021年3月の全社会議を経て、会社として飛躍するため様々な社内プロジェクトを実行してきました。今回はプロジェクトを牽引した3人にインタビュー。役割や入社歴も異なる3人が社内プロジェクトを推進する理由、その原動力について聞きました。

▼プロフィール|季山 花蓮
大学在学中にサークルでのクリエイティブ制作を通じてデザイナーを志し、2019年セブンデックスに入社。ECサイトのグロースや、コーポレートサイトのコンセプト設計からデザインまでを一気通貫で行うなど、様々なプロジェクトを通してデザイン業務に幅広く携わっている。

▼プロフィール|西川 元香
立教大学経営学部を卒業後、ミクシィにてtoC向けの美容マッチングサービスminimoのカスタマーサクセスを3年半担当。 その後SESでwebデザイン/DTPを経験し、2020年6月からUIデザイナーとしてセブンデックスに入社。スタートアップのアプリデザインや大手企業のUXUIデザインに携わっている。

▼プロフィール|臼井 結那
セブンデックスのデザインとビジネスに対する思考の深さに魅力を感じ、2020年3月からインターンとして入社。人々が抱える「生きづらさ」をデザインの力で無くしていくべく、デザインの本質を探りながらさまざまな分野のデザインについて学んでいる。多摩美術大学統合デザイン学科在籍。

今のセブンデックスだからこそ、自分の手で前進させる

続きはオウンドメディア「SEVEN DEX POST」で!


株式会社セブンデックス's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more