1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

ミラティブ社、最新の働き方事情!

こんにちは。ミラティブ人事の廣田です。

実は2021年1月時点で社員は56名となり、昨年から20名正社員が増えました!

事業/組織ともに着実に歩みを進めているミラティブですが、昨今の情勢も鑑み、ミラティブでも2020年3月から働き方がガラリと変わりました。今回はいくつか"ミラティブの今の働き方"についてまとめたいと思います。

原則フルリモートになりました

2020年3月30日より、ミラティブは原則フルリモート勤務になりました。

▲2020年3月フルリモート決行時の赤川のSlackコメント

創業当初から、リモートワークを行いたい際には都度都度の事前申告でOKというルールにしていたミラティブにとって、原則フルリモートへの以降はとてもスムーズに進んだように思います。
(もちろん、その裏でバックオフィスチームがとっても暗躍してくれています)

原則フルリモート移行によるルール追加は無し!

原則フルリモートにすると、どうしても管理としてのルールを多くしたり、コミュニケーションのルールをつくったり等ルールを多くしてしまうという話を耳にします。しかし、ミラティブでは原則フルリモートにするにあたって、特段ルールの追加は設けずに組織を運営できています。

強いて増やしたルールは、物理出社がなくなったので、オンラインでの勤怠打刻を一層強く徹底してもらうこと、でしょうか(出社の場合は入退室のログで自動で勤怠がつくのです)。

その前提には、根本的にルールで組織をコントロールするのではなく、目的と必要性に応じてメンバーが主体的に適したやり方で適した動きをする、といったような文化があるからなように思えます。
(ルールで縛りたいくない/縛られたくない、といった当たり前の気持ちもありますので、ルールがなくとも主体的に動いてルールを少なくしよう、ということももちろんありますね)

出社することも大切

一方、マネジメント層からリクエストしたり、逆にメンバーからリクエストしたりして、目的や必要性に応じて出社する機会も適切に取り入れています。

2020年3月からフルリモートに移行して気づいたことは、フルリモートはとっても効率的である一方、実現できないことや得られないことや失ってしまうことがあるのでは、ということ。
そして、出社だからこそ得られるものがあるということ。

ディスカッションだったりちょっとした相談だったりは、顔をあわせて行ったほうが成果が上がる場合があると感じました。また、純粋にメンバーの顔を見て仕事をすると安心したり、楽しい気持ちになったりもしますよね。
そのため、原則フルリモートとしつつも出社とフルリモート両輪で業務を行う方針になりました。
もちろん出社の際には感染対策のためにタクシー利用などを促す場合もあります。

▲2021年の働き方説明内抜粋

コミュニケーションツールの変化

フルリモートになって、コミュニケーションはSlack、Zoom、Google Meetをメインで使うようになりました。
全体会は1週間に3回ありますが、すべてZoomで行っています。

日々の業務においてはSlackで対応しつつ、「これは文字だとコミュニケーションが大変だ」というときにはすぐにオンラインMTGやSlack通話をするように心がけています。
出社してオフィスで仕事をしている際に、ちょっといい?と背中越しに話せたようなことは実はとても効果的だったので、それをオンラインでも実現するように、Slackでちょっといい?と話しかけて5分なりのzoomやmeetをすることもあります。



▲slackですぐにMeet URLが発行できるようなbotも


▲分報チャンネル「times_」も活用。業務の進捗を独り言のように呟き、気づいたら周りがフォローを入れる

なお、それぞれのチームごとに柔軟にコミュニケーションツールの導入を試行錯誤しています。
例えば所属人数17人で、且つ横断的な業務が多い営業推進部はTeemycoを利用。業務部屋のほか休憩スペースや例えばDJルームなどの趣味やコミュニティの部屋、さらには喫煙ルーム(オンラインなので受動喫煙なし!)など様々な「仮想オフィス空間」を作っています。

以前分析チームはDiscordも活用。繋ぎっぱなしでメンバーで作業、といったことも試してみたようです(特にメリットもデメリットもなかったようなので運用は止めているようです)。

オンラインでわかりあおうとし続ける

フルリモート下で入社してくれたメンバーも多数います。新入社員とはオンラインでのウェルカムランチを案内。フルリモートでもお昼ごはん代を補助しています。

また、毎週1回行われる夜の全体会では、テーマに沿った発表を各メンバーが行う"TGIF"コンテンツを強化。新入社員を優先に、その時のお題にあった発表を5分してもらいます。
直近のお題は「私の履歴書」。各メンバーの意外な過去のお仕事や、活躍っぷりを垣間見れる発表になっています。


もちろん、以前noteで経営企画大泉が紹介した「こんにちはシート」も健在。
この自己紹介シートを見てSlackが盛り上がることもしばしばです。


その他新入社員だけでなく、メンバー全員共通の趣味で雑談したり、ゲームをしてみたりといった活動がオンラインで行われています。

▲最近ではClubhouseでウミガメのスープを実施


▲セールスチームではSlackアプリ「Colla」を使ってQ&Aを毎日実施

▲代表赤川も含めたメンバーでオンライン脱出ゲームも企画。12名も参加!

その他やってみて

過去、いわゆる全社的なリモート飲み会を人事主導でやってみたことも有りました。ただ、気づけばメンバーが固定化してしまい、全社的なコミュニケーション施策としては根本的な解決には至りませんでした。

また、その他細々と実施してみては社内の反応を見て改善や施策の継続可否を判断していました。

人事施策も試行錯誤

人事だけでなくメンバーも含めて、どうすれば今の環境で成果があげられるか?を考え、プロダクトづくりのように試行錯誤しながら人事施策や日々の業務の運用をしています。
なかなか明確な成果が見えづらい分野ではありますが、少しでもメンバーが働きやすく、アウトプットが出やすくなるよう、今後も周りの力を借りながら様々なチャレンジをしていこうと思います!

最後に

ミラティブでは上記のような人事施策から、上流の組織体系立案までを担当してくれる「組織開発担当」を募集しています!
気になった方はぜひ以下からご連絡ください。

組織開発
CHRO直下で急成長スタートアップの組織開発をゼロからつくりませんか?
【主な事業概要】 ゲーム配信アプリ「Mirrativ」の運営  Mirrativが登場するまで、ゲーム配信は特別な機材を必要としていましたが、Mirrativはスマートフォン1台だけでゲーム配信ができることを実現しました。手軽さが好評を得て、ゲームのスキルに関係なく誰でも気軽に配信ができるプラットフォームへと成長をしました。2018年には、VTuberのようなアバターでライブ配信ができる機能「エモモ」も提供開始し、顔出しをせずとも自分の個性や感情を表現できるようになりました。 ◆【ゲームを通じて「居場所」を創る、新しいSNS】 ゲームやエンターテイメントは、出自や言語を超えて人と人をつなぐ強い力を持った媒介です。 「好きなゲームや興奮の瞬間をわかちあいたい」「趣味があう友だちがほしい」…etc、 人それぞれの「わかりあう願い」が、Mirrativでリアルタイムに配信を通じてつながり、居場所となっていきます。 アバター機能「エモモ」は居場所における身体となり、現実世界とは違う自分として、 新しいつながりは人から人へ、どんどんと広がっていきます。 だから、ミラティブは、常時接続の時代における「新しいSNS」だと私たちは捉えています。 ◆【多くのアクティブユーザーにより右肩上がりで成長中】 Mirrativは、アクティブユーザーに対し、配信者の比率が20%超と非常に高いです。 ※ 一般的な配信プラットフォームにおけるバイユーザー(配信者かつ視聴者である人)の比率は一般的に1%以下と言われています スマホスマホゲーム配信者数No.1(当社調べ)ですが、国内だけでも3000万人が存在すると言われるスマホゲーム市場で、これからも可能性を追求しています。 *株式会社ミラティブ 公式サイト https://www.mirrativ.co.jp/
株式会社ミラティブ


もちろん、それ以外の職種もエンジニア等様々募集しています!
ぜひご覧ください。

株式会社ミラティブ's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more