1
/
5

【新卒1年目】誰にも負けないフィロソフィー体現への本気の取り組み


こんにちは!人事で23卒インターンをしているしかちゃんこと鹿目です!

私は、オファーをいただいたことがきっかけでネクステージに出会いました。
正直、はじめは「時間あるから説明会受けてみようかなあ。」くらいの印象で(笑)

でも今は説明会に参加した自分を誇りに思います!

なぜなら・・・

説明会でネクステージに恋に落ちたから!!!!!!

もうなんか言葉では表せないけれど本当に心を奪われたんです♡

それと同時に、「あ、私ここで働くだろうなあ」っていう感覚がありました(笑)

そしてご縁に恵まれて3月に内定をいただき、5月からインターンを始めました!
まだまだひよっこですが、温かいみなさんと一緒に仕事ができて毎日楽しいです♡♡

さてさて、そんな日々を過ごしている私なんですが、ユース生として働く中で思っていることがあるんです!!

それは・・・・・・

とにかくフィロソフィー体現への取り組み方がガチ!

ということです(笑)

でも、まだまだ私が知らない、気づけていないネクステージグループの魅力を知りたい!

そして、みなさんにもそれを共有したい! と思い、

高橋実夏さんにインタビューさせていただきました!

まずは、高橋さんの簡単なプロフィールから紹介します!



・氏名:高橋実夏さん
・入社:2021年 新卒入社
・所属:株式会社HRC CRM課の新ブランドチーム
・長所:なんでもやりきる、深慮
・短所:1人で考えすぎてしまう、頼ることが苦手
・座右の銘:反省はしても後悔はするな

それではさっそく本題に入っていきます!



ーネクステージグループに出会ったきっかけ

就職活動をしていた当時、やりたいことがなかったんです。
「なんとなく受けてみよう」という感じで片っ端からエントリーをしていました。

そんなときにwantedlyで、
「やりたいことがない人へ」と書かれたネクステージグループの募集記事をたまたま見つけたんです。

その記事を読んで、思ったんです。

「え、これ、私のことじゃん。」って!

記事がもう私にドンピシャで、ここ(ネクステージグループ)受けよう!って思いました!

その後説明会に参加して、そこでもネクステージグループのことば一つ一つが心に刺さって、

特にフィロソフィーへの共感が大きかったです。

ここ(ネクステージグループ)でなら「やりたいことを見つけられるかも」と感じ、入社を決めました!


鹿目コメント

ネクステージグループの説明会って本当にすごいんですよね。
代表の壮絶な過去や就活での苦しみ、起業のきっかけを聞くと心にズンって響く感じ・・・


はじめにも書きましたが、私もネクステージグループの説明会で心を奪われた身なので共感しかない!!!笑 

高橋さんの(そして鹿目の)心を奪ったネクステージグループのフィロソフィーはこれです↓

・フィロソフィー:『チャンスなら、まだある』

・ミッション:『あきらめない人と、次のステージをつくる』

・ビジョン:『あきらめないすべての人に、チャンスが届く社会をつくる』

・バリュー:『人として成長し、人として成長させる』


―フィロソフィー体現への想い

これ(フィロソフィー)を体現出来たら、自己成長できるだろうと感じています。

私は入社1年目の時、同期の中で誰よりもフィロソフィー体現に力を入れていたと思います。

個人的にポリシーのチェックシートを作成して、今週はこのポリシーを目標に業務をする!って決めて、それを上司に共有していました!


鹿目コメント

自主的にフィロソフィー体現への取り組みを行うなんてすごいですよね!(^^)! 

自信をもって「誰よりもフィロソフィー意識していた」とお話しされていて、
私もフィロソフィー体現に向けてもっと真剣に取り組まなければならないと思いました!!

そのために私も真似してチェックシート作成してみようと思います!!



ーネクステージグループの朝礼の印象

(ネクステージグループでは、毎朝フィロソフィー体現に向けてセッションをしています!
詳しくはこちら↓
https://www.wantedly.com/companies/c-nextage2/post_articles/327148

とにかくアツい!!!!!

の一言に尽きると思います。

特に週1回「感謝の日」として、日ごろの感謝を伝える時間があるんです!

その時には、制限時間を過ぎても感謝を伝え合っているんです(笑)

たくさんの感謝を伝えられる=みんながフィロソフィーを常に意識している

そのことをすごく実感しています。

だからこそ私もフィロソフィー体現するために、そして自己成長のために、
日々頑張ろうって思えるんです。


鹿目コメント

私も毎日の朝礼のおかげで今日も頑張ろう!!って思えます。

自分では気づけなかった思考の発見ができたり、何を成したいのかを具体的に考えるきっかけになったり…

本気でフィロソフィーと向き合っているからこそ出てくる言葉があって毎日刺激をもらっています!


―初の大きな仕事

初めて任された大きな仕事は、7月ごろで、VIAGE定期購入のお客様に送る案内メールの作成でした。

これは既存のメールを、さらに長期に提供できるようにHRCではじめて取り組んだものでした。

・メールの内容はお客様視点に立てているのかな?
・送る内容が浮かばない…
と、始めは苦戦したんです。

もともと人に頼ることが苦手なので1人で悩んで、できないって思ってしまって、
どんどん負のループに陥っていきました…

でも、「このままじゃうまくできない!!!」って思ったので勇気を出して同じチームのみんなに相談してみたら、負の感情から「できる思考」になって、相談するって大事だなって思いました!

その時に「1人で悩む時間は5分まで!!!!」って決めました!


そして再度気合いを入れ直して、案内メールの作成に取り掛かりました。

完成したものをみると

結構上手にできちゃったんですよ!!(笑)

インターネット販売ということもあり、今まではあまり実感できていなかったお客様とつながりを体感できてうれしかったです。

とにかくワクワク9割、不安1割くらいで楽しんで取り組みました!


鹿目コメント

はじめての取り組みに対して、不安よりも楽しさをもっていたことに驚きました!!

より長く商品をご愛用いただくために大事な案内メールを新卒1年目で考えるって相当なプレッシャーがありますよね。
自分でアイデアを出して取り組んだところがかっこいい!!!

それに上手にできていることがすごい…!

ネクステージグループのポリシーである

・成果を出すまでやり抜く

・どんなときも本気で楽しむ

この二つを同時に体現したんですね!!


―ルーキー賞受賞

(ネクステージグループには、入社1年目の社員1名のみに贈られるルーキー賞といわれる賞があります!それを昨年獲得されたのが高橋さんなんです!すごい!!!!)

ルーキー賞は絶対に獲りたい!!!

って思っていました。

でも、納得のいく受賞ではありませんでした。

それは、数字としての結果を出せていないからです。

数字+人間力で勝負したかったです。

それでもやっぱり受賞できたことはすごくうれしかったです!!!!

鹿目コメント

高橋さん自身は、数字としての成果に満足していないとおっしゃっていましたが、
先ほど紹介した大きな仕事のようにしっかりと数字の面も結果を出されているんです!!

でも、現状に満足せずに高みを目指しているストイックさがルーキー賞受賞につながったんですね!

これはまさにネクステージの行動基準の一つである

「あきらめない」

を大切にされているんだなあって思いました!

そして入社後半年も経たないうちに大きな仕事を任されることは、
先ほど紹介したネクステージグループのビジョン

『あきらめないすべての人に、チャンスが届く社会をつくる』

これを会社全体でも体現しているといえますよね!

常に社員全員がフィロソフィー体現に向かっているからこそのエピソードですね!!!

ー就活生に向けて

まず一番始めにしてほしいことは

自分を知る>会社を知る

です。

私自身就活の時にたくさん自分について考えました。

・自分がどう在りたいか

・これから何がしたいか

それらを考えるヒントは過去にある

と思っています。

「自分」を分析し、理解し、今後の答えを見つけ出してください。


インタビュー内容はここまでになります!!

いかがでしたか?

インタビューを通じて、高橋さんの仕事への本気度、ネクステージグループのフィロソフィー体現への本気度を強く感じました。

そして、現状の結果に満足せず、日々高みを目指して努力する姿が本当にかっこいいです!!

インタビュー後の私は、周りの方々からも

「キラキラしてるね!!良いインタビューの時間だったんだね!!!」

って言われるくらいに、多くのものを吸収させていただいたと感じました。

今この記事を読んでくださっている方に、

「ネクステージグループって本気でフィロソフィー体現に向かってるんだな」

と感じていただけたら嬉しいですし、

「私もフィロソフィーに共感した!!!」

「一緒に体現していきたい!!!」

と思っていただけたら泣いて喜びます(笑)

ここまでお読みいただきありがとうございました!!!

ネクステージ株式会社's job postings
16 Likes
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more