1
/
5

【人事ブログ#9】キックオフmtgって何のためにやるの?キックオフmtgを有意義な時間にするための3つのポイントとは?!

皆さまこんにちは!ツナガル人事の山﨑です。

最近、夜ベッドに入っても寝られずに朝を迎えるという日が立て続けに2日ありました。
こんなこと今まで全くなかったのに。。
横になると、身体を動かしたくてたまらない衝動にかられ、じっとしていられずストレッチをしたり水を飲んだり本を読んだり。気づけば外が明るい、、、そして気絶のように寝落ちして2時間爆睡!!
何でしょうこれ、、、アラサーってこういうもんなんですかね。。。

、、、そんなことはどうでもいいのです!!w

新プロジェクトが始まる時にチームの気持ちを一つにするためには欠かせない、キックオフmtg。
キックオフmtgを有意義なものにするにはどうすればいいかについて、私なりの見解をお話したいと思います!



先日、ツナガルが新たに始めたオンラインツアー配信サービス「LIVE Travelers」のキックオフmtgがオンラインで行われました。

たった1時間程度でしたが、あとからメンバーに話を聞くとその時間の満足度がめちゃくちゃ高い!!!

それはなぜか、、
3つのポイントにまとめてみました!


①なぜやるのか(=経緯)、何のためにやるのか(=目的)、何を目指しているのか(=ゴール)の共有
②各メンバーの役割とその理由の提示
③中心メンバーがこのプロジェクトにかける想い/熱量の伝染



①なぜやるのか(経緯)、何のためにやるのか(目的)、何を目指しているのか(ゴール)の共有

なぜ「LIVE Travelers」をやることになったのか、そして何のために、どこを目指してやるのか、
これらをかなり具体的に、資料を用いた説明がありました。
今までバラバラの方向を向いていたメンバーが一気に向きを揃えた瞬間です。
やはり、目的意識を持つのとそうでないのとでは、かなりやる気に差が出ますよね。。

私自身、「LIVE Travelers」には自身初挑戦の広報として参画していますが、正直今まではとりあえず言われたとおりにリリース作って、関係各社にばらまいて、、、という感じでした(最悪、、!!)

ですが、このプロジェクトの経緯や目的、ゴールを理解して改めて自分の置かれた状況を考えたら、すごいプロジェクトの一員なんだと実感が湧き、もっとこうした方がいいなとか、これもやっておいたらいいかも、、、など、より自分事として考えられるようになりました。

②各メンバーの役割とその理由の提示

①を実行するために誰が何をするのか、役割の提示がありました。ただ提示するだけでなく、なぜアサインしたのか、その理由も添えて。
例えば、「Aさんは今までこういう経験が豊富で○○に長けているから、これをお願いします。」
「Bさんは○○が得意なので、このプロジェクトでも○○をお願いします。」という風に、
全ての役割が誰でもいいわけでなく、あなただからお願いしてますよ、、!という具合です。

そしてこれらを自分だけが理解するのではなく、
チームメンバー全員がそれぞれの役割を把握することが重要だと、私は思います。

そうすることで、チームとしてのプロ意識が一気に高まる気がするのです、、!!

プロ集団の一員って、なんかすごい気分あがりませんか?!各方面のプロで形成されたチームの一員だと自覚することは、モチベーションに繋がります。
その作業全員がやれば、チーム全体のモチベーションがぶち上っちゃうってことですよね~

③中心メンバーがこのプロジェクトにかける思い/熱量の伝染

プロジェクトの中心メンバーが時間をかけて熱い想いを語る、やっぱりこれってすごい大事です。
一生懸命でひたむきな姿って、伝染するもんですね。

めちゃくちゃ忙しいマネージャーが、貴重な時間をたっぷり使って熱意をぶつけるんですよ。
ありがたい話ですよね。でも本当はそんなことしなくてもメンバー自ら想いを汲み取るべき。
たしかにそうなのですが、何か新しいことを始める時、いつも以上の馬力が必要な時、足並みを揃えなければならない時は、やはりしっかり時間を使って真正面から想いを伝える必要があると私は思います。

手前味噌ですが、今回のキックオフでのマネージャーの話に、私は軽く感動すらしたんですよ。

人を動かすとき、どれだけいい条件が揃っていても、最終的にはどれだけ心打たれたか、つまり感動したかにかかっていると思います。

そのためには、マネージャーや主要メンバーがどれだけこのプロジェクトにかけているかを目に見える形で表現し、伝える必要があります。

時間もかかるし、一時的には負担になってしまうかもしれないけれど、その後のチームの結束力を考えたら、絶対にやった方がいいです。


最後の話、採用だってそうですよね。
高額な年収を提示されても面談や面接を行う採用担当者がつまらなそうだったら、その会社には行きたくなくなります。私だったら絶対にイヤ。

何かを始める時(採用も然り)、仲間になる相手をワクワクさせられるか、感動させられるかが重要になってくるということです。

そしてそのために①②③を含んだキックオフmtgを実施するんです!!

今更かもしれませんが、そんなことを改めて実感しました。

私も、人の心を動かせる人事になれるよう精進します、、!!!




PRディレクター
JAPANを背負う!!観光PRのディレクター大募集!!!
ツナガル株式会社は、クライアントの事業課題をコミュニケーションの力で解決する企業です。2010年に設立して以来、官公庁、大手広告代理店を始め、BtoC、BtoB問わず新しいビジネスの創出シーンにおけるコミュニケーション領域のパートナーとして幅広いお客様とお取引を展開してきました。 《主な事業内容》 ◆クリエイティブ事業 大手代理店や、官公庁、メーカーといったクライアントのパートナープロデューサーとしてWeb・SNS・アプリなどのデジタル領域を中心に、動画やリアルイベントまで含めたコミュニケーションの立案、プロモーションの企画、ブランディング等を行っています。 ◆グローバル・コミュニケーション事業 自治体や観光業界、小売業等と訪日外国人をつなげるためのコミュニケーションを創出しています。アジア欧米約20カ国に向けたプロモーションや販売促進のサポートをしています。外国人インフルエンサーやメディアなどグローバルなネットワークを構築しています。 ◆ローカル・コミュニケーション事業 地方自治体のプロモーションやコミュニティデザイン、またローカルベンチャーのビジネス推進を行っています。既に、九州内で新たなツーリズムを創出する取組を行った実績もあり、今後継続的に各地のベンチャー企業と協業して地域課題の解決を行っています。 ◆ライフスタイル事業 令和の時代に対応する新たなワークスタイル・ライフスタイル実現に向け、スポーツ事業や空間プロデュース、自社メディアの運営など多角的にアプローチをしていく予定です。 これまで、各拠点毎に各分野のプロフェッショナルなメンバーが高い課題解決力を活かし、少人数多拠点で展開してきました。今後も国内拠点を増設は勿論、国内外問わずにも支社を展開していきたいと考えています。 そして社員一人ひとりが、自分の豊かな暮らしを実現するためのキャリア構築を会社として支援をしていきます。 *ツナガル株式会社 公式Web-Site  http://www.tsunagaru.co.jp/ *ツナガル株式会社 公式Instagram https://www.instagram.com/tsunagaru.inc/
ツナガル株式会社
ツナガル株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings