1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【フォースタ テックブログ】フォースタートアップスのプロダクト開発におけるデザインの役割

フォースタートアップスでデザイナーをしている甲斐(@MeguruKai)です。
フォースタートアップスのクリエイティブチームである「テックラボ」に所属しています。私が担当している社内向けプロダクトの開発チームでは、PO(プロダクトオーナー)、エンジニア数名、デザイナー(私)といった体勢で開発を行っています。私の主な仕事はUXデザインと画面のUIデザインですが、機能のアイディアを創出するためにデザインシンキングのフレームワークを利用したワークショップのファシリテートなども行います。経営陣やユーザーとの意識あわせの時間なども設けられています。

使用ツール紹介

現在開発中のプロダクトにおける画面デザインには、主にAdobeXDを使用しています。

既存の画面の修正に加え、新機能の開発に必要なワイヤーフレームやプロトタイプの作成などが私の主なタスクです。AdobeXDの他にも作業工程において必要な場合は、FigmaやSketchといったプロトタイピングツールを状況に合わせて使い分けています。

エンジニアとの連携方法

エンジニアとの連携は元のデザインファイルを共有する場合もありますし、XDの開発モードを利用することもあります。アセットの共有はXDの開発リンクからDL出来るように設定していますが、必要に応じてデザイナーが書き出して渡す事もあります。
フォースタートアップスのテックラボでは特定のツールやルールに縛られすぎる事無く、状況に応じてツールやデータの受け渡し方法を変えて柔軟に対応しています。

こうした連携の仕方が出来ているのは、ツールの使い方や開発そのものが私たちの目的ではないからです。
多くのデザイナーにとって、制作のタスクをアサインされてそれをこなすことはそれほど大きなチャレンジではないでしょう。デザイナーにとって本当の仕事は、制作物の先にある課題を見据え、その解決をデザインを通して行う事です。
それはたった1つの小さなバナー制作でも、大企業のサービスサイトのデザインでも同じはずです。
こうした課題解決へのアプローチは大抵デザイナー1人では対処出来ません。

デザイン業務の進め方

幸いにも社内向けプロダクトはユーザーである社員が目の前にいますので、日々ユーザーヒアリングを重ね改善を行っています。
フォースタートアップスでのデザイン業務は単純なデザイン作業ではなく、UXやUIの改善に必要なユーザーテストやユーザーヒアリングを行ったり、情報設計やチームビルディングにデザインの知見を生かせるといった特徴があります。

こうした作業もデザイナー1人ではなく、チームで会話を重ねて対応策を練っていきます。そのためのミーティングも行き当たりばったりに何時間もやるのではなく、デザインシンキングやアジャイルのフレームワークを使った手法を導入しています。1人で悶々と課題解決の為のデザインに向き合うと言うよりはチームでコミュニケーションを取りながらアイディアを発散させて進めていきます。
今ではアジャイル開発といえば聞き慣れた言葉ではあると思いますが、とてもデザインシンキングと親和性の高いものだと感じています。
どのようなアプローチであっても、良い組織で良いプロダクトを生み出したいという思いは同じかもしれません。

アジャイルについてデザイナーの私が詳しく知れたのも、社内の「勉強会」で個々人の持つ知識の共有があったからこそですし、お互いの知見を共有することはチームビルディングに大きく貢献していると思います。

エンジニアとデザイナーが同じチームで取り組める理由

私たちフォースタートアップスは、『進化の中心』にいることを選択する挑戦者達のために「日本No.1の成長産業支援プラットフォームをテクノロジーで実現する」というミッションを掲げています。

このミッションを達成するために行っている社内向けプロダクト開発も、社で展開しているWebサービス「STARTUP DB」も、それぞれのチームがプロダクトのゴールを掲げ全員で共有しています。
私たちはビジョンドリブンの組織です。
全員が同じ思いを持って最後まで突き進む為には、チームビルディングが何より重要です。
私たちはコミュニケーションを重視して視線合わせの時間と努力を惜しみません。

これはデザイナーにとって非常に重要な文化だと私は思っています。ビジョンやゴールがはっきりしないプロダクトの場合、そのデザインタスクは非常にやっかいなものだからです。ゴールがはっきりしていないと、課題設定が出来ないので制作するべきクリエイティブの正解が見えません。

デザインや開発の手を止めてチーム全員で課題を探ることは一見遠回りに思えるときもありますが、より良いプロダクト作りに重要な要素の1つなのです。デザイナーチームが独立している組織も多く存在しますが、フォースタートアップスではエンジニアとデザイナーが同じチームに所属し、デザインスプリントなどを行う事で全員の目線を合わせています。


おわりに

テックラボではチームの目線を合わせる時間を設けながら、全員がスタートアップのために力を注いでいます。ミッション達成の為にはまだまだ解決すべき課題が山積みです。日々メンバーが仮説と検証を繰り返しながら力を合わせ協働しています。
そして、さらなる組織の進化の為にも新しい刺激をもたらしてくれる仲間が必要です。全ての試みはまだまだデザインの力で良くしていけると感じているからです。
「日本No.1の成長産業支援プラットフォームをテクノロジーで実現する」というミッションに共感し、デザインの力を活かして一緒に課題に立ち向かいたいと思っているデザイナーさんの参画をお待ちしております。

We are hiring !

フォースタートアップスはエンジニア・デザイナーを積極採用中です😃

もしこの記事を読んでフォースタートアップスに少しでもご興味をお持ち頂けましたら、下記の「話を聞きに行きたい」ボタンより気軽にエントリーしてください。

事業やチームについての説明から技術スタックの解説まで、CTOやチームメンバーからさせていただきます。

【フォースタ テックブログ】Serverless Frameworkを用いたAWS Lambdaのバージョン管理とIaC化 | TechLab. blog
こんにちは。テックラボの佐々木です。主にバックエンドを担当しています。 フォースタートアップス(以下フォースタ)では、サーバーレスなアプリケーションの構築にAWS Lambdaを利用しています。以前はLambdaの開発や運用が属人化していても問題なかったのですが、プロダクトやエンジニアが増えるに従いLambdaの数も増え、管理できなくなってきました。そのため、現在はServerless Frameworkというオープンソースのツールを利用してLambdaの管理を行なっています。 この記事ではServerl
https://www.wantedly.com/companies/forstartups/post_articles/279817
for Startups,Inc's job postings
43 Likes
43 Likes

Weekly ranking

Show other rankings