1
/
5

【転職エージェントのお仕事】実際どんなふうに世の中の役に立ってるの?

WILLCOのメイン事業は、法律業界と医療業界に特化した人材紹介です。

人材紹介事業の中で、主軸となるコンサルティング業務は勿論のこと、様々な取り組みに力を入れていますが、具体的にはどんなふうに世の中の役に立っているのでしょうか。

今回は、そちらについてより具体的にお伝えしていきたいと思います。

では、早速どうぞ!!



1.求職者目線のキャリアコンサルティング

転職(就職)は人生の転機であり、それを第三者の立場からサポートするのが、エージェントのお仕事です。

法律業界(LEGAL JOB BOARDでも医療業界(medicoエージェントでも、数えきれない程の就職(転職)成功例のエピソードがあります。

その中から2つのエピソードをご紹介します。


大学卒業後、アルバイトを掛け持ちしながら、資格取得のための勉強を10年間続けてきたAさん。

合格していざ就職活動をしてみると、なかなか就職先が決まりません。

お話を伺うと、数年間、資格勉強にほとんどの時間を費やしてきたからか、『ビジネスマナーや社会人としてのコミュニケーション経験がなく、PC操作の経験も少ない』ということに自信を失っていました。

その自信のなさが面接にも影響してしまう、なんてことも…

しかし、ビジネスマナーやスキルは、本来その方の“良い部分”や“本質的な部分”ではなく、覚えて慣れていけばいい部分なのです。

せっかく難関の専門資格を取得したのに、そのような部分で落とされてしまっては勿体ないですよね。

そこで、求人のご提案や面接対策だけでなく、ビジネスマナーやPCスキルをつけるためのサポートもエージェントが行いました。

“ネックになっている部分を克服してもらい、自信をつけてもらうことで、その方が持っている良い部分を引き出す”という大切な仕事です。

そのようなサポートを行った結果、Aさんは自信をもって就職活動に臨むことができ、士業専門職として就職することができました。


~経験者の転職アドバイス編~(medicoエージェント)

某医療機関で5年間経験を積んできたBさん。

「今までの経験を活かしつつ、新しいことに挑戦したい」ということで転職活動を始めたそうです。

「この程度の業務経験があるから、このくらいの条件で転職できるだろう」とある程度予測していたそう

ですが、新しいことを始める場合、本人が考えているよりも現実はシビアであることが多々あります。

具体的には、未経験の分野へ挑戦をすることによって年収が下がったり、慣れない仕事で残業時間が増えたり…

そういった場合に、多くのケースを見てきた経験豊富なエージェントが客観的なアドバイスをお伝えします。

誰でもネガティブな情報というのは受け入れがたいものですが、

「提示された条件はずっと続くものではなく、こちらの病院に転職をしてこのくらいの経験を積めば、将来はこうなっていけますよ!そこに向けて頑張っていきましょう!」

という長期的なお話を、今までの経験や実例からアドバイスすることができるのです。

“現在だけではない、将来的な目線につながる情報を伝えることで、求職者が今ある選択肢から1番ベストなものを選ぶことができる”ことこそが、エージェントの存在価値なのだと思います。

Bさんは、今ある全ての選択肢の中から、スキルアップのための最善の職場へ転職することに成功しました。




2.情報の見える化

『LEGAL JOB BOARD(以下LJB)』『medicoエージェント』で目指しているのが、“情報の見える化”です。

全ての人が、求職活動をする上で、必要なすべての情報を得ることができるように、様々なサービスを展開しています。


LJBでの取り組み

法律業界では、「求職者が就職(転職)先の情報にアクセスしづらい」という課題があります。

就職(転職)先をインターネットで検索しても、メディアへの露出が少ないことや、求人票上の情報が少なかったり、HPだけでは差別化を図りづらかったりなど、求職者の方にとって知りたい情報が載っていないのです。

例えば、他社や各士会掲載の求人情報は、給与や勤務時間など最低限の情報しか記載されていないことがほとんどです。

LJBの求人では、多くの写真を掲載し、職場の雰囲気や事務所内の人数構成、年齢層などの情報を盛り込んで、少しでも働く環境を想像できるような求人を提供しています。

他にも情報をオープンにする取り組みを行っていますので、ご紹介いたします!↓↓


より内部の情報や、求人票では伝えきれない“ビジョンや想い”などにもアクセスできるように、LEGAL JOB MAGAZINEでは事務所のインタビューを行って特集記事を作成しています。

実際にインタビュー記事を見て、職場環境等の魅力は勿論のこと、代表が歩んできた人生や考え方に共感して、その事務所に入職した方もいました。

単純な条件面だけの求人票では知ることができなかった部分を、インタビュー記事で知り、入職に至ったケースです。



業界最大級!毎回大盛況の合同説明会

士業の業界では、合同説明会というのは予備校が行っていましたが、当社のような人材会社が行うのは業界初で、過去現在含めて当社だけです。

しかも、企業・求職者の参加数は業界一の規模となります!

この業界においてNo. 1の転職サービスを運営しているからこその集客力だと自負しています。

前述した課題を抱える業界でイベントを行うことで、

・情報が少ない業界の中で、一度に多くの情報と選択肢を得ることができる数少ないチャンス

・事務所側、求職者側どちらにとっても、書面では伝わりにくい雰囲気や魅力を直に感じることができ、さらに双方が対面でアピールできる

そんなチャンスをつかむ良い機会にしていただけています。

イベントは大変ご好評をいただいており、毎回たくさんの方々にご参加いただき、年々参加者も増えています。

中には、北海道など遠方からお越しいただいた方もいるくらいです。

【合同説明会についてのストーリーはこちら↓↓↓】



medicoでの取り組み

他社ではなかなかない!過去5年間地道に集めてきたリアルな口コミ

法律業界に比べると、条件面について詳細な情報の載った求人は多いと言えます。

しかし口コミのような、職場の“リアルな情報”というのは、依然として得ることが難しいです。

患者向けの情報やサービスは数多くある一方で、現場で働く医療従事者向けに関しては、まだまだ不足しているのが実情です。

その貴重な情報を集めて発信しているのが、医療業界の職場口コミサイト“medico”です。

実際に求職者が職場を選ぶ上で、『口コミを見て、より納得して入職を決められた』というケースも多いです。

また、医療従事者からの働いた病院の口コミ・アンケートを集計し、年に一回『働きがいのある病院AWARD』として発表しています。「働きがいのある環境」をつくることに尽力されている病院を
称える目的で表彰させていただいております。

私達が目指すのは、“医療に関わる皆様が、大切な職場を選ぶ上で『知りたい情報』、『本当に必要な情報』を誰でも得ることができる社会をつくること”です。

口コミサイト“medico”はそのビジョンを叶える一手なのです。



いかがでしたでしょうか。

WILLCOのエージェントのお仕事は、こんなふうに様々な形で世の中の役に立っています。

今後も医療業界と法律業界を盛り上げる一手になれるよう活動していきたいと思います!

一緒に盛り上げて頂ける方のご応募、お待ちしております!


【リクルートサイト↓↓】

【併せて読んでいただきたいストーリー↓↓】

株式会社WILLCO's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more