This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

「一人ひとりの宝石を見つけて輝かせ、それをサポートすること」を体現し続ける!

こんにちは!採用担当シミズです。

本日は、19新卒の皆が取材をして、社内メンバーの情報をアップしています。第10弾です!今回はスクールIEの教室長兼エリアマネージャーとして活躍している社員をインタビューしております。



【プロフィール】

スクールIE 石神井台校 教室長 白砂さん


「一人ひとりに成功体験を積ませる」ことを大切にする文化に共感

前職は、住宅設備機器の法人向け営業職に就いていた白砂さん。学生時代には学習塾で講師のアルバイトを行っていました。 入社して4,5年経ったとき、たまたま学習塾での教え子がご自身の働く会社の採用試験を受けに来てばったり再会!!

教え子と連絡を取るようになって当時の思い出に更けていると、教育が子どもに与える影響の大きさを感じ、教育の道へと再び歩む決断をしました。

転職活動を行う中で、やる気スイッチグループに出会い、「一人ひとりに成功体験を積ませる」ことを大切にする文化に共感。なかでも、他塾とは異なり、入塾テストで受け入れる生徒を選ぶのではなく、自分で勉強ができない子どもであっても受け入れるスクールIEの方がその子たちが成長したときにやりがいを感じることができると想い、やる気スイッチグループに入社を決意。


学生時代の授業をするアルバイト講師とは異なり、現在は生徒や講師をまとめる教室長として子ども達を支えています。 教室長になってから100名の生徒が在籍する教室を目標にし、5年後には150名、200名にすることを目指しています。また、地域でNo.1の塾にしたいという思いは、現在、個別指導塾の中では達成できたと感じています。

実績を積んだ現在は、エリアマネージャー補佐を任され、来年の春には念願のエリアマネージャーに、そして2020年にはゼネラルマネージャー代理になりたいと熱い思いを持っています。 それを目指すモチベーションは、目標となる人がいるから。その人はマネジメント能力という点で、厳格さや数値意識、目標達成意欲が高く、その通りに実行していてお手本になる一方で、負けたくないと闘志をかき立てられているそうです!



やる気スイッチをON!

スクールIEという名の塾ですが、多くの方が「やる気スイッチの塾」と言っていただけるほど “やる気スイッチ”が注目される塾です。もちろん、石神井台校の教室長として生徒やアルバイト講師にやる気スイッチを入れています。


生徒のやる気スイッチが入った!という瞬間は?

高校生などの受験生が自習など勉強し始めた時。 でも、これは自分一人ではなく、教室長、講師、保護者の3者が連携することで可能となるもので、自分一人ではできず、一つのきっかけにすぎないです。


また、上司から承認されたとき、仕事を任されたとき。自分を期待されていると感じてやる気スイッチが入ります。 ゼネラルマネージャーから「頼むわ」という一言は特にですね。 そもそもやる気スイッチとは何かというと、「やりたいこと、欲しいものを見つけることができるかどうか」ですね。

だからこそ、自分自身もゼネラルマネージャーになりたい!と、やりたいことを見つけてそれに向かって突き進んでいます。 また、子ども達やアルバイト講師のやる気スイッチを入れられるように、建前だけではなく、感情を出して、素でいることで自分の考えを伝えることができるようにしています。本気で人と向き合うことは大切です。



やる気スイッチグループで働き続ける原動力とは?

やる気スイッチグループの理念で大切にしていることは?

一人ひとりの宝石を見つけて輝かせ、それをサポートすること子ども達の良いところを見つけて、伸ばして、成長を支えること、やりたいことを見つけさせることでその子の宝石を輝かせることができます!

最近では、生徒のやる気スイッチを入れ、自習にくる子が多くなりました。 毎日、このように多くの宝石を見る環境にいます。極端に言えば、宝石しか見ないにようにして、これが当たり前になっています。

過去に、子ども達の宝石ではないところに目を向けてしまい、生徒や講師のやる気を入れることができなかった過去の失敗があります。その時に理念に立ち返り本当に大変重要な言葉だと感じました。


原動力は、理念に共感し、体現できるように努力してきて、勉強できない子があることがきっかけでゴロッと大きく成長できることを日々見ることにおもしろさを感じます。また、人を輝かせさせるだけではなく、輝くいい見本となるように自分自身が活き活きとするように心掛けています。


特に面談の時に「この子はどんな子なんだろう」「今までどんなことをしてきたんだろう」「これからどうなりたいんだろう」と考えた時に、「じゃあ、自分は何をしてあげられるだろう」と考えています。相手を知ったうえで自分は何ができるのかを考えることが楽しいですね。




19新卒Presents!#10 取材担当:鶴田 健瑠

19新卒が「やる気スイッチグループ」の社員へ体当たりで取材を実施!内定者から見たリアルな姿をご紹介いたしました!

株式会社やる気スイッチグループ's job postings
Anonymous
966a3733 b80c 47ad b112 8117850db27f?1557871565
1 Likes
Anonymous
966a3733 b80c 47ad b112 8117850db27f?1557871565
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon