1
/
5

【新卒対談】TYLはどんな会社?新卒入社の5名に会社の魅力を語っていただきました!

こんにちは!

創業5期目ながらも約20サービスを展開している急成長ベンチャーであるTYLで働く魅力や今後の目標について、昨年、新卒入社した5名の方にお話ししてもらいました。最後までお楽しみください!

会社の説明についてはこちらのストーリーをご覧ください!

プロフィール


Aさん(マーケティング部)


Bさん(求人メディア事業部)


Cさん(求人メディア事業部)


Dさん(広告事業部)


Eさん(M&A事業部)

なぜ新卒でTYLに?!ペットベンチャーにジョインした理由って?

TYLに出会ったきっかけは何でしたか?

A:Wantedlyでスカウトを貰ったことがきっかけです。「社長の金児です」と社長直々にメッセージが来て非常に驚きました(笑)。

D:私もWantedlyで代表の金児さん(※TYLでは、年齢・役職などに関係なく役職名ではなく「さん」付けで呼び合っている)からスカウトを貰いました。そのスカウト文に会社の魅力やこれからTYLが何を目指しているのかが書かれており、具体的にお話を聞きたいと思い、面談に進みました。


そうだったのですね!他の皆さんはいかがですか?

C:Wantedlyのミートアップがきっかけです。とりあえず話を聞いてみようと思い、参加したのですが、そこで代表の金児さんが会社の今後の展望をお話していて、これからどんどん大きくなるTYLの一員として仕事ができたら面白いだろうとワクワクしたことを覚えています。

B:WantedlyでTYLを知りました。ペット×ITでNo1を目指すスタートアップというタイトルをみて、ペット×ITってどういうこと、、?!と気になってエントリーしました!

E:私はみんなと違い、直接会社のHPから応募しました。ペットに関わる事業を展開している会社に入りたかったため、ネット検索で「ペット企業」と検索したんです(笑)。その際、出てきたのがTYLでした。HPに書いてあったペットの家族化推進というミッションに惹かれ、お問い合わせページから新卒選考に進みたい旨をお伝えしました。


様々な企業のなかで最終的にTYLにジョインを決めた理由はなんだったのでしょうか?

D:社員の皆さんの雰囲気が良かったからです。選考を通して、様々な部署の方とお話ししたのですが、皆さん私の話を真剣に聞いてくださいました。こんなに親身になって話を聞いてくださる会社はここだけで、TYLの皆さんとこれからも一緒に働きたいという想いが強くなったことでジョインを決めました。

C:私もDと同じで、人が決め手です。TYLでは選考の1つにインターンがあります。オフィスに行って仕事を体験したり、社員の方と交流したりすることにとても緊張していたのですが、実際にお話ししてみると皆さん優しく、自然体に接することが出来ました。

A:自分の考えや、やりたいことを尊重してくれる会社だと感じたからです。元々、マーケティングに興味があったのですが、その旨を面談時に話したところ、インターンのときからマーケティングに関わることが出来ました。そのことから、ここだったらやりたいことができるのではないかと思ったことが大きいです。


会社の雰囲気や文化を魅力に感じてTYLを選ばれたのですね。Bさん、Eさんはいかがですか?

E:TYLのミッションに共感していたからです。留学していたアメリカはペットフレンドリーな社会で、レストランやスーパーにもワンちゃんがいるのは日常的な光景でした。

一方で日本は海外に比べて、ペットと一緒に行ける場所は限られており、ペットと飼い主を取り巻く環境が整備されていません。私自身、留学したことでそのことを課題に感じていたため、TYLのミッションに非常に共感し、自分もここで社会を変えていくような仕事に携わりたいと思い、ジョインを決意しました。

B:私もEと同じく、ペットの家族化推進というミッションに共感したためです。また、インターンに参加した際、先輩から会社のことや業務内容などをとても丁寧に教えていただき、TYLで働く人に惹かれたこともジョインを決めた理由の1つです。

多様な経験を積めるTYLの魅力とは?

皆さんの現在所属されている部署と担当されている業務を教えていただきたいです。

E:動物病院のM&Aを行う新規事業の部署で仕事をしています。このサービスは”院長が高齢などの理由で病院を新しい人に任せたいけれど、後継者がいない。だから、病院を廃業してしまう。”という選択ではなく、開業したいと考えている獣医師とのマッチングを行い、事業承継をサポートするといったものです。

私は、その中でも動物病院を廃業しようと考えている先生を集客するのを担当しており、電話やメールなどの営業活動をしています。どういったフレーズだったらサービスに興味を持ってもらえるかを考えながら、営業スクリプトを改善したりDMのデザインを作成したりしています。

B:現在は求人メディア事業部にて、新規の動物病院へキャリアサービスをご提案する営業をしています。

C:以前は求人メディア事業部内の別の部署に所属していたのですが、2月に異動になり、現在は事業推進チームでサポート業務をおこなっています。例えば、就職の説明会の資料の準備、バックオフィス全般だったり、就職雑誌などの掲載内容を作ったりしています。

Web広告やHPの作成なども含めて、求人メディア事業部全体のサポートをやっているイメージですね。

D:私は3月に営業部から広告事業部へ異動になりました。現在は、広告事業のバックオフィスといいますか、仕組み化といったあるものを整えたり、それを生かして事業の拡大に繋げられるように動いています。また、新規事業の営業も掛け持ちしています。

A:マーケティング部に所属しています。Webマーケターとして様々なサービス、媒体の集客と集計と数値分析を担当しています。

集客に関しては、TYLの会社で最も人員が多い人材紹介サービスの部分に携わってます。仕事を探している求職者さんの登録を集める仕事なのですが、GoogleやYahooなどでネット広告を流すことを主な業務としています。

広告宣伝費の集計や数値分析も行っていて、その月の目標数を達成するためにどんな施策を回す必要があるのか、どこにどのくらいのお金を使えば成果が出るのかを日々考え、実行しています。


皆さん様々な部署で活躍されているのですね。入社してから、どんなところがTYLの魅力だと感じていますか?

E:1年目から裁量を持って仕事が出来るところだと感じています。

仕事をしているうちに「これちょっと思いついたのでやってみたいです」というような提案をミーティングですると、コストどれくらいかかって、どういった流れで進められるかリサーチした上でやってみなと任せてもらえることが多いです。そういった点はTYLの魅力でもあり、やりがいだと個人的に感じています。

A:社内の雰囲気の良さが魅力です。

Eも話していたのですが、意見をしやすい環境であることは間違いないと思っています。その他にも役員の方とも距離が近いため、いい意味でフランクに話すことができます。


働いている年数に関係なく誰もが意見しやすい環境なのですね!他の3人はどんな点を魅力に感じていますか?

C:1人ひとりに向き合ってくれるところが魅力だと感じています。

入社当初は営業の仕事をしていたのですが、自分には合わず悩んでいました。その際に、周りの人に相談した結果、今の仕事を担当することになりました。それぞれが最高のパフォーマンスを発揮できるよう社員に真摯に向き合ってくれます。

D:とにかく人がいいところだと思います。

働く中で辛いこと、しんどいことはあるのですが、そういった時に先輩や同期にすごく支えてもらっています。皆で支え合う文化が根付いているのはTYLならではの魅力だと感じています。

B:みんな仲が良いため雰囲気が良く、新卒でも意見を拾ってもらえる環境だと思います!

フラットに接してくれるため仕事もしやすいですし、そのおかげで意見も言いやすいので伸び伸び働くことが出来ています。

TYLの新卒社員の今後の目標とは?どんな人が向いてる?

TYLにはどんな人が向いていると思いますか?

D:打たれ強い、根性がある人だと思います。やはり仕事は、楽しいことばかりではなく、しんどいなって思うこともあります。根性があることには自信があり、振り返ればそのおかげで乗り越えられたと感じる場面が多いです。

B:主体性をもって正解がない環境を楽しめる人だと思います!ベンチャーでまだ形になっていない部分も多くあるため、自分でそれを作ることを楽しめる人はあっていると思います。


Aさん、Cさん、Eさんはいかがですか?

C:私もBと同じく、主体性を持っている人が良いと思います。

指示されたことをきちんとやることも大切ですが、プラスαで、サービスをもっと良くするためにどうすればよいのか、自ら考え、どんどん提案していける人は会社にとっても良い刺激を与えてくれるのではないでしょうか。

E:気が強い方が向いていると思います。

分からないことを分からないまま、進めてしまって後々大きなミスに繋がってしまうことやモヤモヤしていることが溜まってストレスに変わってしまうことは避けなくてはいけません。何か分からないこと、モヤモヤしたことがあったら「ここどうなっているんですか?」とすぐに聞ける気の強さが必要です。私も出来るように頑張ります、、!(笑)

A:ありきたりかもしれないですが、変化を許容できる人、変化を好む人です。

毎月のように新しいサービスが開始されますし、改善を兼ねて仕事内容も変化させていく必要があるため、そういった変化に適応できる人、変化にワクワクしてくれる人にはうってつけの環境です。


興味深い話がたくさん聞けました。本日はありがとうございました。
株式会社TYL's job postings
24 Likes
24 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more