1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

より事業にコミットする人事、“HRBP”の仕事とは。モンスト事業本部の水本が語ります

9月の中旬、『モンスターストライク(以下モンスト)』事業本部の組織開発・採用を統括する水本が、「HERP」と「Panalyt」が共同で主催するイベントに登壇しました。当日は「ミクシィの再成長を陰で支えるHRBPが語る!採用デジタル化の戦略」と題して、“HRBP(*)”の立場から、事業部の採用戦略について発表。当記事では、発表されたスライドを交えながら、登壇の模様をお伝えします。

*HRBP Human Resouce Business Partner の略。主に戦略人事と呼ばれ、経営や事業などの成長を人事面からサポートする役割を担う

登壇の様子

早速、当日の講演の様子をスライドとともにご紹介していきます。今回はオンラインでの開催。HERP社からは冨田 真吾氏、Panalyt社からはトラン・チー氏が参加し、会を進めました。

まずは自己紹介から。

入社後、約10年間、人事部門にて、採用、制度設計、労務管理、社内活性など幅広い業務に携わり、その後、新規事業の立ち上げに携わっていた、と発言。現在のHRBPになるまでの経緯を簡単に紹介しました。

▲HRBPとしての務めは経営陣から事業責任者に出された宿題である「モンストのリバイブ」を組織の側面からサポートすること。これまでの組織運営のやり方から大きな変化が求められた

続いて、ミクシィ社がどのような企業であるかを簡単に振り返ります。

「プロダクトオリエンテッドな会社は、プロダクトが大体3年を迎えた頃に組織の問題に直面することになる」と経験を話し、組織を盤石なものにしていく重要性を語りました。

機能ごとに組織が分けられた事業部の状況を把握するために、まず取り組んだのは組織サーベイの結果を見たうえで、部室長・マネージャーに現場の温度感をヒアリングをすること。その結果わかったのは…

そこからまず見えてきたのは事業部メンバーの“モンスト愛がすごい”こと。モンストをやり込むことで、まずは同じ視座に立とうとしたと語ります。

組織の縦と横のコンフリクトを洗い出し、優先順位をつけることで状況を整理。次に、人事面での問題を洗い出すアクションを起こします。

見えてきた人事的な課題としてまず明確だったのが採用に関してです、「採用の裾野が広がりすぎ、必要な人員を確保できていなかったこと」「さらにその進捗状況が明確に共有されていなかったこと」この2点を課題に設定し、HRBPに採用の機能を追加し小回りの効く採用チームを作りました。次に組織同士の横のコンフリクトに取り組みます。コンフリクトの原因としてマネジメント不全を仮説とし、実態をサーベイを活用して検証していきました。

「定性と定量を行き来しながら、問題をなるべく立体視することを徹底的にやっていった」と、サーベイやそのデータを用いて下図のようなグラフに落とし込むことに。

・・・続きはこちら

株式会社ミクシィ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more