Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

日報を公開することにしました!

求職者の方々とお話する際、
「職場の雰囲気を知りたい」
「メンバーの考え方やキャラクターが知りたい」
というお声をいただきます。

実際にメンバーと会ってもらったり、Slackの中身を見てもらったりしていますが、少しでも弊社の雰囲気を知ってもらおうと思い、日報を定期的に公開することにしました!
※公開用に若干の修正を行なっております。直接お話する際は、修正前の原文を全てご覧いただけます。

ということで、第一弾はCEO大上の日報(6/1)です!


6月の1営業日目が終わりましたね。
これがあと19回で6月も終わりです。

さて、今日は1年後のシニアルについて。
昨日からのホットテーマ(笑)、
「在りたい組織像とは?」を考えてみました。

きっかけは高谷さんの「僕は右腕になる!」という言葉でした。
そんなことを真正面から言ってくれる仲間は非常に心強いです。

そこで考えてみました。
右腕に高谷さんがいる姿を。

真面目に考えてみました。
僕にNo.2がいる姿を。

その時浮かんだ姿が、
王騎将軍と騰の2ショットでした。
ンフッ。悪い気はしませんねぇ。

ただ同時に、もう1つの感情が芽生えました。
「この2ショットで日本一になれるのか?」と。
高谷さんがどうこうというより、
核となる人物が2人しかいない組織で、どれだけ大きなことを成し遂げられるのかと。

結局王騎軍も「秦」という大国の1軍でしかありません。
one of themですね。
コココココ。
そう考えた時、一気にワクワクできなくなりました。

会社として、経営者として、
右腕一人がいればOKな状態
ってのは、不健全だなと思いました。

ではでは…
そのままキングダムを用いて話を続けますね(笑)

シニアルはどんな組織で、大上はどんなキャラクターで、メンバーにはどんなキャラクターになってほしいのか。

答えは薄々気づいていると思いますが、
シニアルは秦そのものになりたい。
強い。勝利。大国。

そして僕は政。
中華統一なみの大きいビジョンを掲げる。
今は、
・100年先の日本に責任を持つ
・(具体的な数字のため、非公開)
・(具体的な数字のため、非公開)
など。
これから僕はもっともっと大きなビジョンを掲げていきます。
もっともっと視座を上げていきます。誰よりも成長していきます。

皆さんは、ンフッ。
天下の大将軍になっていただきたいっ。
王騎将軍だけじゃ、中華統一はできません。
秦は昔、「六将」と言われる強力な将軍たちがいました。
それ故に、中華で圧倒的な地位を築けたのです。

もう分かりましたね?ンフッ。
なるのです。天下の大将軍に。
一人ひとりが、大将軍を目指すのですよ。
コココココ。
そのためには、日々の努力が必要です。
すなわち、一つひとつの仕事に最大限の「集中」と「愛」を注がねばなりません。
それを繰り返すうちに、100人将、300人将、1,000人将と登りつめていくのです。

コココココ。まとめますよ。
シニアルは、右腕だけじゃ足りません。
"少なくとも"、六将が必要です。
僕たちが成したことを後世に残せるよう、頑張っていきましょうぞ。

ねえ、騰。

といった日報でした。
キングダムが好きな大上は、キャラクター口調になったり、名言を多用しています。迷走してますね(笑)

この日報に対するやりとりはこんな感じでした!
雰囲気が少しでも伝われば幸いです!


シニアルで将軍を目指すことに興味を抱いた方、ぜひご連絡ください!
コココココ。(慣れない)

HeaR株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings