1
/
5

【やっぱり働く環境も大事】22卒内定者に就活の思い出を聞いてみました!社員インタビュー第17弾ZK

こんにちは!GBS インターン生の金です。

今回はTJRちゃんに続き、22卒内定者の"ZK"に「なぜGBSに決めたのか」について話を聞いてみました!


‐本日のアジェンダ


1 筆者から見たZK

2 自己紹介と地元の話

3 ZKの就活史について

4 ZKが活用していた就活支援団体とは?

5 なぜIT業界なの?

6 なぜ自己分析をやり直したの?

7 なぜGBSを選んだの?

8 GBSとZKの今と未来について


↓ では早速本題に移りましょう ↓



==筆者から見たZK==


ZKと初めて会ったのは、6月に開催された第2回内定者交流会でした。

この時の交流会は【インタビュー14弾】に登場したKAくんと筆者、そしてZKの3名でこじんまりと開催していました。

当時はなかなか距離感が詰められず、初々しかった感じが懐かしいです(笑)

ZKは、HPから、就活情報サイトから、ダイレクトリクルーティングから、と色々な媒体を通してGBSに応募してくれました。

めちゃくちゃGBSへの意気込みをその姿勢から汲み取ることができました。

そして、色んな媒体から応募してくれた就活生はなかなかいなかったので、個人的にとても印象的でした。

今では、内定式で対面で会うことができ、内定者交流会で毎月話すのでとても身近な存在ですが、「就活時代のことはあまり話したことないな~」と思いつつインタビューに臨みました。



‐やっほ~今日はありがとね!よろしくお願いします~。

よろしくお願いします!


‐まずは、自己紹介と地元の話について!

産業情報学部に所属しているZKと申します。

沖縄に住んでいて、修学旅行でよく行くルートの周辺に住んでいるから、知っている人も多いかも。

そんな場所に住んでいます!

(‐海綺麗でしょ!)

むっちゃ綺麗だね。でも当たり前すぎて「あーー海だなぁ」ってくらい。

沖縄に来る人に紹介すると、めっちゃ感動してくれるけど、沖縄県民はわざわざ海に入んないよ~(笑)


‐産業情報学部では何の勉強しているの?

IT関係を幅広く勉強してた!

メインはJavaで、その他にPhotoshopとかも勉強したり、なんでも触れてみよう!ていう感じが強かった。

IT関連以外にも文系の科目も自由選択で取り入れることができたから、自分的には理系よりも割と文系に近い感じだったね!


‐自分らしさが分かるエピソードってある?

んー。。なんだろう。。結構周りを優先しちゃうかも。

例えば、彼女がいるとすると「どこに行きたいか」とか全部聞いちゃうタイプ(笑)

あとは、マイペース、男男してない、とかかな。。

俺もその真偽はよく分からないんだけどね(笑)


‐自分の就活史について教えてください!

就活始めたの遅くて、3年の12月だったかな。

(‐全然遅くないじゃん!)

まずは、会社のオンラインインターンシップから始めました。

何から始めていいかわからなかったから「とりあえずやってみよう!」っていう勢いだったね。

あとは、経験を積むっていう目的も持っていました。

この時期に出会ったのが沖縄の就活支援団体。

その団体に登録して、メンターの方から就活のイロハを教えてもらったんだよね。

そんなこんなで、1月頃にプログラミングスクールに入校しました。

2月の終わりに卒業したから、約2か月間。結構責めた期間で大変でした(笑)

スクールと並行して説明会とか面接も受けていたから、

就活:スクール=6:4

の割合だった気がするな。

こんな感じで毎日過ごしてて、4年の6月には第一志望だったGBSから内定をも貰って就活を終わらせたかな。

(‐色々気になってくるところがあるから、深掘りしていくね!)


‐沖縄の就活支援団体って何?

コアワーキングスペース(就活カフェ)みたいな感じの場所で、その場所に行くと面接の練習をしてくれたりとか就活全体の色んなことをサポートしてくれる団体のこと。

カジュアルな感じで迎えてくれるし、ESの書き方から面接まで幅広く対策してくれる。

メンターもずっと一緒で付きっきりだから、「前回と比べて~」みたいな過去のことを含めたフィードバックもいただいてすごく就活に役立ったよ!


‐それは企業と就活生を結ぶっていうより、就活生サイドの団体なのかな?

そう!

マッチングイベントとかはあったけど、企業を紹介するっていうより、対策の方が大きかったな。

就活支援団体>マイナ〇>サポーター〇

の頻度の順で2つの就活媒体しか使ってなかったよ。



‐メンターの方に何を教えてもらったの?

例えば、自分史シートみたいに自分の歴史について書いたり、自分のやりたい職種を絞っていく自己分析をやったりした!

自分のやりたいことは元から決まっていたから職種の分析は簡単だったけど、一番時間がかかったのが、自分の自己分析。今でも「自分って何者なんだろう」ってよくわからなくなる時があるんだけどね。

あとはさっきも言ったけど、面接対策を一緒にやったり、ESの添削をしてくれたり、かな!


‐他の自己分析の手法は何か使ってた?

アルバムを見て「この時何してたかな、何考えていたかなとか」という感じで自分の過去に戻ってみたり、親や友達に他己分析をお願いしたりしたかな。

誰かと一緒に自己分析していた時間が結構長いかも!


‐受けた企業数ってどのくらい?

割と条件絞っていたから、大体10社くらいかな。

(‐そしたら、内定の数はあんまし多くはない感じかな)

そうだね。あんまし内定数は持ってなかった。


‐「自分のやりたいことが決まってて」って言ってたけど、もしかしてIT業界のみ?

そう!

父親がIT系の仕事をしていて、その影響が大きかったかな。

PCは小さい頃から身近な存在でたくさん触れていたから、昔から好きだった!

ゲームで遊んだり、ゲームの実況動画も作っていたりもしてた。

あとこんなご時世だから、自分に技術をつけたかった、無くならないであろう仕事が良かった、っていう理由も若干ある。


‐そしたら、俺には「ITしかない!」みたいな感じだったのかな?

そうだね。

大学の専攻も産業系だったし、「営業は自分にはあんまり向いていない」と自分的に分かっていたからね。

昔からIT業界は身近な存在だったから、イメージしやすい業種だったし、割と簡単に「自分に合うのはIT業界だ!」って感じで腑に落ちたね。


‐お父さんはどんなエンジニアだった?

ソフトウェア開発をやってる!

防災のシステムや役所のシステムとか色々なジャンルの開発をしてるよ。

詳しくは分からないけど、社員がSIerとかの一次受けの元に行って、案件を貰っているようだったから、多分委託とかそっち系だと思う。


‐エンジニアのお父さんの姿を見てなんで良いなって思ったの?

小学校の時に職場見学に行ったのが一番大きいかも。

何回も父親の職場を見学しに行ったことがあって、その職場がいっつも和気あいあいとしてて、その雰囲気に惹かれたんだよね。

エンジニアってお堅いイメージだったけど、職場見学をきっかけに「こうやってみんなと楽しく和気あいあいと仕事ができるんだ!」っていう新しいイメージを持つことができたよね。


‐そうしたら今専攻している大学の学科も同じ理由?

そうだね!

IT関連の企業に就職したかったからね。

あと大学決めるときは、就職率も着目して就職に強い大学を選んだよ。


‐少し話を戻します!IT業界の中でもどんな職種を見てたの?

最初はWEB制作とかアプリ開発を見ていて、その時はITインフラは見ていなかった。

WEB系を中心に見ていたんだけど、その業界の中でも自分が「こうなりたい!」っていう就活の軸が固まっていなくて、短期間でIT業界の中で自分に合った特定の職種を見つけるのは難しくて結構悩んでたんだよね。

その時たまたま見つけたのがSES事業だったんだよね。

自分にとって色んな仕事を経験できるSESが魅力的だと思ったよ。


‐GBSを知ったきっかけは?

さっきも話した沖縄の就活支援団体のオンラインマッチングイベントがきっかけ。

沢山の企業さんがマッチングイベントに参加していて、その中の一社がGBSだった。

しかも丁度その頃(4年春)、自分に対する自己分析をやり直し始めたタイミングだったんだよね。

その当時は「WEB系に行きたい!けど、なりたい特定の職種はまだ分からないから色んな職種で仕事ができるSES業界に行こう」っていう自分が進むべき方向は分かっていたんだけど、「どんな職場環境がいいか」っていうのを導き出せていなくて。

改めて自己分析を一からやり直した結果、「温かい職場環境を大切にしたい!」って思うようになったんだよね。

さっきの話でも出た小学生の職場見学の「和気あいあいとした雰囲気」に強い憧れを持っていた、という自分の体験や就活を進めていく中で得られたことや分かってきたことが影響していると思う。

(あと、GBSを知ってから、ITインフラ系の分野も観るようになって視野が広くなったよ。)


‐なんで自己分析をそのタイミングでやり直したの?

それは、他社さんの説明会とか面接を受けて、マイナスな部分を見つけてしまったからだね。

金ちゃんも色んな説明会とか面接に参加した時、冷たい印象受けるときなかった?

「本当に楽しいのかな。。?」、「目がイキイキしてないな。。」とか。

その印象を受けて、「せっかく入社しても楽しく仕事できなさそう、後悔してしまう」と思った企業さんがいくつかあって、仕事内容だけじゃなくて働く環境も大切だなって痛感したよね。

そこで、「自分の働きたい環境ってどんなんだろう?」って疑問がわいて、自己分析をやり直したかな。


‐そうしたらZKの就活の軸は最終的にどうなったの?

1こ目が、IT業界で色んな経験が積める職種。

2こ目が、人間関係が良好な環境。

今まで話してきたことまとめた感じだね。

(‐ZKの場合は、一個一個埋めていくような自己分析のやり方だね!)


‐GBSを選んだきっかけは?

自分の就活の軸とマッチしていたのが一番かな。

特に、2こ目の職場環境の部分は、原島さん(人事)・小川さん(取締役)・前山さん(代表)・GBSのエンジニア社員の方々話して感じることができたGBSの社風や雰囲気が自分が求めていた環境がドンピシャにマッチしていた!

あとは、未経験でもゼロからエンジニアになれる環境だったのも大きい!

それと「ここだ!」っていう野性的直感も働いて、自分の第一志望になりました。

内定通知が来たときは即承諾したくらい嬉しかったな!!


‐GBSとの印象的な思い出ってある?

自分がお世話になった就活支援団体を通して、実際に沖縄で会えた時。

オンラインでは分からなかった雰囲気や感じをダイレクトに知ることができて、一層「こんなメンバーと一緒に働きたいな!」って思ったよ。


‐GBSの現状の強みって何だと思う?

・SESっていう体制を忘れてしまうくらい社員同士の仲が良くて、技術のことや私生活のこと、なんでも相談しやすい環境

・独自で作った資料を使ってインフラ研修とか人間力研修を開催している点を含め、総合的に成長できる環境

・SES事業だからこそ、色んな経験を積むことができる環境

の3つが強みかな。


‐GBSに入社するにあたって不安や期待はありますか?

GBSに対する不安はないけど、4月から社会人になって、初めの2か月間の新卒研修についていけるかなっていうところは不安だよね。

けどGBSのあったかい社員方と今後更に関わっていけると思うと「楽しみだな!」って思う!


GBSではインフラと開発で部が分かれるけど、現状どっちに進もうか決まってる?

最終的な着地点はGBSが事業化を進めているWEB制作事業部に行きたいって今のところ思っているから、開発寄りに行くかなって感じだけど、インフラも開発もどちらも興味ある!


‐最後にこれから頑張りたいこと、目標をお願いします~

長いスパンで言うと、フルスタックエンジニアのような幅広い知識を持ったエンジニアになって、ちょっと大げさだけど、技術面での市場価値を高めつつ、人としての価値も高めていきたい!

そしてゆくゆくはGBSのWEB制作に関わっていきたい。

目の前の目標はまず、基本情報技術者試験に合格すること!

今はこんな感じかな!

(‐ZKありがとう!質問は以上になります~。ひとまずお疲れ様でした^^)



いかがでしたか?

インタビューを通して、

「ZKは就活と並行して自己分析の精度を上げていき、自分の軸が固まりつつある中で、自分にとって最適な企業と巡り合うことができたんだな!」

と自分の場合とはまったく違った色の就活エピソードを聞けて楽しかったです。

就活は自分と偽りなく向き合い続けた者こそ、自分にとって最適な企業と出会える、適切な取捨選択ができる可能性が広がります。

自分と偽りなく向き合うことは、決して楽なことではありませんが、今後必ず自分自身を支えてくれます!

やるからには抜かりなく!

腰が重くなりがちな就活ですが、ぜひ楽しみを見出しながらやってみてくださいね^^

少しでも興味が湧いてきた方、異議申し立てのある方、どんな方でも構いません!

是非一度お話ししましょう!



‐おまけ:沖縄の就職率について

筆者はZKの言っていた「就活支援団体」についてあまり聞き覚えがなく、ピンとこなかったのですが、日本全国に色々な目的をもった就活支援団体が存在することを初めて知りました。

中でもZKに寄り添っていただいた就活支援団体さんは沖縄の就活状況に対するアプローチをコンセプトに活動しているそうです。

沖縄の就活状況とは、大学卒業生の30%が未就労、3年以内の離職率が45%、という決して良いとは言えない現状らしい。。。

そんな課題に取り組む姿勢に脱帽しましたし、GBSも一人ひとりが豊かさを広げられる存在として日々精進していかねば。。と身が引き締まる思いになりました!

グローバルビジネスソリューション's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more