1
/
5

【2021年7月〜9月まとめ】フォースタートアップス、9名の挑戦者たちのリアルをお聞きしました!

こんにちは。フォースタートアップスの尾崎です。2020年10月より開始したオンラインラジオ配信「CIC LIVE」でのフォースタ番組「for Startups-スタートアップ、挑戦者たちのリアル」。7〜9月分の配信が終了しました!

2021年7月〜9月のゲストとして、お越しいただいた挑戦者たちは9名!お忙しい中、生放送にご協力頂き、スタートアップのリアルな「今」をお話いただきました。ゲストの熱量をお届けすべく、ヒューマンキャピタリスト久保田(#匠海締め)が魂を込めて各回ごとにコラムも作成しています。

「CIC LIVE」2021年7月〜9月アーカイブ


7月のゲスト

7月6日
株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー 高宮慎一さん
ナビゲーター:for Startups, Inc. ヒューマンキャピタリスト 森 心之介

あなたの、幸せの尺度は、何になっていますか。
「上の役職に、昇進すること。」
「ありきたりだけど、思いつくのは年収。」
できるだけ早く、目的地につくことも大事ですが
旅の本当のゴールは、その”旅路を”何よりも楽しむこと。
何に自分の想いが一番乗るのか。
自分がどうやったら楽しめるか。
今晩は、少しだけ自分と向き合ってみませんか。

(by ヒューマンキャピタリスト 久保田 匠海)


7月20日
新規事業家  守屋実さん
ナビゲーター:for Startups, Inc. ヒューマンキャピタリスト 國光 隆之

「自分の意思を持つこと」が、
どうしても「誰が見ても100%で完璧なもの」に見えることがある。
ただ、人はいきなり熱を帯びることはできない。
でも、周りの熱に囲まれて、気づいたら熱を帯びていることはある。
その時に、どんなに小さくてすぐに消えてしまいそうな熱でも、
自分が熱を帯びていることを、素直に認められることが重要。
自分の熱に気づき、その熱に自信を持てたその瞬間から、
他人に熱を伝播する「自分の意思」は始まる。

(by ヒューマンキャピタリスト 久保田 匠海)


7月27日
株式会社Mobility Technologies 代表取締役社長 中島宏さん
ナビゲーター:for Startups, Inc. シニアヒューマンキャピタリスト 林 佳奈

ある瞬間、
ピタッと、モチベーションを燃やし続けることが難しくなった。
そんな風に、自分が何をやりたいのか?が、
見えなくなることがある。
ただ、自分が何をやりたいのかが見えていないのは、
あくまで「見えていない」だけであり、
見渡せる「視野」が広くなれば、ある瞬間、
今まで見えていなかった光がスッと差し込むように、
見えるようになる。
見渡せる「視野」の広さは、「視点」が高くなると広くなる。
「視点」を高くするためには、
「この人に言われるならやってみよう」と素直に信じること、
そして、ひたすら我武者羅に、
目の前のことを120パーセントで達成していくこと。
見えていないことを苦しむよりも、
今はただ見えていないだけと割り切って、今この瞬間を楽しむ。
そこにまず気づけるかどうかが、やりたいことを見つけるための一番大きな一歩。

(by ヒューマンキャピタリスト 久保田 匠海)

8月のゲスト

8月3日
VANISH STANDARD. 代表取締役社長  小野里寧晃さん
ナビゲーター:for Startups, Inc. シニアヒューマンキャピタリスト 井上 香

努力で、人は100パーセントのエネルギーを発揮できる。
「好き」があれば、150パーセントのそれを発揮できる。
世界中の人が全員、好きな仕事をやっていれば、仕事を好きだと思えれば、もっともっと世界のエネルギーは大きくなる。
ただ「好き」を貫けない理由は、必ず社会に存在している。
その理由を、誰かがこれまで作り上げてきた常識を、改めようと奮闘しているのが、まさに「挑戦者」であり、バニッシュスタンダード小野里氏。
まだまだ、不合理な仕組みや常識は、社会に多く存在しています。
誰もが「好き」を貫ける社会を創るために、共に「挑戦」してみませんか。

(by ヒューマンキャピタリスト 久保田 匠海)


8月24日
シニフィアン 共同代表 朝倉祐介さん
ナビゲーター:for Startups, Inc. ヒューマンキャピタリスト 鈴木 聡子

”挑戦”と聞くと、
それは誰かがやればいい。
誰にも嫌われたくない。
やりたいことがない。
そんな風に、一歩がものすごく重く感じることもある。
“誰からも頼まれてもいない”のに、
”自分が成し遂げなければならない”と
”誰よりも率先して行動する”
気づいた時には、勝手に自ら動いている。
欲望よりも、使命感の方が、挑戦を生み出す源かもしれない。

(by ヒューマンキャピタリスト 久保田 匠海)


8月31日
Coral Capital Founding Partner & CEO James Rineyさん
ナビゲーター:for Startups, Inc. ヒューマンキャピタリスト 西村 允淳

自らを常に”ナーチャリング”しているという視点。
一歩引いて、自らの立ち位置を理解しながら、
常に自分の介在価値を発揮できる場所を探していく。
社会に貢献したいと前のめりな気持ちが突出する一方で、
自らが貢献「できる」存在なのかを常に確かめ、育てていく。
浪漫とそろばんで、熱く、そして確実に、輪は広がっていくはず。

(by ヒューマンキャピタリスト 久保田 匠海)


9月のゲスト

9月7日
KDDI株式会社 事業創造本部 ビジネスインキュベーション推進部長/KDDI∞(ムゲン)Labo長 中馬和彦さん
ナビゲーター:for Startups, Inc. ヒューマンキャピタリスト 尾崎 睦

”愛する人を想うように”
どうやったらうまくいくのかと、立ち止まる瞬間がある。
その時は、「うまくいかない」を正しく認知した上で、「絶対にうまくいく」と強く信じる。
信じるためには、「愛しているかどうか」が最も重要で、
無意識的に、降りてきたことをやり続けるのか
意識的に、下から押し上げ続けるのか
違いは、愛しているかどうか。

(by ヒューマンキャピタリスト 久保田 匠海)


9月14日
凸版印刷株式会社 事業開発本部 戦略投資センター課長 坂田卓也さん
ナビゲーター:for Startups, Inc. ヒューマンキャピタリスト 大木 悠

「圧倒的当事者意識」
他の誰かではなく、自分の会社だからでもなく、
「自分が」しなければならない。
ただ、1人の天才が支えているだけだとダメで、
次々と天才を生み出し続けるために、
まずは「自分が」しなければならない。
明確に「これがやりたい」が、今は見つかっていなくても、
「しなければならない」という使命感があれば、
内なる熱が、いずれ、大きな炎に昇華していくはず。

(by ヒューマンキャピタリスト 久保田 匠海)


9月21日
アドウェイズ 代表取締役社長  山田 翔さん
ナビゲーター:for Startups, Inc. シニアヒューマンキャピタリスト 山下 太地

「結局、何がやりたいの?」
特定の誰かからではなく、社会全体からかかるそんな声や重圧に、押しつぶされそうなことがある。
ただ、1人でやりたいと叫んでいても、
賛同者はいるのか、本当に社会は求めているのか、
が、ものすごく重要。
自分が好きなことをやるよりも、誰かが好きなことを支援する。
誰かの「やりたい」を、自分が支援「しなければならない」ことに、自分の炎は燃えるかもしれない。

(by ヒューマンキャピタリスト 久保田 匠海)


オンラインラジオ「CIC LIVE」では、今後も豪華なゲストをお迎え予定。スタートアップのリアルな「今」をお届けしていきます!

for Startups, Inc.'s job postings
27 Likes
27 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more