1
/
5

働くという事(2022年の新しい概念):エージェントからRPOコンサルタントへの転職を経て

エージェントからRPOコンサルタントへなぜ転職したのか

ここ数年、RPO事業を展開する企業が増え、人事・採用領域でRPOへ転職する人も増えています。その中でも一番多い事例は、エージェント(人材紹介)からRPOコンサルタントへのキャリアチェンジです。エージェントは人事領域の「営業職」であり、CA/RAを通しクライアントが望む人材を紹介します。それはとてもやりがいのある仕事ですが、「数字」に追われ本来の目的を見失う方も少なくない様です。

そんな方々が今までの経験を活かしつつ、より一人ひとりと向き合う「採用」に専念できるポジションとしてRPOが選ばれています。

もちろん、その様な採用をやりたければ「社内人事」に転職することも検討できます。ではなぜRPOなのか。それは採用スキルをアップさせるためには、一社での採用経験だけでは難しいという理由があります。RPOであればコンサルタントとして転職することなく、様々な企業の採用を経験できます。それこそ採用スキルを高めることができる大きなポイントなのです。

RPOコンサルタントを経験してみた感想

エンビジョンに入社して、初めてRPOコンサルタントとして働くメンバーに話を聞くと、色々な感想がありました。まず一番多かったのは、想像していたよりも社内の人事担当者として働きやすい環境だったということです。意見を求められたり、相談されたり、社内の他の人事担当者と一緒に仕事をする環境にやりがいを感じているとのことです。また、エージェント時代にはできなかった、採用後の候補者を見ることができるのも嬉しいそうです。

採用は単なる「数」ではありません。もちろんKPIを達成することは重要です。ですがそれと同時に、候補者が入社し本当に活躍できる人材なのかどうかを深く考えることが必要です。数字を埋めるためだけの採用はやめましょう。エンビジョンのRPOは、コンサルタントメンバーが自分らしいキャリアを築けるようサポートします。

これからのあなたのキャリア

人事・採用領域では、今急激に変化が起きています。特に採用領域では、より専門的な知識や経験が必要となり、専門性が増しています。今後この流れはさらに顕著になり、優秀な採用担当者の市場価値は増していくでしょう。

どんなに不景気になったとしても、採用縮小やリストラを行う企業が増えたとしても、企業にとって重要なのは「人材」です。その「人材」を獲得するための入口となる「採用」は重要なポジションであり、この領域でのキャリア構築は有望です。その中でもRPOコンサルタントは注目すべきポジションとなっています。

【Envision】RPOサービスを展開し、採用コンサルとしてサービスを提供。職場環境は多様性があり、英語や日本語が飛び交っています。#リモートワーク を実施しています。

※採用・キャリアについてカジュアルにお話ししましょう!ぜひお気軽に下記よりエントリーください。


Envision Co., Ltd.'s job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings