1
/
5

リモートワークと育児は両立できる?子育て中のoVice社員の1日の過ごし方と働き方の変化

リモートワークでの育児は、子どもと過ごす時間が増え、成長を直近で見届けることができるという大きな魅力があります。

一方で、仕事に集中できるか、会議はどうするのか、など不安に思うこともあるはず。

そこで、リモートワークをしながら育児をする3名のoViceメンバーに、良かったこと、大変だったことをテーマに座談会形式でインタビューを実施。oVice社ならではの働き方や、今後についても聞いてみました。

🔴秋山 由佳 / Customer Success ※写真左上
▼Profile
大学卒業後、某英国航空でグランドスタッフとして勤務。その後、金融系コールセンターで勤務し、第1子出産。産後は外資系コンサルのコールセンターでカスタマーサポート(兼カスタマーサクセス)として勤務。フリーランスとしても様々な飲食店のコンサルティングや日英翻訳、ボーカルレコーディング等を行う。カスタマーファーストなoViceのスタイルに共感し2021年2月に入社。現在はSMBチームにてプレイヤーを担当。
▼Family
👨旦那さん(フリーランス・在宅)
🙋‍♂️息子さん(4才・在宅)
🔵芦田 康平 / Business Planning Department ※写真右上
▼Profile
新卒で東証一部上場の専門商社に入社。その後B2BのSaaSベンダーでサポート、セールス、BPRを経験。2021年11月、oVice株式会社に入社。初のBPRチームメンバーとして業務フローの構築や改善を進めている。
▼Family
👩奥さん(公務員・出社)
🙋‍♀️娘さん(1才・保育園)
🟡吉田海里 / Support ※写真左下
▼Profile
新卒でドトールコーヒー株式会社に入社し、エクセルシオールカフェで店長を経験。第一子出産を期に、ブライダル会社が経営するカフェへ、第二子出産後はスターバックスコーヒーにてブラックエプロンバリスタとして勤務。2021年8月、リアル店舗ではない、オンライン上でのお客様サポートに魅力を感じoVice株式会社へ入社。サポートメンバーとして、デモスペースやメールでお客様のサポートを行なっている。
▼Family
👨旦那さん(会社員・出社)
🙋‍♂️息子さん(5才・保育園)
🙋‍♀️娘さん(2才・保育園)

リモートワーク×育児の1日のスケジュール

- まずは、皆さんの現在のお仕事と1日のスケジュールを教えてください。

🔴秋山:私はoVice社のCS業務を担当しながら、フリーランスとしても働いています。パートナーもフリーランスで在宅ワークなので、家事や子育てを分担しながら1日を過ごしています。

🔵芦田:ツールの運用管理や、BizDevによる施策のサポートなど、ビジネスプランニングの仕事をしています。

僕の場合は、妻の仕事がシフト制なので、早番か遅番かに合わせて自分が働く時間帯を変えています。

🟡吉田:oViceのデモスペースやメールでお客様をサポートする業務を担当しています。いつも8:00頃に起床して、保育園に娘を送り届けたあとに、9:00頃oViceに出社します。

朝はバタバタなので、通勤の必要がない「5秒出社(*)」ができることに助かっています。

*5秒出社とは、PCやスマホを開いて文字通り5秒でバーチャル空間oViceに出社すること。5秒出社の様子はこちらの記事をご覧ください。

家族との時間を増やしたい。oVice社で働き始めた理由

- 以前のお仕事とoVice社への転職理由を教えてください。

🔴秋山:エアラインのグランドスタッフや、外資系コンサルのカスタマーサポートとして働いていました。

以前は外出が多かったのですが、自宅で子どもと過ごす時間を増やしたいと思い、フリーランスとして独立しました。oVice社では未経験からCSを担当しています。

🟡吉田:これまでは飲食業界だったので、店舗での接客が基本でした。直接お客様の顔が見れる嬉しさはありましたが、正直体力が必要な仕事でもありました。

オンラインでの接客にもチャレンジしたいと思い、昨年oViceに入社を決めました。同じ接客業とはいえ、扱うサービスや業界は全くの別分野でしたが、oViceではオンライン上でもチームのメンバーに気軽に話しかけることができるので、不安なく働くことができています。

🔵芦田:現在oViceで4社目で、最初の2社はオフィス勤務、3社目はオフィス勤務でしたがコロナ禍になってからフルリモートで働いています。

3社目でリモートワークの良さを感じることはできたのですが、社内のコミュニケーションがslackベースで、聞きたいことがあれば電話をするというスタイルだったので、相手の状況が読めない中で電話をすることに躊躇してしまい、思うように仕事が捗りませんでした。

oViceでは、「今、電話をしてもいいかな?」と考えることなく、フリースペースにいる人に気兼ねなく声をかけることができるのでストレスがないです。

- 転職の際は、働き方も重視されていたんですか?

🔵芦田:そうですね、転職の条件にリモートワークは絶対でした。実は最初、oVice社にはCSのポジションにエントリーしたんです。

ただ、面談でやりたい仕事について話していたら、「BPRでやりたいことを実現したら?」と言ってもらえて。その当時、BPRの部署はなかったんですけどね(笑)。

新しくBPRの部署が設置されることになり、自分もそこで働くことができました。育児の優先度は下げたくないけれど、キャリアも諦めたくなかったので、どちらも両立できる今の環境はありがたいです。

oVice社で働き始めて変わったこと

- oVice社で働き始めてからどのような変化がありますか?

🔴秋山:以前からフリーランスだったのですが、oViceに入社してからライフスタイルが変わりました。フリーランスは自由度が高い分、就寝時間や起床時間にバラつきが出てしまうのですが、現在の仕事を始めてから早起きが定着したんです。

毎月固定の給与があることの安心感もあり、子育て中のフリーランスにとって心身の安定にも繋がっていると感じます。

- 子育てと仕事を両立することは決めていたんですか?

🔴秋山:ずっと動いていたいタイプなので、子育てをしながら働く意志は固かったです。週末に仕事をすることも多いですし、子育てもある意味プロジェクトのような考え方で、仕事と子育ての境界はあえて明確に分けていません。旦那さんと話しながら、日々プランを立てています。

▼座談会中にも息子さんが登場。みんな笑顔になりました。

- 吉田さんは、oVice社で働き始めてから変化を感じることはありましたか?

🟡吉田:子どもが小さいと病気にかかりやすく、お休みせざるを得ないことが多かったのですが、以前の職場は実店舗だったので、シフトを代わっていただける方を自分で探す必要があり大変でした。oVice社では、急な休みもチームでカバーする体制があるので安心できます。

またリモートワークで隙間時間を効率よく使えるおかげで、ワンオペ中心でも育児と仕事を両立することができるようになりました。

oVice社内でキャリアも育児も諦めない働き方を

- リモートワークでの子育てにはどんな人が向いていると感じますか?

🔴秋山:リモートワークでの子育ては、仕事だけでなく家族のこともしっかり考えられる人(考えたい人)に向いていると思います。

仕事の連絡が気になることも多いですが、業務後は切り替えて家族との時間に集中することができれば、自分も家族もストレスがなくなると感じますね。

oVice社なら男女ともに子育てに参加でき、仕事とのバランスも取ることができると思います!


※座談会はまだまだ続きます……後編はこちらからご覧ください!



(取材・執筆:多葉田愛 / 編集:森園凌成)

▼ oViceでは様々なポジションで一緒に働く仲間を募集しています!

oVice株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more