1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

oViceを活用したイベントの様子
oVice Tourの様子
現実世界のように自由に動いて自由に話しかけられるバーチャル空間「oVice(オヴィス)」を開発・提供しています。 oViceを中心とした私たちの仕事は主に2つです。 【リモートワーク・テレワーク・在宅勤務環境の最適化】 多くの企業がリモートワークでビデオ会議ツールやチャットツールを利用していますが、それだけでは機械的なやり取りのみにとどまり、仲間が何で困っているのか、どのプロジェクトが行き詰まっているのかが見えにくくなってしまっています。「オフィスにいた時に何気なく行っていた仲間とのコミュニケーションをオンラインでも実現したい」。そんな思いからoViceは生まれました。 oViceをリモートワークで利用していただくことで、「今ちょっといい?」と気軽に話しかけられ、仲間の声が自然と聞こえてくるため会話が発生しやすい環境を整えることができます。 こんなうれしい記事(エンジャパン:https://www.en-soku.com/life/70668)もありますので、ぜひご覧ください。 【新感覚のオンラインイベント体験の提供】 新感覚のオンラインイベント空間としても利用が広がっています。 近くのアバターの声は大きく、遠くの声は小さく聞こえる機能や、スピーカーでサイト内に音声告知ができる機能、シームレスな移動ができる点などを生かし、まるで現実世界で行うイベントかのようにオンラインでイベントが開催できています。 これまでに、ヤフー系列のCVC「YJ」を中心としたアクセラレーターの合同説明会やテレビ東京主催のオンライントークインベントをはじめ、学会や展示会などさまざまな場面で導入されています。 oViceは2020年8月にリリースしたばかりのサービスですが、約半年で900件利用されており、それぞれの企業のニーズにあったサービスを提供するためのノウハウが弊社内に蓄積されています。導入支援にも力を入れており、oViceを各企業・団体にとって使いやすい状態にできるようサポートしています。

Why we do

コロナによっていきなりオンライン化が進み、さまざまなコミュニケーションの弊害が発生しています。oViceは現実空間のようにコミュニケーションが行えるバーチャル空間を提供することで、リモートワークでのコミュニケーション不足解消、チームの生産性向上をサポートしたいと考えています。 多くの企業が急速に出社頻度を下げたことで、十分に準備ができないままリモートワークに移行しました。そのため、最低限のセキュリティが担保されているリモートワークツールをいくつか採用しただけで、どう使うのかといった具体的な働き方は個人の裁量に任している企業や、それぞれのツールの本来の目的を大きく超えて「無理やり」ツールを使用している企業が多くあります。 今までは発生しなかったコミュニケーションの歪みを取り除くのが我々の使命です。 すべての人が自分らしく、自分の一番働きやすい空間で働くために、oViceはサービスを日々アップデートしています。

How we do

oViceの会議室で行われたスタンドアップミーティング
oViceのオープンスペースで行われたスクラム
フルリモート×バーチャルオフィスでの勤務です。 日本やチュニジア、韓国など、さまざまな国と地域からメンバーが集まっており、全員がフルリモート(完全リモート、完全在宅)で働いています。 私たちの職場は「oVice」です。社員全員がユーザーとしてoViceを使い、どうすればさらに便利になるかを日々考えています。「立派な実オフィスを構えたら負け」とのスタンスで、日々製品の改善に取り組んでいます。 新型コロナウイルスが収束し、かつてのような自由な移動ができる世界になった時でも、「oViceで働こう」と思っていただけるよう細やかなサポートを心がけています。そして近い将来、「oViceで働く」ことが当たり前の世界を目指しています。