1
/
5

社内異動!教材室からシステム開発室へキャリアチェンジ!


こんにちは!

アガルート人事のこもとりです。


今回は教材室→システム開発室(現株式会社アガルートITパートナーズ)に異動された岡安さんに、

異動に至った経緯や、現在の仕事についてお話してもらいました!


是非ご覧ください。

------------------------------------

【まずは自己紹介をお願いします】

岡安高輝です。25歳です。情報系の学部卒でアガルートに新卒入社しました。アガルートでは1人目の新卒入社でした。

趣味は「こんな都会にこんな緑が!?」な公園でのんびり過ごすことです。今一番のお気に入りは目黒区立駒場公園です。

【現在の仕事内容を詳しく教えてください!】

アガルートの子会社のアガルートITパートナーズ(以下 AITP)に所属しています。「アガルートグループのシステムに関し、企画提案・要件定義・開発・保守運用に至るまで最適なITサービスをトータルに提供」するのが私たちの仕事です。開発は内製化をしており、スクラム開発手法を採用しています。私は、アガルートの社内システムを開発するプロジェクトで要件定義・QAテストの仕事をしています。

【教材室からAITPに異動されたそうですが、経緯やその経験からの変化などを詳しく教えてください!】

自ら志望しました。教材室では、教材制作の仕事を一通り経験しました(教材室の仕事についてはこちらをご覧ください)。商品企画から組版(DTP)までいろいろな仕事をさせていただいて、とても成長できたと思います。AdobeのIllustratorやInDesignなど使いこなせるようにもなりました。


その時の業務の中で、社内システムの改善点がたくさんあることに気づきました。そしてそれらを正すことで社員皆さんの生産性に貢献できると1年をかけて実感しました(U-Noteさんの記事でも書いた通り、周りの皆さんが本当に求めることって何だろう?は慎重に探りましたね笑)。

軸は変えずに、考え方はアップデート!仕事に"納得感"を持つために「捨てるべき」自分だけの理想像 - U-NOTE[ユーノート] - 仕事を楽しく、毎日をかっこ良く。 -
「うまく周りを巻き込めない」「納得のいく成果が出せない」社会人になり前向きに仕事に取り組んでいるはずなのに、思うような結果につながらず悩んでいる若手ビジネスパーソンもいるのではないでしょうか。 もしかしたらその原因は、あなたの中にある「凝り固まった理想像」かもしれません。 株式会社アガルートの2年目社員・岡安高輝さん(25)は、これまで数々の"価値観や考え方が変わった瞬間"があったといいます。
https://u-note.me/note/70319


さらに、丁度AITP(の前身となる部署)が本格的に立ち上がってメンバーも増えてきたタイミングだったので、参画に至りました(今のマネージャーである今井さんがシステム開発の部署を立ち上げた頃のお話はこちらをご覧ください)。


ちなみに、異動した人は他にもおり、志望して・適性に沿って・会社の要望で新規部署立ち上げに参画などいろんな経緯で異動していました。中には経験を活かして複数の部署で働き、一番はじめの部署に戻ってきたという方もいらっしゃいます。この点がアガルートはすごいなと思うのですが、異動先ではすんなり溶け込んで貢献できる人がとても多いです。





【チームについて教えてください】

現在十数人のメンバーがAITPに所属しています。マネージャー陣含めてほとんどがエンジニアか元エンジニアです。前職もエンジニアだった方が多く、スキル面での強みが様々で面白いし頼もしいですね。

基本的にスクラム開発手法を採用していて、皆さん黙々とタスクに取り組んでいます。もちろん、Slackで質問をすると飛んできて優しく教えてくれたりモブセッションが始まったりします。

開発者同士ではコミュニケーションのチャネルを上手く使い分けている印象があります。テキストで根拠を伴って議論のポイントを洗い出してから、Huddle Meetingで話し合うのをよく見ます。

ほぼ全員がフルリモート勤務です。会社的にはいつでも出社OKなので、私は気晴らしに出社することもよくあります。基本はカレンダー通りに勤務しますが、有給は自由に取っていますね。夏休みを1週間とった人も多いです。マネージャーも1週間休んでいました。

【今後の目標を教えてください】

個人としては、技術面やスクラム開発についてをもっと学んでいきます。特に開発の実務経験がないので、その点を修行して仕事に活かします。

チームとしては、スクラム開発手法をより洗練させながら生産性を高めていき、メンバーの技術力もどんどん高めていくのが目標です。


------------------------------------

いかがでしたでしょうか。

グループ会社のシステムを一括で担っているので、会社に大きなインパクトを与えることができます。


少しでもご興味持っていただいた方は是非お話しましょう!

株式会社アガルート's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社アガルート
If this story triggered your interest, have a chat with the team?