This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.
2e2bf254 efc6 4b96 93a9 78668de17b3e?1534906569
Wantedly, Inc.

Wantedly Engineer Blog

Trending
Trending Posts

技術面接を受ける前に確認しておくといいこと

ここで書くのは基本的なことなので、実際の面接ではもう少し複雑な問題になるかもしれません。 逆にいうと、このあたりの問題は一度は解いておいた方がいいので列挙しました。 普段ウェブの開発をしているだけでは考えたことがない場合もあるので、一度確認するといいかもしれないです。 アルゴリズム チェックポイント 計算量, ハ...

あの人気サービスは、Webサイトを高速化するために何をしているか

最近、Webサイトの高速化が話題になっています。 Wantedlyでもサーバーサイドのレスポンス速度はしっかりトラッキングして取り組んでいましたが、フロントエンドはまだまだやれることがあると認識し、悔しさを胸にさっそく動き出しています。 取り組むに当たって、まずは事例を集めていくことから始めました。サーバーサイド...

大学へ行かず、19歳でWantedlyの3人目のデザイナーになった話

Wantedly でデザイナーをしている宇佐美 (@usa619_) です。最近はこの Wantedly Feed やWantedly の Android アプリ や iOS アプリのデザインをしています。 今日でちょうど入って365日だったので、この1年を振り返ろうと思いましたが、その前に、自分の前提やバックグ...

Webサービスのための7つのデータ分析基本パターン

ウォンテッドリーでは、「シゴトでココロオドル人の数」の最大化を目指して開発を行なっています。 その上で、このWantedly Visitでは、「MAU」「応募」「売上」を大きな三つの指標としてサービスを運営しています。 サービスによって、分析指標は異なりますが、今回いくつかのデータ分析の基本パターンについて説明し...

GitHubを使って法務コミュニケーションのスピードを2倍にした話

ウォンテッドリー株式会社コーポレートチームの大谷です。 カスタマサービスチーム仲野さんが書いた ”GitHubで実現する、カスタマーサービスとエンジニアの非同期コミュニケーションのすすめ” に良い反響がありましたので、コーポレートチームでも行っている活動をお話したいと思います。 Wantedlyのコーポレートチ...

Latest
Latest Posts

Wantedly Visitの機械学習を使ったレコメンデーション

Wantedly Visitで開発チームのリーダーをしている久保長です。ここ最近は、Wantedly Visitのレコメンデーションを強化するために、推薦チームの立ち上げも行ってきていました。 推薦チームを発足して二年間で、大きな成果を生み出すことができました。具体的には、例えば「募集の推薦画面に表示されてから話...

#Gocon Go Conference 2019 Spring スカラシッププログラム参加の学生ブログまとめ

こんにちは!Wantedlyで技術イベント企画を担当している竹内瑞季 @amanda__mtです! 5月18日に開催されたGo Conference 2019 Springも大盛況におわり、早速色々なまとめブログがでていますね。 今回スカラシッププログラムで参加頂いた3名の学生さんにも、アウトプットとしてブログを...

毎年恒例の新卒ISUCONを行いました!

こんにちは!今年の4月にインターン生から新卒にランクアップした新谷(@euglena1215)です。新人研修の一環として行なった新卒ISUCONの様子をお知らせします。 --- 新卒ISUCONとは? 弊社ではwebアプリケーション開発の基礎となる知識を実践的に吸収するため、新人研修の一環として新卒メンバー+CT...

Go Conference 2019 Spring After report! #gocon

こんにちは!Wantedlyで技術イベント企画を担当している竹内瑞季 @amanda__mt です! 本日はリクルートさんのオフィスで開催されたGo Conference 2019 Springに参加してきました。 昨年に続きGo Conferenceをスカラシップスポンサーとしてご支援させて頂くことができ、とて...

Google I/O 2019に参加して感じたこと

こんにちは、Wantedly Peopleチームの住友(@cattaka_net)です。アメリカはマウンテンビューのショアライン・アンフィシアターにて5/7〜5/9に開催されたGoogle I/O 2019に参加して来ましたので、今回はそれについてのお話です。 Google I/Oとは Google I/OはGo...

GoCon 2019 Spring に登壇します & スカラシップスポンサーやります!! #golang #gocon

こんにちは!Wantedlyでエンジニア採用、技術イベント企画まわりを担当しています竹内瑞季(@amanda__mt )です!最近はエンジニアに3Dプリンタでフルカラーのgopherピアスを作ってもらい、ますますgopher愛が強まる今日この頃です。 https://twitter.com/amanda__mt...

【目次付き】WANTEDLY TECH BOOK 6を #技術書典 6で頒布します!

Wantedlyの有志メンバーで作った6冊目の WANTEDLY TECH BOOK を明日2019/04/14(日)の技術書典6で頒布します!1回目の技術書典から引き続き、皆勤賞です! 個々のメンバーが日々の業務で得られた知見や他のメンバーに知っておいてほしいことを1冊の本にまとめました。 今回もモバイルアプ...

今年もWantedly Visit 開発チームで合宿に行ってきました!

こんにちは、 Wantedly Visitでエンジニアをしている鴛海です。 先日、Wantedly Visit 開発チームは 3/19 (火) - 3/20(水) に1泊2日で合宿を行いました! 今回は合宿の様子や取り組みについてこの記事でまとめようと思います。 合宿の目的 今回の合宿の目的は「生産性向上」。 普...

「定着型成長エンジン」を加速させるために、機能ごとのMAUと継続率をみよう - StackOverflowの一般公開データをBigQueryで分析

こんにちは!Wantedlyの久保長です。 この記事では、「定着型成長エンジン」を強化するために重要な「MAUと継続率を機能ごとに分解し分析する手法」について説明します。また、紹介する分析手法は非常にたくさんの計算リソースが必要になりますが、BigQueryを使うことで、必要な処理を10s以内に実行することができ...

try! Swift After report ~ Wantedlyがこのカンファレンスで伝えたかったものは何か?

こんにちは!Wantedlyで技術カンファレンス企画などを担当している竹内瑞季( @amanda__mt )です。 この度、Wantedlyはtry! Swiftにゴールドスポンサー、スカラシップスポンサーとして参加しました。 try! Swiftとは? 公式ページでは下記のように記載されています。 try! S...

社内ブランディング本にインパクトは必要か。 Culture Book 2019 表紙デザイン !!!!!

THE WANTEDLY VALUES ポスター に続く、社内ブランディングのためのデザイン、第二弾。Wantedlyデザインチームで Wantedly Culture Book 2019 表紙をデザインしました。 ポスターと同じく、グラフィックは菅谷(@maosugaya)がデザインを担当。今回はアートディレク...

iOSアプリのUIテストを分かりやすくするPage Object

 こんにちは。iOS エンジニアの永田です。今日は XCUITest で UI テストを書いたことがある方向けに、UI テストをより分かりやすく書くための Page Object を紹介したいと思います。 Page Object とは  Page Object とは、アプリケーションのページを抽象化したオブジェ...

Under the Hood of Wantedly’s Recommender System - 推薦システムの評価の裏側

こんにちは! Wantedly Visitで開発チームのリーダをしている久保長です。 去年の4月からRecommendationチームを発足し、推薦や検索の改善を行なってきました。その中で、推薦システムの評価を整備してきたので、そのお話をします。 現在、Wantedlyでは機械学習を使った推薦を色々な場面で利用し...

iOS アプリのテストで簡単にEntityのFixtureを作れる Fixturable について

 こんにちは!iOS エンジニアの永田 (@ngtknt)です。今日は iOS アプリのテストにおける Fixture についてお話ししたいと思います。 Fixture とは  前もってテストデータを用意しておき、様々な Example で使い回すことでよりテストを簡単に書くことができます。このテストデータのこ...

小ネタ: Ruby 2.5.0 の細かい構文的変化

サーバーのRubyバージョンを2.4.5から2.5.3に上げようとしたところ、構文エラーが発生しました。その構文エラーは devise に由来しているもので、 #4668 で修正されたものでした。最小化すると、以下のようなコードが構文エラーになるようになっていました。 def foo(options, &bloc...

Followers
Posts
118
Likes
4,027
About
3d3f0504 9153 4580 b6a8 e6b8c2c0db5e
Wantedly Engineer Blog
Wantedlyのエンジニアによる、テックブログです。開発者向け技術情報を中心に発信しています。「シゴトでココロオドル人をふやす」というミッションを掲げ、ビジネスSNS Wantedly (ウォンテッドリー)を展開しています。
Writers

Page top icon