1
/
5

【MVPインタビュー#12】看護の道からvivitへ!?新卒2年目の採用責任者が目指す、「人事としてのあるべき姿」とは?

こんにちは!vivit株式会社でインターンをしている田村です。

vivitでは毎月、最も活躍した社員をMVPとして表彰しています。そこで今回は、4月のMVPを受賞した宍道 咲乃さんにインタビュー!仕事への想いやモチベーション、日頃意識されていることなどについて伺いましたので、ぜひ最後までご覧ください。

先に簡単なプロフィールを!

宍道 咲乃/ Shinji Sakino (23)
大学の看護学科を卒業後、2021年4月にvivit株式会社に新卒入社。内定者インターン時代は主に人事を担当し、入社後はキャンプ場営業や新規事業のグロースなどを経験。現在は再び人事として中途と新卒の採用活動全般を担当。趣味は旅行、お酒、ドラマ・音楽鑑賞。

看護学科から一般企業へ!進路大転換の理由とは?

ーー本日はよろしくお願いします!まずは、宍道さんが新卒でvivitに入社されるまでの経緯から。実は、宍道さんのWantedlyプロフィールを拝見して、1点気になる点が…。もともとは看護師を目指されていたんですか?

はい(笑)。きっかけは自分の高校時代に遡ります。進路を考えていた際にふと、中学・高校時代の自分は周りの人に支えてもらってばかりだったな、と思ったんです。それに気づいた時に、「他人に与えてもらうだけの人生ではなく、自分がいい影響を与えられる存在になりたい」と思うようになりました。そこで、もともと興味を持っていた医療業界の中でも、最も「人」を軸に仕事ができる看護師を目指し、大学の看護学科に入学しました。

ーーなるほど...!では、看護師ではなく企業への就職を決めた理由は何だったのでしょうか?

理由は2点あります。1点目は、看護師のキャリアに疑問を抱いたからです。例えば病院に就職したとして、キャリアを極めた先って師長さんなんですよね。もちろん、他のキャリアもありますが、どうしてもキャリアの選択肢が限られてしまうんです。そこに息苦しさを感じていました。そこで、決まり切った道を進むよりも自分のキャリアを自由に選択したい!という想いから、企業への就職を考えるようになりました。

2点目は、アルバイトでの経験です。私は学生時代に塾でアルバイトをしていたのですが、ただ教えるだけでなく、新しく生徒を獲得してくる部署のリーダーを担っていました。そこではアルバイトながら、売上を伸ばすための施策を考えて実行する裁量を与えてもらっていたんです。自分が考えた施策で生徒の心や会社の売上を動かすという経験がとても面白く、こういった経験ができるような企業で働きたい!と、企業就職への想いが強くなりました。

ーーそのような背景があったのですね!それでは、数ある企業の中で、どうしてvivitを選んだのですか?

vivitのミッションに非常に共感したからです。私は就職活動の際、規模や事業領域を問わず、ミッションや理念への共感を軸にしていました。というのも、私の「人の役に立ちたい」という想いと会社の方向性が一致していることが一番重要だと考えていたからです。そんな中で、「心動かす体験を通じて、世界をより豊かに」というミッションを掲げるvivitに出会い、ここでなら自分の想いを実現できると感じました。

また、面接でお話した社員の方々の人柄がとても素敵だったというのも理由の1つです。そしてどの社員の方と話してもvivitのミッションが浸透していること、そして「会社のことが好き!」という想いが伝わってきたことが、vivitへの入社の決め手になりました。

詳しくはこちらの記事で話しているので、ぜひご覧いただければと思います!

新卒座談会/前編→ https://www.wantedly.com/companies/vivit/post_articles/372511

新卒座談会/後編→ https://www.wantedly.com/companies/vivit/post_articles/373479

ーーそれでは、現在担当されている業務を教えてください。

社長室という部署で、中途と新卒の採用活動全般を担当しています。具体的には、候補者への連絡や人材紹介会社とのやり取り、採用媒体の運用などを行っています。また、採用だけではなく、入退社手続きなどの労務領域にも挑戦中です!

社員や候補者に寄り添える人事を目指して

ーー改めまして、MVP受賞おめでとうございます!いつもお世話になっている宍道さんがMVPを受賞されて、私も本当に嬉しいです!率直な感想をお聞かせください。

ありがとうございます!採用を専任で担当しているのは私1人ですが、採用活動全体で考えると、社内外問わず多くの方にご協力いただいています。今回MVPをいただいたことで、普段ご協力いただいている方々にお礼ができたようでとても嬉しいです!

ーー1人で採用全般を担当して新卒・中途ともに結果を出すのは、相当大変だったのではないでしょうか…?

自分が人事の業務に興味があってやらせていただいているので、実は大変だと思ったことはあまりなく…(笑)。業務量は確かに多いかもしれませんが、自分が好きなvivitという会社のことをもっと知ってほしい、そしてそれに共感して貰える人と一緒に働きたい!という想いで、楽しみながら業務に取り組めています。

ーーなるほど。そもそも、宍道さんが人事になりたいと思った理由は何なのでしょうか?

私が就活しているときに出会った人事の方々の影響が大きいです。選考やインターンを通して、自分の人生にヒントを与えてくれるような人事の方が何人かいて。一学生である自分にも丁寧に接し、一緒に人生について考えてくださる姿にとても感動し、「人に良い影響を与えられる人になりたい」と思う私にとって、かなり印象深い存在でした。

ーー就活の際に憧れとなる存在に出会っていたことがきっかけだったのですね。

ーーそれでは、仕事を頑張れている原動力は何ですか?

「人事の仕事が楽しい」という気持ちがモチベーションの一つとなっているのはもちろんですが、「会社からの期待に応えたい!」という想いが一番大きいです。

私は1年目の時から中途も新卒も任せていただいているのですが、「1年目が中途も新卒もやってます」ってあまり聞いたことがないんですよね。それって、手前味噌ではありますが「宍道ならできる」と思っていただけているからこそなのかな、と。ですので、そんな代表や上司たちの期待に応えられるように頑張ろう、と思っています。

ーー裁量権が大きいということはプレッシャーの相当なものではないかと思うのですが、それに打ち勝てるのはどうしてですか?

同期の存在が大きいですね。それぞれがそれぞれのフィールドで活躍していて、とても刺激をもらっています。もともと負けず嫌いなのもあって、「頑張っている同期に負けられない!」という気持ちがプレッシャーを乗り越えられる理由です。

ーー人事として、vivitの中でどんな存在でありたいですか?

人事は、社員の「味方」であり「相談相手」だと思っているので、気軽に話しかけたり、頼ったりしてもらえる存在になりたいです。

ーーそんな存在であるために意識していることはありますか?

社内に限らず私が人事として関わる全ての方に対して意識していることですが、vivitに応募してきてくださった1人1人が、それぞれの人生を背負ってきているということを絶対に忘れないようにしています。数多くの方と関わる機会がありますが、1人1人に対して誠実な対応ができるよう、心掛けています。

「vivitに入ってよかった!」と思ってもらえる会社に

ーーそれでは、今後の展望を教えてください!

採用全般を担当しているものの、特に中途採用はまだ様々な人に助けてもらっている状態で…。早く独り立ちできるよう、知識や経験を積み重ねて成長していきたいです!

また、長期的には、もっと会社に良い影響を与えていける存在になりたいと思っています。現在私が携われているのは採用から入社までですが、今後はさらに幅を広げ、「vivitに入ってよかった!」と思って頂けるような、会社づくりにも携わっていきたいです。

ーー最後に、求職者の方に一言お願いします!

ーー本日はありがとうございました!

vivit株式会社's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings