1
/
5

【社員インタビューvol.2-1】仕方なく”東京”にやってきたフランス帰りのわたしがインターン→新卒入社するまで


新世代エースの木村、大塚さんに続き、設置営業チームの川内です!

学生時代にフランスへ留学していたので、実のところフランスで働けるインターンを探していました。立ちはだかった言語の壁に苦戦し、結局断念し日本へ帰国...「仕方なく」日本の中心・東京で働こうと考え、なんとなーく見ていたwantedlyに「株式会社東京」という、「東京」のキーワード検索では圧倒的にSEO不利な社名を見つけ、なんとなーく応募して働くことを決めました。

※フランスでブイブイ言わせていた頃のアタシです


不動産の「ど」の文字も知らなかった

学生時代に訪問販売というかなり泥臭い営業をしていたこともあり、

「業務内容も近いし、余裕でしょ!」

と、事業内容等は気にせずに決意しました。(「ふどうさん」の「ど」の文字も知らなかったです。「ふ」は知ってました。)

というか、まだ会社を複数見ていた時に、社長の羅さんがわざわざ大阪まで突撃してきたので(当時わたしは関西に住んでいました)、折角だしインターンするか~!と決意しました。

※こんな感じでいきなり手ぶらで乗り込んできました(画像はイメージです)

※羅さん、あの時は狂った行動過ぎてちょっと怖かったです。ありがとうございました!


当初は半年程度働いてみながら、就活や今後の進路を考えようと思っていたのですが、結果として現在まで約2年半働き、そのまま新卒入社することになりましたので、思った以上に長居してます笑

きっと楽しいんだと思います。時間経つの早い!


一日の過ごし方

進路に迷っていたのに結局楽しくやっている私がどんな一日を過ごしていたかというと、

10:00- アポイント①
11:00- お昼ごはん兼事務作業
13:00- 大学の授業
15:00- アポイント②
16:30- 現地調査立ち合い
17:30- 帰社、事務作業
20:00- 退社

という感じです。大学との両立なので一日中アポで詰まっているとかは全くなく、周りの営業メンバーも大学の授業があることを理解してくれて働けていました。


そんな優しい理解力に加えて、東京社には主体的でスピード感があるメンバーが大勢います。アウトプットのレベルも高く、潜在的な課題をエンジニアサイドから発掘されることもあります。その空気感が好きで入社を決意しました。


職種に拘らず、とにかく「事業を伸ばすための行動」という指針のもと動けているなと感じます!

↓チームのカルチャーについては、COOの大塚さんが書いています↓


営業チームに関してお伝えできることがたくさんあります。まず、道筋はなんであろうが、営業チームは結果にコミットできる人が輝ける職場です。
想像以上に自律組織で、タスクを実行するための選択肢を考えることを楽しめる人にとっては抜群の環境です。


一方で、自分で考えられない人にとっては、置いてけぼりにされたような気持になるかもしれないので、私自身もある程度心臓が痛い日々もあるのはもちろんのこと。それでも、チャレンジする姿勢をだれも否定しない人たちにあふれています!

良いことばかり言っても怪しいので、「いやいや!!」って部分も公開しておきますね!ごめん東京!!

まず、前日まで取り組んでいた事柄に対し、翌日には正反対のことをしてくれという指示がたまに羅社長から下されます。もちろん、意味のある選択であることは理解できるのでそれ自体は大丈夫ですが、それは流石にほどほどにしてね羅さん!頻度多いと私いなくなるよ!!


あとは、女性メンバーがまだまだ少ない!もっといっぱい来てほしいです!

気になる方はカジュアルにお話ししましょー!

応募お待ちしております!

株式会社東京's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社東京
If this story triggered your interest, have a chat with the team?