Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

株式会社東京は、中国では既に1兆円規模の市場規模となっている、オフィスビルのエレベーター向けの「スマートディスプレイ開発」および「インターネット動画配信事業」を国内で独占的に展開しています。 著名なVC(ベンチャーキャピタル)や、エンジェル投資家より 1.2億円の資金を調達し、国内市場を牽引しています。 さらに、ソニーの出井元会長などを顧問に迎え、 2023年の上場を視野に入れながら事業と人員を拡大中です。 <サービス内容> オフィスのエレベーター及び、エントランス壁面・天井を活用した スマートディスプレイ(下記等の製品)によるインターネット動画の配信事業。 ・エレベーター内ディスプレイ「東京エレビ(https://elevi.tokyo/for_owner.html」 ・エレベーターホールの壁面ディスプレイ「東京エレビGO」

Why we do

突然ですが、エレベーターってどんなイメージがありますか? 多くの人にとって、エレベーターは"退屈な空間"です。 私達は、スマートディスプレイを用いて エレベーターという"退屈な空間"を"情報空間"へと再定義します。 さらに、空間に溶け込まれたスマートディスプレイを通じて 様々な情報を取得することができる“手ぶらな世界”を目指します。

How we do

◇CEO 羅悠鴻 東京大学理学系研究科地球惑星専攻。 BCGや投資銀行でのインターンに多数参加するも、ビジネスの道を志し起業する。 在学中にキャンパスベンチャーグランプリ奨励賞を受賞 ◇CTO 熊谷剛 東京大学工学系研究科宇宙工学専攻。 在学中、掘・矢入研究室にて画像認識技術の研究開発に従事する。 東大アントレ情報準優勝ほか、ビジネスコンテストにて多数受賞経験あり。 ◇COO 大塚雅也 東京大学経済学部開発経済学・計量経済学専攻。会計学にも精通。 在学中は、工学部主催のプロジェクトに参加し渉外部門長として資金を集め、ニュージランドでのヒストリックラリー出場を実現。 ▼社風 社の方針として徹底的にオープンにしています。 給与や360度評価から、資金調達や事業KPI、営業のメールのやりとりまで、ほぼ全てを公開しています。 Netflixのような「自由と責任」を重んじるチームを目指しています。