1
/
5

【IT未経験】大切なのは人を思う気持ち

こんにちは!
株式会社スピードリンクジャパン新卒1年目の澤幡瑞希と申します!

未経験かつ何も知識がなかった私でも、IT業界のエンジニアになることができました。
今回はこの2ヵ月半で思ったことをお話させていただきます。

まず結論から言わせていただいます。

エンジニアは「人を思う気持ち」があれば未経験でもなることができます!

このことを踏まえた上で読んでいただけると幸いです。

ーーー目次

1. IT業界を選んだ理由

2. スピードリンクジャパンを選んだ理由

3. 大切なのは人を思う気持ち

4. 最後に

ーーー


1. IT業界の選んだ理由

正直、私はIT業界を1番見ていなかった業界でした。

なぜなら、大学3年生の時IT業界のインターンシップに参加した際に、周りの学生が全員経験者で業界用語ばかりで何を話しているのかわからず、何も理解しないまま時間が終わってしまい、魅力を感じられなかったからです。

大学では人間科学部で心理学を学んでいて、ITはもっての外、数字すら見てこなかった4年間だったため、理系とは全く無縁の学生生活を送っていました。

就職活動では数字やパソコンをあまり扱わず、人と関わる業界に入りたいと思っていました。
志望業界はホテル業界。当時はITのことは考えられなかったのです。

ですが、ある日転機が訪れました。
就活エージェントに相談した時です。

就職活動が本格的に始まる時に新型コロナウイルスが流行し、コロナ禍の時代になりました。
私が志望していたホテル業界はすべて採用中止。
3年生でホテル業界のインターンシップに参加して学んできたことがすべて水の泡になってしまいました。

そこで、ちょうど悩んでいた時にエージェントの方に出会いました。
私のなりたい将来像を相談したらエージェントの方はこう言いました。


「IT業界はどう?」


正直、この方に相談したのは間違いだったと、この時は思いました。
当時、私は人と関わる仕事に就きたくて、IT業界は人と関わらない業界と思っていたからです。

相談していく中で、スピードリンクジャパンとの出会いがありました。
IT業界を選んだ理由の1つが、スピードリンクジャパンでもあります。
IT業界に対するイメージが変わり、人と関わらないとできない仕事であると学ばせていただきました。
"人と関わる仕事"。むしろ、人と関わらないと"成り立たない仕事"ということを理解しました。
スピードリンクジャパンを受けるまでは、私の勝手な思い違いだったのです。
むしろ今の時代はIT 。
IT業界に対する考えが変わり、今の時代に活躍できる人になりたいと思うようになりました。
ITの勉強をするべく、プロゲートや参考書を買って勉強することにしました。



2. スピードリンクジャパンを選んだ理由

私がスピードリンクジャパンを選んだ理由は3つあります。

1. 未経験でも歓迎、研修や教育が充実
2. 社員同士の仲がよく、居心地の良い環境
3. 代表の生きていくうえでの考え方

この3つになります。

1つ目は「未経験でも歓迎、研修や教育が充実」です。
先程、インターンシップの話にもありました「みんなが経験者」。
この件がトラウマで「IT業界に入って置いていかれたらどうしよう。」とずっと悩んでいました。
でもスピードリンクジャパンは、未経験で入社している方が多く、それでもプロの仕事をしています。
文系出身で、学生時代は数学が1番苦手な理系が不向きな私でも、努力次第でエンジニアになれる!と気づかせてくれたのはスピードリンクジャパンのおかげなのです。

2つ目は「社員同士の仲がよく、居心地の良い環境」です。
私が就職するうえで1番大切だと思っているのは人間関係だと思っています。
どんなに自分に向いている仕事でも、人間関係がよくないと働く環境としてよくありません。
そのような環境だと、モチベーションも上がらず、コミュニケーションも取りにくく、仕事に悪影響を及ぼすと思うからです。
ですが、スピードリンクジャパンは、話すことすべて理解しようと目を見て、耳を傾けてくださり、尚且つ、良いこと悪いことすべてに意見をいただける環境です。
意見を発信しにくい、してくれない環境ではなく、思っていることすべてを伝えてくださる環境だからこそ居心地のよい環境なのだと思います。

3つ目は「代表の生きていくうえでの考え方」です。
スピードリンクジャパンの代表はイベントがあると社員へお言葉を送ってくださいます。
面接時に会社についてお聞きした際に
仲間を大切に」「親を大切に
というように人を大切にしていることが伝わるエピソードをいただきました。
これは面接の時だけではなく、恒例行事の初任給手渡し会の時も「信用を得ることの大切さ」を教えていただきました。
働くうえで、そして生きていくうえで、どういう人間になるべきなのかとても勉強になります。

他にもスピードリンクジャパンには魅力がたくさんありますが、特にこの3つは他社にはない自慢できる魅力です。



3. 大切なのは人を思う気持ち

私がこの記事で1番伝えたいことでもあります。
まだ入社して2ヵ月半ですが、研修を経て、技術面も確かですが、そのこと以上に人に対する思いやりを1番学びました。

2ヵ月間の技術研修、まったくついていけず本当に毎日が不安でした。
ですが、この研修を乗り越えられたのは同期という仲間の力があったからです。
本当に1人だったら乗り超えられなかっただろうと思う場面が何度もありました。

分からないことがあって調べている間にどんどん講義が進んでしまう。
そんな時、焦っていた私の姿に同期が気付いて声をかけてくれたり、わからないところを研修後に一緒に復習したり、毎日夜にオンラインで勉強会を開いたりと、支えあって研修を受けていました。

忘れてはいけない大事なことは、ただ支えてもらうだけではいけないということ。
私も返せるように、困っている同期の少しの力になれればと思い伝える努力をしました。

いつしか不安だった研修も楽しいと思えるようになり、技術研修最終日には涙を流すほどに。

同期がいなければ、自分の事で精一杯で誰かのために動こうとも思わなかったと思います。
ですが、同期は違いました。
自分のことだけでなくみんなで乗り越えようとしていました。

人を思う気持ちがあれば辛くても支えあって乗り越えることができる

と、私は同期のおかげで強く思い、改めて同期がいかに大切な存在かを再確認できました。

人のために動ける同期がいて、私もその同期に貢献しようと支えあったこの環境は本当に良い経験だったと心から思えます。



4. 最後に

私は心からスピードリンクジャパンに入社して良かったと思います。
同期の大切さ、上司、先輩方の優しさを常に感じられる環境だからです。
IT業界を選んだ理由の1つが、スピードリンクジャパンでもあります。
社員皆様の力をお借りして今日まで働く事ができ、そしてこれからもたくさんお世話になると思います。

「ありがとう」と言っていただけるように
親を初め、支えていただいた方々に恩返しができるように
これからも"信用"を得られるように
努力していきたいと思います。

ーーー

株式会社スピードリンクジャパンでは一緒に働く仲間を募集しています

株式会社スピードリンクジャパン's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more