1
/
5

第二次成長期のSmartHRで変化を楽しむ      〜「YouはどうしてSmartHRへ?」〜

こんにちは!SmartHRインサイドセールス(以下IS)グループの斎藤と荒井です!

IS内で行った「SmartHRへ入社を決断した決め手は?」という設問の回答内容をもとに、魅力に感じている部分や入社理由が異なる様々なISメンバーに対してのインタビューを実施していくこの企画・・・!

今回は、SmartHRのミッションに強く共感し入社を決めた印南さんにインタビューを行いました!

株式会社SmartHR インサイドセールスグループ 
お名前:印南貴弘
所属先:SMB 

なにかとご縁があったSmartHR

➖ 前職ではどのようなことをされていたのでしょうか?
印南:ホテル・旅館の市場分析から価格設定を効率化するダイナミックプライシングのSaaSを提供していました。20~30人ほどのスタートアップで3人目のセールスとして入社させていただきました。

※ダイナミック・プライシングとは、商品やサービスの価格を需要と供給の状況に合わせて変動させる価格戦略。

➖ 転職を考えるまでにどのような経緯があったのでしょうか?
印南:もともとSmartHRのユーザーで、人事と何度も紙で往復していた作業が無くなったことに感動し、当時から「スゲー会社!」と思っていました。
また、前職がSaaSモデルかつCoral CapitalグループでSmartHRと共通点もあり、意識はしてました。

自分が納得できる道を進みたかった

➖ そこから転職という選択をされたのにはどのような理由があるのでしょうか?
印南:会社・個人ともに成長を感じていましたが、事業方針の変更もあり、今後クライアントの幸せに100%応えられるかもどかしい感情があり、自信を持って提案できるプロダクトに携わりたいと思ったからです。

➖ 実際にどのようなことを考えながら転職活動をされていましたか?
印南:自信を持って提案できるプロダクト、自分の強み・今までの経験を活かせる業界・企業フェーズ、心がワクワクするか、3つの軸をもとに転職活動をしていました。
カッコつけて言ってますが、自己分析と経験から判断しただけで、あとはIT業界の友人に何度も何度も相談した結果です。(笑)

ミッションに強く共感し入社を決意 きっかけは宮田さんのブログ

➖ 当時、SmartHRはどんな印象でしたか?
印南:当時、SmartHRは大型資金調達をしていて、急成長中のイケイケキラキラなIT企業だなと思っていました。
noteやカンファレンスでのSmartHR社員の登壇をみて、これだけ優秀な人がいればビジネスサイドは既に十分に仕組み化されて、「いま入社する理由はないな!」と思ったんです。
そんな時に、宮田さんのブログに出会いました。

※目次を抜粋

当たり前ですが、社内と社外は全然違うんだな!と思い、実態がどうなのかを確認したく、すぐ選考を受けたことを覚えています。
昔から業界の負や課題を解決することを仕事にしたいと考えていたため、「働く」という全ての仕事の土台を下支えするサービスだなとSmartHRの意義を見出せたこともあり入社を決めました。

第二次成長期の楽しさと難しさ 

➖ 「今、SmartHRに入社するべき理由」と題するとどんな答えになりそうでしょうか?

印南:一言で表すと「創造と破壊」ですかね。
いまのSmartHRは一定の基盤は整ったものの、これから更に拡大しないといけないフェーズです。一度作った仕組みも、今の組織では運用出来ないモノも沢山あり、日々試行錯誤してます。
こうした過渡期の企業で働くことは、キャリア形成の面でもプラスだと考えています。
理由はシンプルで組織や役割・ルールが急速に変化していくため、その環境に柔軟に考え・対応していくプロセスが個人の成長に繋がるからです。

➖ 実際、入社後いかがでしたでしょうか?
印南:想像していたより早いスピードで変化している!と感じています。
入社した昨年6月に比べ、全従業員数もインサイドセールスの人数も約1.5倍になりました。
私自身、入社して10ヶ月目になりますが、既に2つのチームに参画し、採用業務も関わっています。
現在は、SMB(101名以上~500名未満)領域において、商談数・有効商談数の担保+ウェビナー誘致をミッションに取り組んでいます。

自らバッターボックスに立てる環境

➖ SmartHRに入社して一番の魅力はなんでしょうか?
印南:繰り返しになりますが、第二次成長期であるSmartHRは変化がとても激しいです。
従来のやり方を真似しても、マーケットの変化や競合の台頭などで同じ成果を出すことが難しくなっています。
そのため、他社情報・事例を読む、業界の第一人者に会うなどさまざまな情報・リソースを活用して、各々がPDCAを回す必要があります。組織・事業の大小関わらず、こうした挑戦の数、その経験の幅と深さが、成長に繋がると思います。
今のSmartHRにはその環境があります。前回の記事にもありましたが、野田さんも自ら手をあげ、インサイドセールスの業務に加え、採用から育成、仕組み作りなど様々なPJに関わっています。

まだ、見ていない方はコチラ

決断した道を正解にすればいい

➖ 最後に、ここまで記事を読んでいただいた方々に一言お願いします!
印南:100%この会社だ!!!という意思決定ができたらハッピーだと思いますが、実際に入社しないとわからないこともあると思います。
その時のトレンドや知識・経験などで最適解が変わると思うので、個人的には、覚悟を決めたらその環境でやり切る、転職前に実現したかった目的の達成へ全力を尽くすことが新しいキャリアを形成する上でも重要だと考えています。

長文にお付き合いいただきありがとうございました!
少しでも、SmartHRに、インサイドセールスに、興味を持っていただけたら嬉しい限りです。
ぜひ、アナタのご応募をお待ちしております!
https://www.wantedly.com/projects/552063


株式会社SmartHR's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more