Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

3ヶ月で1000記事掲載!月間10万UU到達までのメディアストーリー by Kazuki Horisawa

―手探り状態からライティング業務開始

こんにちは。株式会社ヒュープロでマーケティングを担当している堀澤です。

主に、WEBメディアの運営と広告運用、コミュニティ運営の仕事をしています。

私たちは、士業と管理部門に特化した転職サイト『最速転職HUPRO』とオウンドメディア『HUPRO MAGAZINE』を主に運営しています。

今回は、私と週2日出勤のインターン生2名で運営している『HUPRO MAGAZINE』の裏側をご紹介したいと思います。

『HUPRO MAGAZINE』は去年の今頃は月に数記事ほどアップされる、よくあるとりあえず形だけのオウンドメディアでした。

しかし、転職を希望される方からはよくキャリアの相談を受け、よく考えるとWEB上に転職情報が少ないことに気づきました。転職情報サイトはたくさんありますが、士業や管理部門に関する転職情報は意外と少ないのです。

そこで、去年の5月ごろから、メインのエージェント業務と広告運用をやりながら、自分で2,000~3,000文字のコラムを1日に1本とりあえず一人で書いてみることにしました。

広告テキストを考えることはありますが、本格的なライティング業務は初めてでしたので、他のウェブメディアや個人ブログを読んだり、それこそ文章作成の本なども読み漁りながら、手探りでの執筆スタートでした。


―とりあえず1ヶ月やってみて

そして、日中はエージェント業務を行い、夜に一人で会議室にこもり1ヶ月で20記事ちょっと書きました。『HUPRO MAGAZINE』での掲載結果をアナリティクスを見てみると、

1ヶ月で12,492UU→13,117UU

んー、、、微増(笑)、5%アップというところですね。

5%アップを続ければ、1年後にはおおよそ2万UUに到達です。

やはり微妙、、、(笑)

でも、もし毎月20%アップができれば、1年で10万UUを達成です。

そう考えると、続けても良さそう!とも思ったり。

1ヶ月に20記事でUU数が5%アップだったのを考えると、毎月20%アップにするなら1ヶ月で4倍の80記事が必要で、それを1年続けるとすると、おおよそ1000記事が必要という計算になります。

でも、どうせ1年で1000記事書くなら、それを3ヶ月でやればその分早くUU数も獲得できるな。そう考えて、なら3ヶ月でやっちゃおうということで、さすがに一人で全て書くのは無理なので、すぐにライター予算を確保しました。

そこはベンチャー企業の強み、UUの微増を確認してから3日後には3ヶ月で1000記事を掲載するプロジェクトが立ち上がりました。

名付けて、1000本プロジェクト!!(そのままです。)


―1000本プロジェクト始動

予算を確保したのはいいですが、次はライターをどうするか?という問題です。

Twitter、Facebook、クラウドワークス、ランサーズ、Wantedlyで募集をかけて、1ヶ月で100人のライターに1記事ずつ依頼をしました。

1ヶ月目に上がってきた100記事分の原稿を、自分で校正して、1ヶ月目に100記事なんとか掲載しました。

この校正作業は始める前は甘く見てましたが、かなり苦労しました。簡単な手直しで済むかと思いましたが、やはりライターさんによって個性があったり、難しい題材もあったりするので、都度こちらでも調べたり、中にはほぼ書き直しの原稿もあり、本当に大変でした。

転職者さんの相談を受けたりなどメインのエージェント業務もあるので、バランスが難しいです。でも、『HUPRO MAGAZINE』の読者ターゲットは転職者さんやキャリアに悩まれている方なので、キャリアエージェントとしてそういった人たちの生の声を聞くことはとても大切な時間でした。

ときには、日中に転職相談を受けてその場での回答と共に、その日中に他に参考になりそうな内容の記事を書いて、お送りしたときはとても喜んでいただきました。 



―残り900記事

2ヶ月目に入り、1ヶ月目が100記事掲載だったので、やばいこのままだと2ヶ月で900記事かと絶望的になりながらも、とにかく続けるしかないので、1ヶ月目にお願いしたライターさんに継続でお願いできる人にはお願いして、より良いライターを求め、新たに新規で60名のライターに依頼しました。

校正作業を続けると、自分にもある程度のコラム内容の知識がついてきて、作業自体に慣れてきたのもあり、2ヶ月目になんとか500記事を掲載しました。

こちらで原稿校正したものを、インターン生が入稿するという流れでやっているのですが、最初の月はインターン生の入稿作業も1記事15分ぐらいかかっていたのが、翌月には1記事3分でできるようになっていて、慣れってやはりすごいなと思いました。

1度500記事をアップしてしまうと、3ヶ月目の400記事は余裕があるねとインターン生とも話し、でも余裕があると思うと人間は油断するものです。結局3ヶ月目は月末最終日になんとか400記事目をアップし、無事に3ヶ月で1000記事達成しました!

3ヶ月でトータル200名ほどのライターさんに協力してもらいましたが、関西に住む公認会計士さんや、沖縄に住む経理経験が豊富なライターさんなど、皆さん様々なバックグラウンドです。


そして、肝心なUU数ですが、1000記事プロジェクトが始まってから6ヶ月目で月間10万UU達成しました。記事がアップされたらすぐUUが伸びるかと思ったのですが、記事によってすぐ10位以内に掲載される場合もあれば、1ヶ月目は圏外で3ヶ月目に急に10位以内に上がってくるケースなど様々です。

中には思ったように掲載順位が上がってこず、そこからリライト方法を調べて、何回かリライトしてようやく上がってきたり、SEOは本当に複雑だなと思います。

でも、正解がない分、自分で仮説を立てて、それがその通りの結果になったときはなんとも言えない喜びがあります。勝手にそれぞれのキーワードで全国大会だと思っています。(笑)

一緒に手伝ってもらっているインターン生にも、SEOを基礎から教えて、今では立派なライターに成長しています。

現在は、例えば『会計 勉強方法』『税理士 初任給』などの検索ワードで1位を取り、他にも狙いたいキーワードで3位以内など上位を獲得しています。毎日、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを確認し、一喜一憂もありつつ(笑)

でも、圏外の記事が上位に来たり、SNSで記事がバスったり、その度にしっかりとチームで共有して、小さい喜びを積み上げていくことが大事だと思います。

10万UU達成後も継続して新規記事とリライト作業を行い、UU数も順調に伸びてきているので、今後はキャリアインタビューや企業への取材などももっと積極的に行い、さらに読みものとして魅力的なメディアになるように進めていく方針です。

露出を広げ、50万UUさらには100万UUを目指し、読者の存在を一番にメディアとしての価値提供を続けていきたいと考えています。


ー読んで下さったみなさま

現在、これからの事業拡大に向け、『HUPRO MAGAZINE』のメディア運営を任せられる社員と、さらに一緒に切磋琢磨し合える学生インターンのどちらも募集していますので、少しでも興味がある場合は、ぜひご連絡お待ちしています。一緒にWEBマーケターとして、業界No.1メディアを作り上げましょう!

株式会社ヒュープロ's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more