1
/
5

エンビジョンアンケート:採用のIT化が進まない、どうしたら良いのか?

・採用領域で進むIT化

採用領域でのIT化で代表的なものに「採用管理システムの導入」が挙げられます。近年多様な採用手法での人材獲得が行われる中で、Excelだけでは候補者を管理しきれないのが現状です。IT化を進めるためには、その重要性を知っていただくことが重要です。人事業務が煩雑になっている企業は、すぐにシステムの導入を検討することをお勧めいたします。

・ATSやCRMの活用について

ATSとはApplicant Tracking Systemの略で、選考に進んでいる候補者情報を一元管理するためのシステムです。面接前の応募者とのやり取りや、面接時の担当者からのフィードバックなど、あらゆる情報を一元管理でき、採用に関する情報を集約することで、採用分析を自動的に行うことが可能です。

またCRMはCustomer Relationship Managementの略で、応募前の候補者との関係構築管理に使用されます。選考前の候補者とのやり取りは長期間に渡ることもあります。ソーシャルメディアの候補者情報と連絡先リスト収集し一元管理することで、適切な機会が訪れたときに連絡を取り、選考に進めることができるようにします。

ダイレクトリクルーティングなど採用手法が個別化していく中で、様々な対応の履歴を詳細に残すことは、優秀な人材を獲得するための重要な要素となっています。

・総合的な人事データベースの活用

「なぜIT化するべきなのか」

それには大きく分けて2つの理由があります。まず一つ目はIT化することで、採用の事務業務を大幅に削減することが可能となり、採用担当者は面接や評価に集中することができます。

二つ目は、採用のデータ化によって感覚的だった採用を、数値化しビジュアル化することができます。採用データの蓄積は、企業にとって重要な資産となります。

最終的には、採用管理をはじめ、勤怠管理・人事評価・研修管理などの業務が全てデータ化され、総合的な「人事データベース」が構築されることにより、どのセクションでも有益な人事情報がリアルタイムで分析され、課題点を共有し活用することが可能になります。

【Envision】RPOサービスを展開し、採用コンサルとしてサービスを提供。職場環境は多様性があり、英語や日本語が飛び交っています。#リモートワーク を実施しています。

※採用・キャリアの情報交換や転職相談等カジュアルにお話ししましょう!ぜひお気軽に下記よりエントリーください。

Envision Co., Ltd.'s job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings