1
/
5

【代表 藤田が語る誕生秘話】Smart相談室は私の原体験から生まれました

―代表 藤田の失敗

どのような原体験だったのですか?

実は、私自身が、これまでのマネジメント経験の中で、色々な失敗をしてきたんです。
ビジョンを上手く浸透させられなかったり、自らが周りに対して厳しく接してしまったりして、離職率の高い状態を作り出してしまったり…。

そうした組織状態の中では、メンバーがストレスを抱え、不調をきたしてしまう…という当たり前のことを学習しましたね。
たとえ事業が順調に推移していたとしても、悩みを抱えたり、体調不良になってしまったりするメンバーもいるんですよね。

こうした経験は、Smart相談室のサービスを考えるにあたっての原体験となっていると思います。

―「メンタルヘルス」を取り巻く状況

そもそも、社会的に「メンタルヘルス」事情はどうなっているのでしょうか?

厚生労働省のデータによると、精神疾患の患者数は、平成14年に258万人、平成29年には400万人を超え、既に増加傾向にありました。
コロナ禍以前は、仕事や職業生活に関して、強い不安・悩み・ストレスを感じている労働者の割合が多く、2018年には、58%が仕事にストレスを感じていました。
そしてコロナ禍となり、仕事だけでなく、プライベート面でも、ストレスを感じる人が増えています。2020年には、51%がコロナに関する不安やストレスを感じており、その不安の原因は、「自分や家族の感染」「自粛等による生活の変化」「自分や家族の仕事や収入」となっています。

※厚生労働省のデータ
https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/karoushi/20/
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15766.html

このような状況に対して、何か対策は講じられているのでしょうか?

はい。政府は、メンタルヘルス対策および心の健康確保の対策として、ストレスチェック制度の導入、産業医面談の実施、ハラスメント窓口設置の義務化などを行いました。

企業側も、従業員をサポートする意識は高く、相談窓口の設置、ストレスチェックや産業医面談、個人のコンディションがわかるツール導入などを行っています。

実際に私も、マネージャー/経営者として、そうした施策の導入・運用に積極的に携わってきました。

実際に携わってみて、どうでしたか?

従業員のメンタルヘルスをサポートする目的で、「数値の悪化を確認する」「産業医との面談を設定する」といったことを実施したんですが、実は、もどかしさもあったんですよね…

―「メンタル不調」になる前に…

どんなもどかしさがあったのでしょうか?

立場上、オペレーションの構造上の問題もあるかもしれませんが…。
これまでに私やカウンセラーが対応したケースでは、既にメンタル不調に陥っていると思われるメンバーが相当数おり、面談時にも、時短勤務や休職、配置転換、負荷軽減などの対応策をイメージしながら話を進めるケースが多かったのです。

そこに至ってしまう手前の段階で、どうにか、何らかのサポートが出来ないか…?という想いが、Smart相談室のサービス開発に繋がっていると思います。

どんなサポートが必要だったと思いますか?

メンタル不調に陥ったメンバーの話を聞くと、当初は体調不良になるほどではなかったと言うんですよね。「ちょっとモヤモヤしたことはあったけど、相談するほどのことでもないし、相談しようとも思わなかった」と。

それが、何らかのきっかけでモヤモヤが複数になったり、その中の一つが大きくなったことで、いきなり体調が悪くなった、と多くのメンバーが言っていました。そして体調が悪くなった当初は、自分自身の調子が悪いこともわからなかった、と…。

さらに共通していたのは、「あのとき、モヤモヤを誰かに相談していたら、違っていたと思う」と話していたことです。
でも、実際は相談できないんですよね。そんな習慣も無いですし、どこに相談して良いかもわからない…。

そんな状態に対して、とにかく「相談に乗る」「話を聴く」ことが出来たら良いなぁ、と思ったんです。

―ちょっとモヤモヤしたくらいで話してみなよ、どんなことでも話してイイよ、まずは話を聴くよ

そんなときに話を聴いてくれるのがSmart相談室というわけですね

はい。私の原体験から発生している課題感を、Smart相談室で解決できたら良いなと考えています。

まだまだサービスとしては改善が必要な段階で、より良い価値を提供するためには、必要に応じてピボットすることもあると思います。しかしながら、私の思いは強く、Smart相談室を通じて、社会に新しい価値を提供し、ひとりでも多くの従業員の方が笑顔になるように、そっと背中を押していく、そんな活動をしていきたいです。

そのためには、協力してくださる方が必要ですね

そうなんです!開発(エンジニア)、Biz(セールス)、カウンセラーと、さまざまなポジションで採用活動をしています!

少しでも興味を持っていただいた方は、一度、私とお話してみませんか?ご連絡、お待ちしております!

株式会社Smart相談室's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings