1
/
5

【サックル 社員紹介vol.1】東京⇒鹿児島へUターン!サックルで活躍するエンジニア(PM)のキャリアをご紹介!

こんにちは。サックルPR 担当です。
ようやくはじまりましたWantedlyのストーリー記事作成ですが、初めてのエンジニア紹介は【東京】⇒【鹿児島】へUターン転職をした、今別府(いまべっぷ)さんをご紹介いたします!!

【今別府さんプロフィール】
・エンジニア/2018年4月入社
・鹿児島の専門学校卒業後⇒新卒として東京のIT企業へ就職、その後鹿児島に戻り、サックルへ入社。
・システムの新規開発からtoC向けのWebブラウザサービスの開発まで多岐に渡るサービスの開発・立ち上げを経験。
・現在は、鹿児島を活動拠点とし、PMとしてサービス開発業務を担当。


ーまずはじめに、入社のきっかけはどういった理由でしたか?

新卒で東京にあるメーカー系元請けのIT会社に入ったんですよね。

もちろん、新卒入社なので全てにおいてチャレンジだったのですが、新しい技術の導入に後ろ向きであったり、これまでの開発パッケージから形を崩すことをしなかったりと、社内を見ていて『なんでもっとこうしないんだろう・・』という思いが強くなり、心機一転して鹿児島に戻り、今度は中小・ベンチャー企業でエンジニアとしてのキャリアを築くことにしました。

ーなるほど。実際にサックルへ入社されてみて、入社前とのイメージのギャップなどはありましたか?

イメージのギャップはなかったです。現在、僕は開発エンジニアのPM/PLの役割を担当しているのですが、サックルという会社自体、新しい技術の導入にも積極的ですし、なんといっても対応のスピード感が早いですね。自ら『もっとこうした方がいい、この方向性の方がうまくいく』といったような提案もできる環境があって、それを受け入れて且つ任せてくれる体制は働きやすいと感じてます。

強いて言うのであれば・・代表の村井はエンジニアとしても営業としても活動しているので、『どうやって仕事とってきてるんだろう??』と思うことはありますね(笑)。

ーそうなんですね(笑)、PM/PLとしてプロジェクトを管理するにあたって気をつけていることはありますか?

しっかりと日々の進捗確認をして、あたり前にメンバーとコミュニケーションを取るということなので、特に自分では意識はしていないです。プロジェクトのメンバーは異なるオフィスに在籍するケースもあるのでzoomやSlackで日々連携しています。

会社全体としての動きも見るという点は意識していますね。プロジェクトマネージャー・リーダーランクのメンバーでは、隔週で全体ミーティングを実施して全社としてのプロジェクトを共有する場を設けているので、その場でしっかりと動きを把握しておくことで自チームのプロジェクトに活かすことができたりするので、他人の視点も取り入れることを心がけています。

ーエンジニアとしてのキャリアで大変だなと思うところはありますか?

問題だらけですよ、実際(笑)。サックルでは直請けの案件が多いので事例は少ないですけど、やっぱり『自分が関係のない範囲であっても対応を求められるところ』ですかね。開発業務って、設計~開発、テスト、実装、納品それぞれ関わるメンバーがいるのですが、クライアントへの納品後でもエラーが起きれば対応しなくちゃいけない仕事なので、そこは大変だと思います。

サックルは、さきほどお話ししたように直請けのクライアントが多いんです。なので、自分たちがフロントに立って、クライアントと折衝できる。もちろん、フロント対応も大変ではあるんですが、そこがやりがいにもなり得るので、楽しんで仕事ができてます。

ーありがとうございました。
・・・最後に休日ってオンオフのメリハリがついていますか?

ついてますよ。僕は休日、全力で家事をしてます(笑)。部屋の掃除とか・・好きなんですよね。

メリハリ付けて仕事した方が生産性も高いと思いますし、全体的に会社のメンバーは大半がメリハリ付けて仕事をしているんじゃないかと思います。いろいろとお話しさせていただきましたが、僕からするとサックルは働きやすく面白い会社だと思います!


株式会社サックル's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more