1
/
5

オランダ出身エンジニアのambition(大志)『ITを通して世の中に貢献する』


「自社サービスに携わり、1つの言語のプロになりたい」という想いで、WILLCOへjoinしたルトガーさん。

開発チームのメンバーにルトガーさんの印象を聞くと、

“提案力がある” “朝早い”

というワードが上がってきました。

そこで今回は、

・今まで数々の提案をメンバーや社長にしてきたルトガーさんから見た当社の提案の通りやすさ
・WILLCOの自由な勤務体制を利用してどんな1日を送っているのか

について聞いてきました!

それではどうぞ!!


プロフィール


名前:ルトガー・トワール
所属チーム:サービス開発事業部
出身:オランダ 
趣味:愛犬と遊ぶ・旅行
得意な開発技術:主にAWSとRuby
今後キャッチアップしていきたい技術:IoTや5Gに伴う世界の変化、ドローン技術


ロッテルダムビジネス大学にて、国際ビジネスやアジア貿易の研究をしていたルトガーさん。

大学在学中に上智大学へ1年間留学し、日本の文化や経済の研究について学びました。

卒業後は日本の一般企業へ就職した後、幼い頃から興味のあったプログラミングを独学で勉強。

そこから転職をし、SESエンジニアとして働きました。

SESではJavaでの開発やRPAツールの開発を経験し、その後Rubyを専門的に学び、現在は弊社のエンジニアとして活躍しています。




1.提案が通りやすくスピーディーな社風

今までに多くの提案をあげてきたルトガーさんから見て、
WILLCOは提案しやすい環境ですか?

ルトガー)メンバーはもちろん、社長にも提案しやすい環境が整っています。

他部署のメンバーも社長も同じフロア内にいるので、いつでも質問や提案ができます。

また、コミュニケーションツール“chatwork”でのやりとりで即解決することも多いです。

しかも話しやすい雰囲気で、物事が決まるスピードはとてもスピーディーです。

例えば、セキュリティリスクを考え、社内システムの二段階認証をミーティングで社長に提案したことがあったのですが、その場で採用されました!

前の職場だと、私がリーダーに提案してそこから課長や部長へといった段階を踏んでいたので、とても時間がかかりました。

なるほど!スピード感はベンチャーのWILLCOならではですね。

ルトガー)はい。あとは少し前になりますが、こんな提案もしました。

ユーザーがサイトのどのボタンをクリックしているのか、 どんなスマホをつかっているのか、 どんな国からアクセスしているのか、 どんなブラウザ(ChromeとかSafari)からアクセスしているのか、 ページのどの部分まで読まれているのか... などを組み込むヒートマップツール“Clarity”を導入した実績があります。

これは提案から2週間くらいでリリースすることができました。

△ヒートマップツールの画像


このヒートマップツールはサービスにも使える機能ですが、メディアにも有効な機能だと考えています。

特にリーガルジョブボードではオウンドメディアを展開して記事を公開しているので、開発チームがヒートマップを設置することで、記事のどの部分まで読んでもらえているのか?などの分析に有効です。




2.自由な勤務スタイル

ルトガーさんは『始業時間が一番早い』と社内で言われていますが、
何時に始業しているんですか?

ルトガー)8時です!

6時半には起きるので、スライド出社制度を利用して8時に始業しています。

早いですね!
ここで、ルトガーさんはじめメンバーたちが大いに活用している
勤務時間に関する制度を紹介します!

①スライド出社制度―8~11時の間に出勤開始・実働8時間勤務―

今の時代、フレックスタイムを採用している企業は多いと思います。

でもそれは、技術職や企画職などに適応されていますが、営業職で取り入れている企業は少ないです。

当社では、営業も他の職種も、すべてのメンバーに対してスライド出社制度を採用しています!

出勤時間はコアタイム(11~17時)を守っていれば自由なので、個々人によって、また日によって様々なようです。特別な申請の必要もありません。


②13時~14時 ランチタイム/16時~16時15分 ミニ休憩

基本の時間は決まってますが、各々の仕事の状況に合わせた時間にとります。


③TK制度(ちょっと休憩制度)

既定の休憩時間とは別に、最大1時間の休憩がとれる制度。

なんと月の使用回数に制限はありません!

こんな感じで会社のチャット上に報告するだけなので、気軽に使えます。


④有給休暇

申請は当日でもOK! (非常に取得しやすいです♪)


こちらの制度は“すべての「働く」を幸せに”という企業理念から、 
『メンバーたち自身にも働く幸せを感じてほしい』という想いで、
つくられた制度の一つなんです。

ルトガー)自分に合った時間で、プライベートの時間もしっかり確保して働けるのでとても気に入っています。

入社してすぐでしたが、結婚式の前撮りの際に、急なお休みを1日いただくことができました。

休日の取得についてはとても自由で、他のメンバーも『子供の病院にいくので』と急な休みを取得していました。

休日もメンバー同士で協力し合い、気持ちよく取得できる雰囲気があります。




3.ルトガーさんの一日の流れ

制度を利用して時間を有効活用させているルトガーさん。
そんなルトガーさんの『あるリモートの一日』の流れを見てみましょう!

《リモートの一日》

8:00 始業

8:00~8:15 メールチェック

~9:15 他の開発チームのメンバーのレビュー

9:30~11:00 自分のタスク

11:00~12:00 開発ミーティング(それぞれのタスクの共有や自分で勉強していることを共有します。)

12:00~13:00 ランチタイム(奥さんと一緒に作って食べます。今日はすき焼きをつくりました。)

13:00~16:00 自分のタスク

16:00~16:15 ミニ休憩

17:00 終業


ルトガー)終業後は愛犬と散歩に行ったり、勉強して過ごします。
17時に終業できると終業後の時間もゆったりできてとても良いです。

△ルトガーさんの愛犬




4.エンジニアとしての仕事に対する想い

では最後に、仕事に対する目標や想いを教えてください。

ルトガー)私のambitionは「ITを通して世の中に貢献する」です。

私のやりがいは、エージェント・お客様のために役に立つ機能を作ることです。

毎週の月曜日はリリースがあり、エージェントたちから、開発チームが追加して実際に役に立った機能の報告があります。

自分が作ったものが役に立ったと実感できることは、何よりものやりがいです。

次は何を作ったら、『ユーザーが増えるのか』、『エージェントの時間くをもっと効率的にできるのか』についていつも考えています。

今後の目標は、“私たち開発チームが作ったもので売り上げをあげる”ことです。


有効な提案ができるようこれからも学び続けていきたいです!





【リクルートサイト↓↓】


【併せて読んでいただきたいストーリー↓↓】

株式会社WILLCO's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more