1
/
5

【メンバー紹介】私が、株式会社ディーメイクを創業した理由

代表取締役/中村彰宏

はじめまして。中村彰宏と申します。

私は2015年に株式会社ディーメイクを創業し、立ち上げ当初から、代表取締役を務めております。

そもそも、株式会社ディーメイクとはどんな会社かご存じない方もおられるかと思いますので、簡単に説明をさせて下さい。

株式会社ディーメイクとはどんな会社?

私たちは、下記3つの軸で事業を展開しています。

①SES(システムエンジニアリングサービス)

②ビジネスチャットMattermostの導入サポート

③自社のシステムテンプレートの開発・販売

株式会社ディーメイクの採用/求人一覧 - Wantedly株式会社ディーメイクの採用・求人募集を掲載中。職種や採用形態からあなたにあった募集を見つけることができます。募集では「どんなことをやるのか」はもちろん、「なぜやるのか」「どうやるのか」や実際に一緒に働くメンバーについて知ることができます。https://www.wantedly.com/companies/company_6372758/projects

元々は、私自身が、ニフティ株式会社やソフトバンク株式会社、株式会社リクルートなどのシステム開発に関わっていたことをきっかけに、大手企業様の案件を複数頂くようになりました。

現在は上記3つの事業軸ですが、今後はさらなる挑戦を考えています。

詳細は、後ほどお伝えしますね。

35歳の時に、株式会社リクルートの案件を個人で受注

私はシステムエンジニアとしてキャリアをスタートさせ、20代後半からは、PL(プロジェクトリーダー)やPM(プロジェクトマネージャー)を任されるようになりました。

通常、マネジメントは30代にならないと任せてもらえないケースが多いですが、20代からマネジメントの経験をさせてくれた環境には感謝しています。

特にソフトバンクのシステム統合プロジェクトにPM(プロジェクトマネージャー)として参画させて頂き、無事に成功という結果を出せたという経験は、自身の経験の中でも自身のスキルに自信を持てるようになったプロダクトでした。

このような経験や自信を元に、35歳の時から個人活動するようになり、株式会社リクルートの案件を受託したり、個人のスキルを信用して大きな案件を任せてもらえた事は、貴重な経験になっています。

そして、今でも案件を任せ続けてくれ、リクルート社内のプロジェクトのリーダーにも任命してもらっています。

私が大事にしていること

プロフィールにも記載していますが、私はバランスというものを一番大事にしています。

バランスは数値化できるものではないですが、自分が心地良いという感覚は非常に大事だと考えています。

人間は安心できる環境や、心の拠り所があるからこそ、思い切って挑戦できると思います。

経営者としては、社員の働く環境を整え、個人が挑戦できる土台を構築する事が仕事だと思っています。

また、日本では、少子高齢化や経済が成熟している現状があり、決して、高度経済成長期のような経済が成長し続ける世界が来るとは考え難い状況となっています。

しかし、環境を嘆いていても、状況は好転しません。

私たちは、環境や人のせいにせず、切磋琢磨できる仲間と、成長していきたいと考えています。


株式会社ディーメイクの魅力

エンジニア個人を尊重し、エンジニア自身が成長して価値を生み出す環境を整え、それを正当に評価している会社だと思います。

弊社の給料の評価はスキルシートベースで評価を行っているため、エンジニアは、スキルが上がらないと給料も上がっていきません。

スキルアップのための勉強はまずは個人での努力が不可欠だと考えていますが、個人の努力では解決出来ない、試せたり実践出来る環境が必要なものもあります。

例えば、弊社では、AIに関するディープラーニング専用マシンを300万で導入し、エンジニアたちが、トレンドのスキルを身につけるために必要なマシンにも触れられるような環境を整えたりしています。

正直、300万円のマシンを導入しても、直接的にすぐに売り上げに繋がる訳ではありませんし、エンジニアを取り巻く環境は刻一刻と変わるので、システムやマシンへの投資が無駄になる可能性もあります。

しかし、エンジニアがそのシステムやマシンを使って新しい商品を開発したり、スキルアップすることにより、結果的に全員が幸せな状態になると考えているので、エンジニアやシステムへの投資は積極的に行っています。

また、エンジニアが「どのようなスキルを向上させていきたいのか?」という内容のヒアリングを定期的に行い、個人で努力しているエンジニアには、会社としてそのスキルを生かせるような仕事や環境の提供をしております。

合わせてその努力を正当に評価するスキルシートを運用しており、定期的にスキルの棚卸を行うことで、エンジニアの将来を一緒に考え、一緒に成長していける仕組みを整えています。

この辺りが、リクルート社など大手企業様が継続的に仕事を依頼してくれる要素でもあるかと思います。

今後の展開

現在は、SESを中心に事業を展開していますが、今後は、自社商品の開発販売、AI事業の立ち上げ、AWS事業の立ち上げ、海外事業所立ち上げ、社員のグローバル化などを検討しています。

新型コロナウイルスの影響で、海外の状況は再度リサーチが必要ですが、エンジニアが働く場所を選ばず、より自由に力を発揮できる環境を整えていく方針です。

こんな人と一緒に働きたい

現在は少数精鋭の経験者のエンジニアたちが活躍していますが、20代の若い世代への技術の継承や、共に会社を成長させてくれる仲間を増やしていきたいと考えています。

エンジニアの業界は、日々新しい技術が開発され、常に成長し続けないと取り残されてしまう厳しい世界でもあります。

その中で、エンジニア個人のスキルを伸ばしてあげる事は、経営者としての重要な役割だと思います。

将来に不安を抱える20代の若手も多いのが日本の現状で、そんな若者の為に、最先端の技術を取り入れながら、共に成長できる人を求めています。

そして、与えてもらう事を当たり前に思わず、自分から与えるスタンスで働ける人を求めています。

正直、多少のスキルは後でも身に付けられますが、マインドの部分は個人の主観も大きく影響するので、私たちも大事にしている部分になります。

私たちの想いに共感して下さる方は、気軽に応募してみてください。

皆さんからのご連絡、お待ちしております。

株式会社ディーメイク's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more