1
/
5

【アガルートの社員を紹介します】Vol.17~SEOチームの最初を知る人~

アガルート人事がお送りする社員紹介もいよいよ17人目。

今回はSEOチームの立ち上げメンバーの方にお話を伺いました!

人事の鹿沼も一時期SEOチームに所属していましたが、大変お世話になりました。

立ち上げ時のお話も含め是非ご覧ください!

=======================

【まずは自己紹介をお願いします】

2019年11月に入社しました。

入社してまだ2年半経っていないのですが、昔のことを聞かれるようになってきました。

カービィと中東の雑貨、食べることと飲むことが好きです。

現在はコンテンツチームでコラム作成に係わる業務を主に担当しています。
よろしくお願いします。

【アガルート入社前はどんなお仕事をされていたんですか?】

最初は医療介護福祉系の人材紹介会社で営業事務職に就きました。

その後、就職ノウハウ系、美容・ヘルスケア系の領域のウェブライターへ転職。

直近はウェブ広告代理店だったのですが、コンサルのようなかたちでまるっと商材を引き受けていたため、広告記事やメルマガ、ウェブページ、製品説明、同梱物の冊子等々、必要な文章をほぼ作成している感じでした。

【まずは、なぜ転職しようと思ったのですか?】

職場の環境が大きく変わり、営業職へ転換されることが決まったからです。

何度か説明があったのですが強い不信感を抱かせるものだったので辞めました。

営業事務は壊滅的に向いておらず、ひたすら文章を書き続けるライターもしんどかった。

でも前職は薬機法や景表法などの制限があるなか、求められる訴求に合わせて文章を作成したり、LPや同梱物がどんどん形になっていくのを見るのが楽しかったので非常に残念でした。

【金子さんが入社した時はまだ会社としても若かったと思いますが、どのようにアガルートを知ったのですか】

人材紹介会社からの紹介でした。

それまで教育業界と関わったことがまったくなかったこともあり、求人を紹介されるまで全く知りませんでした。

教育業界やテキスト制作の世界を全然知らなかったので、入社後はオフィスに紙の本がたくさんあることや、「インプット」「アウトプット」など知ってるけど使ってこなかった言葉が飛び交っていて「違う世界にきたんだなぁ」としみじみしました。

【なぜアガルートに興味を持ったのですか?】

正直あまり覚えていないのですが…

これまで教育などの「お硬い」イメージの商材を扱ったことがなかったので、どんな違いがあるのかな、と興味をもった記憶はあります。

【入社の決め手は??】

内定をいただけたからです。

私、絶対避けたいこと以外はとりあえずやってみてダメだったらそれはそれでいいや、という感じでして…

ただ、タイミングもあったと思います。

アガルートの面接を受けた当時、制作会社のライターの最終面接の結果を待っている状態でした。

ただ、制作会社に入ると、担当する領域が狭くなるので、そこが少し懸念でした。

そんな制作会社の結果待ちの間に、アガルートの面接を2回受け内定が出たので、それなら幅広く経験できそうなアガルートで決めちゃおうと。

【入社して最初はどのような仕事をしていたのですか?】

これももうあまり覚えていないのですが、

・Newsを作成してSNSにアップ
・メルマガの作成・送信設定
・特定の試験種の講師の方にコラム作成依頼
・当時の新試験種(メディカル・ネイル等)の他社HPや商材の要素まとめ
・HPのディスクリプションが全く入ってなかったので最低限入力
・電話応対

などをおこなっていた気がします。

【入社して、どんなことが大変と感じましたか?】

最初は、商材理解が大変でした。

とくに、私が入社した頃は電話でのカスタマーサポートもおこなっており、電話を受けてから調べる状態だったのでいつも焦燥に駆られていました。

私はそもそも電話応対が苦痛で、しかも電話代をいただいて待たせている状態なので余計に申し訳ない気持ちになっていました。

HPのどこに情報があるのか、HPにない情報であれば誰が詳しいのか、そういったことを少しずつ覚えていきました。

いまはBtoCの電話応対がなくなり、しかもリモートなので電話に出ることはないですが、私はどんなことも継続していないと忘れてしまうので不安、というジレンマを抱えています。

【現在任されている仕事について具体的に教えてください。】

現在は、コンテンツチームで

・コラムを作成するキーワードの選定
・コラムの構成作成、それにかかる情報収集
・講師や外注ライターへの依頼、修正依頼、監修依頼
・WordPressでのコラム公開作業
・リライト作業
・数値測定
・HPのNews作成、公開

などが基本業務となっています。

その他、依頼があれば講座ページ用の文章を作成したりもしています。

【アガルートに来て身についたスキルや思考方法があったら教えてください】

スキルや思考方法とは異なりますが、費用がかかることでも言ってみるとOK出ることが多い会社だなと思います。

これまでいた会社は費用や時間がかかるものは却下されてきたので…

例えば、クラウドワークスやランサーズなどを用いて外注ライターを利用することを許可していただいたり、タグを使用せずに入稿できるようコラム用のWordPressを導入したり、WordPressへの入稿作業は外注さんにお願いするようになったり…ミエルカも利用しています。

無意識に諦めていたことがあったんだなと最近自覚し始めたので、自分でそこに気づけるようになるといいなと思っています。

【アガルートには個性的なメンバーがたくさんいると思いますが、金子さんにとってどのような方々ですか?】

本当に個性的な人ばかりだと思います。

物怖じしない人が多くてあやかりたいです。

【フルリモートで働かているかと思いますが、どうやってマネージャーやチームメンバーとコミュニケーションしているんですか?】

チャットでのコミュニケーションがメインです。

週1回定例でmeetを用いてチームMTGをおこない、情報共有をしています。

また、チャットだとニュアンスが伝わりにくい、画面共有した方が早いときなどは、適宜通話やビデオ会議を用いています。

個人的に、聞きとるよりも読むほうが理解でき、ログも残るので助かっています。

【現在の働き方は?】

リモート勤務で基本的に平日5日間、1日8時間働いています。

ただ、コアタイムすらなくなり、土日祝も会社がやっているので、用事があれば早めに退勤したり、3連休を取るために別の土日に働くなど、かなり自由度が高いです。

早めに退勤してすいている平日夕方の美術館に行ったり、定時の早い友達に合わせて飲みに行ったりもしています。

【SEOチームの初期メンバーだったかと思います。当初を振り返り今何を感じますか?】

実は、SEOのためにコラムを本格的にやろう、となった時期はちょうどコロナ禍と重なっており…

なので、コラムを作成するために何が必要か、どんなフローにするか、どう共有シートに落とし込むか、といった煩雑なことを、不慣れなリモート勤務で決めていった記憶があります。

また、当時の通常業務も平行しておこなっていましたし、リモート勤務にあたり業務の振り分けなど様々な変更があったり、一緒に進めていた上長の退職が決まっていたりと…

「とにかく早くして」と追われているようでした。

今思うとパニック状態だったと思いますが、あのときは必死でそんな自覚もありませんでした。

当時に比べると、いまは根拠や理由付けをしっかりしながら作業ができる環境になったと思います。

ちなみに、当時はこんなにコンテンツの規模が大きくなったり、しっかり継続していくなんて思ってもなかったです。

【今現在のメンバーと、チームの雰囲気について教えてください】

現在は、リーダーを中心に7名で業務を進めています。

基本的にリモートで、個々に作業を進めています。

質問すれば丁寧に教えてくれますし、ちょっとした疑問なども発しやすいです。

【個人の今後の野望や目標について教えてください】

必要に応じてできることを増やせたらと思っています。

【最後に、この記事を見ている求職者の方へ一言お願いします】

もし、求人内容のすべての条件を満たすか自信がなくても、アガルートに興味があればぜひ問い合わせてみてください。

誰でもこれまでの業務内容によって、経験に凹凸があります。

とくにマーケやライターという職種は、会社によって業務範囲や内容が大きく異なります。

募集に完全にマッチする人なんてそういません。

マッチしない部分はすり合わせていけばいいだけです。

これはキャリアコンサルタントさんに言われた言葉なのですが、本当にその通りだと思います。

アガルートはこういった対話に積極的ですので、気軽に問い合わせしてくださいね。

=======================

いかがでしたでしょうか。

SEOチームの仕事共に、立ち上げ時の苦悩についても語っていただきました。

立ち上げ時の苦悩が改善されているというのは、やはり素晴らしいことですね。

また、しっかりフルリモートも活用されており、まさにライフワークバランスの質を高めていましたね。

アガルートは個々人のパフォーマンスの最大化を常に頭に入れております。

興味のある方は是非応募してみてください!

株式会社アガルート's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社アガルート
If this story triggered your interest, have a chat with the team?