1
/
5

インターン生インタビュー:大手外資系企業から内定をもらえました!!

Aitemのインターンでは、日本全国のみならず海外から働いている学生も多いです。大学生に加えて、大学院生や社会人のインターン生も受け入れています。

そのインターン生の中には、Aitemでの経験を活かして外資系企業からの内定を勝ち取ったり、内定後に実務経験を積んで外資系企業で役立てたりする学生もいます!

今回はそんなインタビューを2つをご紹介します!

Aitemのインターンを卒業後、大手外資系企業に内定したH.Hさん

なぜAitemでインターンをしようと思ったのかを教えてください!

大きな目的は社会経験を積むことでした。大学院に進学したものの、将来やりたいことなどは具体的には決まっておらず、今後のことを考えるためにインターンを経験したいと思いました。


目的は達成されましたか?

はい!しっかり達成できたと感じています。一連の流れを自分で体験でき、「働くとはどういうことなのか」「社会がどのように回っているのか」ということを理解できました。インターンの募集で「裁量権がある」「色々な業務にチャレンジできる」といった文言をよく目にしますが、Aitemの環境は別格です。

マーケティングを実践的に学び、自分が作ったSNSのアカウント1つからビジネスを展開させていくことができたという成功体験は、とても自信になりました。


他に変化を感じている部分はありますか?

コミュニケーション能力が上がりました!!元々コミュニケーション能力に不安はありませんでしたが、今考えるとコミュニケーションに対しての認識が全然甘かったと思います。入社前は自分の言いたいことばかりを話していたり、相手への配慮が少なかったように感じます。

ですが、業務を通して相手の話を聴くということがどれほど大事かを学び、まず聴くという習慣がつきました。相手の話を引き出せば引き出すほど会話は盛り上がりますし、そうしてお互いに心を開き合っていくことで相手に寄り添った提案ができるのだと学びました。


大変な状況でも明るく前向きなオーラ全開でしたが、なぜ踏ん張れたのですか?

できていることに目を向けるようにしていたというのが大きいと思います。ここまではできているのだからもう一踏ん張りだ!と自分を奮い立たせていました。また、会社の空気感や上司の言葉も大きかったです。同じ目標に向かって頑張っていこうという一体感がとても好きでした。

上司が「みんなに成功体験を積んで欲しい。どうにか成果を出させてあげたい」と日々口にしていて、忙しい中でもじっくり相談に乗ってくれたりアドバイスをくださったりしました。一人一人の成長に真摯に向き合ってくれる環境が、「もっと成長したい」「頑張りたい」という気持ちにさせてくれました。


今、何かうまくいっていないことがある人に伝えたいことはありますか?

小さい成功体験を積むことが本当に大切だと伝えたいです。「自信」は自分がやってきたことの積み重ねからしか生まれません。今までこれだけのことをやってこれたのだから大丈夫、と思えるようチャレンジを繰り返し、成功体験を積むのがお薦めです。そして「成功体験を積みたい!」という方にはAitemの業務は最適だと思っています。

メンターや先輩方とのミーティングや仕事を行っていく上でのマニュアルは充実していますが、言われたことをただやるという業務はほとんどありません。教わったことを元に自分の頭で考え、行動するからこそ一つ一つの「できた」が確実に自信に繋がっていきます。


Aitemでの経験や成長で就活に繋がる点はありましたか?

大いにあったと思います。就職活動をしていく中で、面接官の方との会話がとても盛り上がりました。それは紛れもなくAitemで聴く力を鍛えることができたからだと思います。

目の前にいる面接官の方は「どういう話がしたいのか?」ということを、「まずは聴く!」という意識で会話を進めていくと、毎回とても盛り上がりました。行きたいなと心から思える企業から内定をいただくことできましたし、他にも魅力的な企業から内定をいただけたのはとても嬉しかったです。

Aitemでインターンをしていて本当によかったです!


最後に今後の展望を聞かせてください!

明確なゴールは決まっていませんが、人に良い影響を与えられる存在になるために、自分に最大限の実力をつけていきたいです。自分が良いと思ったことを共有することで人の役に立てるのはとても嬉しいと感じています。

Aitemで学んだWebマーケティングの知識や、これから就職する会社で学ぶことを活かし、社会にポジティブな影響を与えられるよう走っていきたいと思います!



春から大手外資企業のセールスとして入社することが決まっているIさん

インターンをやろうと思ったきっかけを教えてください

自分を変えたいと思ったからです。

大手外資企業に行くことが決まった時も他人から「学歴で大手いけたんでしょ?」「大学入学当初から色々やってたんでしょ?」とよく言われたのですが、そんなこと全くないんですよね。大学3年生になるまでの自分は、サークルにいって、アルバイトをして、遊んで、といった典型的な大学生でした(笑)。

「このままではやばいな」「将来やりたいことも何もないな」

と、就活に漠然とした不安がありました。そんな自分を変える方法として、自分が通用しない環境に身を置けて実際の企業で就業体験ができる長期インターンって、めちゃくちゃいいなって考えるようになりました。そこで長期インターンをすることを決意しました。


インターンの経験を通してどう変化しましたか?

自分でも実感するくらい成長したなって感じます!最初はもちろん、どの業務をするにしてもうまくいかず、本当に結果がでなくて辛い日々も過ごしました。しかし、大学生活でぬるま湯に浸かっていた僕からしたら、かなり刺激が強く、長期インターンを通して自分を変えていこう!そのために努力をしていこう!って思えました。

「長期インターンの経験がなければ、大手外資企業に就職は絶対あり得なかった。」

これは本当に断言できます(笑)。というのも、就職活動でも長期インターンの経験が評価されていたからです。「目標達成への執着」+「振り返りの質」この2つの部分は特に評価されたと思いました。

具体的に長期インターンを通して、目標数字をどのようにしたら達成できるのか、PDCAサイクルを回して達成できるまで行動しては考えるをとにかく繰り返していました。また、全てに対してなぜ上手くいかなかったのか?を自問自答し続けた結果、「思考力」「行動力」これらの力がとても身につきました。


外資系企業の内定後に感じた英語の重要性

社内の企画書が全て英語、内定式や入社後研修が英語、社内TOEIC平均が900点くらい。社会人になってからこんなにも英語が必要なんだってことを本当に知りませんでした。

「Aitemのインターンは英語にも触れられる」

Aitemのインターンでは、実際の英会話レッスンに出させてもらえることも魅力の点の一つです。また、英語が話せるようになるメカニズムを学べたり、英語が堪能な他のインターン生から色々聞けたりと、英語学習者の僕にはもってこいの環境でした。

英語が話せることで就活の際に、選べる選択肢が増えるんだってことも実際に肌で感じていました。


Aitemのインターンのどんな部分がオススメですか?

ズバリ、自分次第で圧倒的に成長できる所です!Aitemのインターンでは、インターン生が自ら目標を立てて、うまくいかない時はなぜうまくいかないのかを振り返っては仮説を立てる。このようなことを当たり前のようにみんながやっています。

この環境に身を置いてからは、自分も当たり前のようにそれらができるようになるために成長したいと思いました。とにかくひたむきに努力し、自分の当たり前の基準が上がった感覚です!

また、Aitemのインターンの良いところは、「自分がやりたい!」といったことをやらせてくれる環境が整っていることです。上手くいかないときに相談に乗ってくださる社員さんもいて、自分次第でどこまでも成長できる環境だと思います。なので、成長したい人や、やりたいことがある人にはめちゃくちゃおすすめです!


インターンを始めたいと思う人に向けて一言お願いします!

最初は、うまくいかないことも多いしインターンを始めること自体が不安だと思います。でも、何かを始めようというその小さな一歩が、後から見ればものすごく大事な大きな一歩になることもあります。まずは一歩を踏み出して、頑張っていきましょう!

外資系企業にも通用する実力がつくインターン

いかがだったでしょうか?Aitemでは、就活対策をしてあげるためにインターン生を募集しているわけではありません。目にみえる結果を出すことに力を入れています。だからこそ、十分な実力がついて結果的に就活でも活かせるのです。

株式会社R's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社R
If this story triggered your interest, have a chat with the team?