1
/
5

創業ストーリー#3 変化すべき日本企業

創業時の想い#3 変化すべき日本企業

日本企業の「制度」や「風土」で違和感があるとすれば何でしょうか?

約30年前、
テレビCMで話題になり、その時の流行語のノミネートされたのが、
栄養ドリンクの「リゲイン」のCMで、
スーツを着た多数の男性の「24時間戦えますか」と言うメッセージ。

当たり前ですが、今はそんな時代ではありません。

・入社後に気づく風土面でのミスマッチ
・様々な問題であるハラスメント
・過干渉な管理型マネジメント
・石の上にも3年という思想
・働くことでのメンタル不全

人・組織の「働く」ということに関して、
多数の問題がある現在ですが、
一つ一つと向き合っても、なかなか解決できません。


これらが起こる問題の根本は、個人と組織の関係性にあると思います。

30年前を筆頭に今までは、
「組織」が偉くて、「個人」が従属する
という関係性でした。

一方で、「人」こそが資産であるこの時代において、
「組織」と「個人」は従属ではなく、対等になっています。

この「対等」だという感覚を、
組織やマネジメント層が心から理解しないと、
大きく変わっていけません。

しかし、「組織」が偉くて、「個人」が従属する
で育ってきた人は、既得権益もあり、
なかなか変わることが出来ません。

今までの当たり前を、大きく変容するために何が大事か。

その一番のキーに対して、一石を投じ、
真正面からぶつかるために、
我々は、タブーに突っ込めるベンチャー企業として立ち上げ、
今に至っています。

「組織」というものに対する問題意識を、ぶつけてみませんか?

株式会社NEWONE's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more