1
/
5

成長している姿を見せていきたい【社員インタビュー#03 開発エンジニア 大桶夏津】

各領域のプロフェッショナルが集まったエーアイセキュリティラボ。それぞれのメンバーの想い、事業や社会への向き合い方、エーアイセキュリティラボだからできることについて語ってもらう連載企画。

第3回は、新卒採用1人目として2022年4月に入社したばかりの開発エンジニア大桶さんにインタビューしました。入社動機、会社の雰囲気や意気込みなどを教えてもらいます!

入社の決め手は「いい意味で緩い雰囲気だったこと」

ーー大桶さんがエーアイセキュリティラボに入社した経緯を教えてください。

 就職先を探している中でセキュリティに興味が出てきたので何社か見ていたところ、たまたま当社でインターンをさせていただくことになったのが直接のきっかけです。インターンはフルリモートだったのですが、オンラインで直接やり取りしていたのが関根さんと安西さんでした。お二人と話していて、雰囲気がいいなと思ったことが入社の決め手となりました。

ーー雰囲気がいいとは、具体的にはどんなことでしょうか?

 接しやすくて、いい意味で緩いところが良かったです(笑)。学生時代も緩い雰囲気の人が多い環境で過ごしてきたので、すごく馴染みやすかったですね。

ーー確かに、ガツガツしている人はあまりいないかもしれないですね(笑)。その中でも、社長の青木さんはよく喋るしガツガツタイプかなと思うのですが?

 青木さんは確かにご自身でも良く喋るタイプとおっしゃっていたのですが、すごく気にかけてくださって、近づきがたい感じは全くないしプレッシャーを感じたこともないです。あ、でも入社式(注.オンラインで実施)で会社が目指すところをお話されていたときは、その熱量に圧倒された覚えがあります。

ーー入社後、思っていたのとイメージが違ったな、ということはありましたか?

 正直全くないです。インターンのときにある程度やり取りをしていたということもあるかもしれませんが、当時感じていた通りの雰囲気のままでした。

自分にとってベストな選択ができた

ーーエーアイセキュリティラボの価値観・特徴を6つのキーワードで表現していますが、大桶さんが一番共感できるものはどれですか?

 「時間や場所に縛られないこと」ですね。自宅でリモート勤務をしているので、集中して作業することもできますし、聞きたいことがあればすぐに聞ける環境(SlackやZoom)を用意してくださっているので、自分にとってベストな環境だったなと思っています。

ーーベストと言ってもらえて良かったです。他に選ぶとしたらどういうキーワードがありますか?

 働く環境に恵まれているという利点を活かして、「とにかく早く動く」「最初から最後まで責任を持つ」ということをテーマに仕事をしていきたいので、その2つです。

 先輩方がプロダクトを進化させていくスピードがとても速いので、自分も追いつけるよう日々勉強しています。今はまだ研修期間なのですが(4~6月は研修メイン)、研修のなかで設計からテストまで一通りカリキュラムを組んでいただいているので、最初から最後まで出来るようになりたいと思っています。

成長している姿を見せていきたい

ーーまだ研修の最中だと思いますが、何か苦労したエピソードはありますか?

 今のところは特にないです。研修中なので、成長することと成長していることを見せることは意識していて、自分がどこまで学習したか、習得状況は日報で詳細に発信するようにしています。

ーー開発で苦戦しているというコメントを見た気がするのですが

 そうですね、クローラー開発は苦戦中です(笑)。研修課題の集大成としてWebサイトのクローラーを開発しているのですが、当初思っていた仕組み以外にも色々と取り組まなければいけないことがあることに気付きました。そのあたりは、今後ブログに書いていきたいと思います。

ありがとうございました!お客様との会議に積極的に参加したり、オンライン会議中に笑顔で相槌を打っていたりと、エーアイセキュリティラボの一員として着実にその存在感を増している大桶さん。これからの活躍を楽しみにしています!

株式会社エーアイセキュリティラボ's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社エーアイセキュリティラボ
If this story triggered your interest, have a chat with the team?