1
/
5
Web Engineer
Mid-career
on 2022-01-05 220 views

本質的な顧客課題を深掘りする、それがDIGGLEエンジニアです

DIGGLE株式会社

DIGGLE株式会社 members View more

  • 予実管理のクラウドサービスDIGGLEを開発する、DIGGLE株式会社の共同創業者・取締役CTOをやっています。

    小学生ぐらいの頃初めてPCを手にした際にチャットに没頭しており、当時そのチャットサービスに脆弱性があり、あるhashを付けて特定のリクエストを投げると参加者を強制退室させられることができるというものでした。IE5.5で「ソースを見る」からコードを独学で習得し、最終的に自分用にクラッキングツールを作ったりしていました。その後、フリーソフトを配布するサイトを運営したり、デスクトップアプリケーションに興味を持ちゲームを作ったりしていました。

    大学〜大学院では数学を専攻し、研究室...

  • Java、C#などのサーバサイドの開発業務を10年あまり経験。
    2015年頃からPL業務を兼任する事が多くなり開発業務から遠ざかっていたが、エンジニアとして再度挑戦したくなりDIGGLEへ転職。
    フルスタックエンジニアとしてバックエンド、インフラ、フロントエンド全部やってます。

    技術面の経験としては、以下となります。
    ◆Frontend
    - vue.js
    - React
    - jQuery (Knockout.js)

    ◆Backend
    - Ruby on Rails
    - java (Spring4, JAX-RS, Seasar etc...)
    - C#
    - Node.js (expr...

  • 簡易自己紹介(詳細は下部に記載しています。)

    現職は組込み系SESエンジニアです。業界3年目大卒27歳です。
    11月からweb系のスタートアップ企業で働きます
    経歴
    (2018/07~現在) 建設機械に組込む通信端末アプリの実装、テスト
    (2017/07~2018/06) 建設機械に組込むモニタアプリの実装、テスト
    開発経験言語はC++, C言語です。

    Web系企業への転職を考えています。
    転職用ポートフォリオ(Ruby on Rails)
    プロジェクト管理ツール
    https://secure-reef-34800.herokuapp.com
    ソースコード
    https://git...

  • 大学を卒業後、大手のメーカー企業に就職しモノづくりの基礎を学びました。
    その後転職をし、現在株式会社DIGGLEにお世話になっています。
    小さな失敗を積み重ねて良いものを作っていくことが好きです。

    スキル
     プログラミング
      C++:
    学生時代に研究のシミュレーション、アルバイトの建築用2dCADの開発支援などで用いていました。特にアルバイトでは、大規模なプログラムの改修を行うことができたため、実務を通してオブジェクト指向の利点や課題を学ぶことができました。
      JavaScript:
    就職してからWEBアプリケーションを個人で作成したいと思い、学んできました。昨年にはTypeSc...

What we do

  • 実際の画面ショット

---------------------------------
▼事業内容
---------------------------------
「経営の意思決定サイクルを速くする」というビジョンのもと、社内の情報流通の在り方を変え、スピーディーな意思決定を支援するクラウドサービスを開発・提供しています。

ほとんどの企業では、予算と実績を管理するために、煩雑なエクセルのシートを組み、日々"なんとかやりくりしている"のが現状です。この点は単なるエクセルの問題と見られがちですが、煩雑なエクセル管理、またはそれに起因するミスによって、「経営の意思決定の根拠が間違っている」「経営の意思決定が遅くなる」といった致命的な問題につながることが大きな課題だと考えています。

DIGGLEでは、これらの課題をワンストップで解決するプロダクトを提供しています。複数人での共同編集が可能で、常に自動保存がかかります。また、ワンクリックで過去の必要なデータも抽出可能と、Excelでは実現できないUXをウリとしています。そして、最終的には経営の意思決定に貢献するインフラとして価値を提供していると自負しています。

今後も、弊社DIGGLEが、未来の経営企画のためのこれまでにない新しいサービスを創出していきます。以下弊社が大切にしている想いです。

■世の中の常識を変える
世界中の企業の経営企画にとって新しい「当たり前」の世界を創る

■経営の体幹を作る
経営にとっての体幹は予実管理であり、お客様の強い体幹づくりをサポートする

■お客様ファーストのサービス
エンジニア含め全社員お客様に使われてこそのサービスと考えている

【受賞歴】
TechCrunch Tokyo スタートアップバトル2016 ファイナリスト
※創業間もないDIGGLEにも関わらず、TechCrunch Tokyo スタートアップバトル2016 でファイナリストになった時の動画です。
興味ある方は是非ご覧ください
https://youtu.be/yqUuXyYg28o
FUJITSU MetaArc賞受賞

【弊社CEO山本とCOO荻原の想い】
https://www.fastgrow.jp/articles/diggle-yamamoto-ogiwara

Why we do

経営者は、会社や事業のミッション・ビジョンにおいては想いを込めたメッセージを掲げますが、必ずしもその想いが会社全体に届いていなかったり、具体的なアクションプランに落としこめていないケースも多々あります。そういった想いやビジョンを経営管理に結びつける支援をすることが弊社のサービスです。

「こんな会社をつくっていこう」というビジョン、ミッションを数字で具現化したものが予算です。掲げた目標に対する予算と実績とを比較することで、進むべき方向にどれぐらい進めているのかを確認できます。きらびやかなビジョン、ミッションの裏には、それを実現させるための予実管理業務がある。予実管理は経営の体幹だと考えています。弊社は、『経営の意思決定サイクルを速くする』を目標に、適切な意思決定を素早くできる世の中を実現したいと思っています。

How we do

弊社は予実管理のトップベンダーを目指しています。代表山本自身、トップベンダー企業は競合他社を憶測で語ることはすべきでないと考えています。トップベンダーを目指すからには、自分たちにできることを正々堂々とやった上で、成長していく会社でありたいと思っています。

そのため、素直になることを大切にし、問題や課題を直視してストレートに問題に立ち向かっています。また、お客様や会計知識について等、様々な”学び”を大切にしています。経験が長くとも完璧は存在しません。知るべき知識は常に目の前に増えていきます。このような環境では、常に未知の知識を取り入れていく姿勢を大切にしています。

また、会社としてもひとりひとりの社員が成長することが大切だと考えているため、職位、職場に関係なくお互いに建設的なフィードバックをしています。いつでも、どこでも、だれとでも成長を願って伝える、心を開いて、聴くという想いを大切にしています。

【働く環境】
・リモートワーク導入
・効率の悪い業務は常に見直し、業務改善
・社内勉強会
・友達紹介制度

【メンバーについて】
・営業4名(CEO含む)、カスタマーサクセス6名(COO含む)、エンジニア6名(CTO含む)
・部署の壁なく、フラットで自律的
・20-30代の社員が多く、風通しの良い社風
・月1懇親会(任意)

As a new team member

現在、プロダクトマーケットフィットを実現し、実際に多くの企業様の業務フローの一部としてご利用いただく中で、新たな要望が数多く寄せられており、高い品質を維持しながら、改善と新機能のリリースを継続的に行っていく必要があります。また、さらなる事業成長を描くために、今以上の付加価値を生み出していく必要があります。

DIGGLEには、**「データ入力」「レポート」**2つの主要ドメインがあります。

**データ入力**部分は、予算策定や見込管理の業務フローを意識しながら、かつ、多くのお客様の要望を満たせるように、**①汎用性・拡張性の高い仕組み**が必要です。同時に、ユーザが頻繁に作業をする場所なので、**②操作感やユーザの作業効率、それを支える直感的なインターフェース**を徹底的に強化していく必要があります。また、いくつかのユースケースを満たすために、API連携によるデータの取り込みといった機能を充実させていく必要があります。

もう一つの**レポート部分**は、**③BIのような高度な機能**を実装しつつ、**④高いスループットや数値整合性の担保**などが必要になります。そのため、データ分析のための基盤アーキテクチャの設計や堅牢性を高める工夫が課題となっています。

【開発組織について】
組織は現在エンジニア6名(CTO含)となっています。我々のエンジニア組織の一つの理想像として、「一人ひとりの活躍幅の広い」状態と定義しています。役割の過度な分割を最小にし、個々のメンバーが、強調しながらも、領域横断的に開発を手掛けることにより、チームの誰もが製品にしっかり責任を持つ組織を目指します。
この高い裁量を維持しながら、さらにスケールするために、制度やルールからプロダクトのコードベースも含め、必要な仕組みを作っていく必要があります。

【アプリケーション開発プロセス観点】
・要件定義等のコミュニケーション(要望や戦略に基づき、機能要件を整理し、機能のスコープを決定する)
・製品設計(要件に基づき、あるべき製品の仕様や外部・内部設計・UI設計等を行う)
・実装(インフラ・バックエンド・フロントエンド)

【技術領域観点】
・バックエンド (Ruby on Rails、一部NodeJS)
・フロントエンド (React)
・インフラ (AWS, Terraform)

【特に注力する技術領域観点】
・高スループット性
 レポートの速度向上
・品質担保
 経営データという重要性に伴う品質保証策
・ユーザインターフェース
 多くのユーザが入力することを想定したUI/UX
・高いカスタマイズ性・汎用性
 予実管理領域の多様な要件の実現性向上

~開発環境~
技術: 最新技術を利用しながらも、比較的堅牢に設計、実装をしていきます。テストコードやLintなどを積極的に活用しています。
開発スタイル: スクラム開発
技術スタック
・バックエンド: Ruby on Rails
・フロントエンド: React / Redux / ES6
・インフラ: Docker / Terraform / AWS その他SaaS
・その他: GitHub / JIRA / Codeclimate

【身につく力】
- 上流工程から作りきる能力
- マネジメント能力 (スクラムマスターとして行うべき作業や、それに関連したコミュニケーションスキルなどが身に付く)
- 様々なスキルを持ったエンジニアと働くことができる
- CSやSalesと連携して顧客課題を深掘りする力
- 改善案を自らの手で起案する力
-フロント・バック・インフラの全てを触ることができる

【魅力】
- 前職までの経験がある/ないにかかわらず、望めばfrontend / backend / infra何でも挑戦できる
- 顧客やCSからリアルなフィードバックが受けられる
- 常に顧客を第一に考える環境
- 困ったことがあればお互いに助け合う環境。
- 振り返り・課題の発見からの改善の提案・実行のサイクルが早く、開発組織として進化し続ける環境
- DIGGLE発で業界標準を作り出せる可能性があること
- 自発的な取り組み(開発環境の改善提案など)をしやすい環境

【必須要件】
Webサービス開発経験
※現在DIGGLEのプロダクトはRuby on Rails / Reactで書かれていますが、Java,C出身者も活躍しています。

【歓迎条件】
・大学(院)でコンピュータ・サイエンスや数学を学んだ方は歓迎します。
・言語やフレームワークによらずキャッチアップできる力
・フルスタックな働き方を志望し、領域によらず事業に貢献したい方

少しでも興味がある方は是非カジュアルにお話させていただきたいです!

Highlighted stories

元五大商社社員が語る。「自身の未熟さを認め、自身の成長と挑戦を選んだ道」
CTO自ら育休取得の理由とは?
ユーザーの利益を常に考える環境。開発チームとCSチーム双方向でお客様に対応できるDIGGLEの仕組み
Other users cannot see whether or not you're interested.
9 recommendations
Company info
About DIGGLE株式会社
DIGGLE株式会社
  • Founded on 2016/06
  • 16 members
  • Funded more than $1,000,000 /
    Featured on TechCrunch /
    Funded more than $300,000 /
  • 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟22階 SPROUND
  • About DIGGLE株式会社
    本質的な顧客課題を深掘りする、それがDIGGLEエンジニアです
    DIGGLE株式会社