1
/
5

在宅ワーカーさんに聞いてみた・第1弾!「サルとのお仕事について」

サルの新規事業で行っている在宅ワーカーでのチーム構築支援事業は、もともとサル自体が実践して得たノウハウをもとに立ち上げられたサービスです。

そのためサルでは多くの在宅ワーカーさんが、自分のスキルを活かしてサルの仕事のお手伝いをしてくれています。
今日はそんな在宅ワーカーさんにサルでのお仕事についてお話を聞いてみました!

==============

Q1. サルでどんなお仕事をしていますか?

ダイレクトリクルーティングを中心としたスカウト業務、求人の作成や応募者とのやり取りなど、
サルさんの採用業務全般を任せてもらっています。

Q2. 在宅ワークを始めたきっかけはなんですか?

家族の介護がきっかけです。
祖父母の体調が一気に悪化して要介護になり、
同時期に犬も糖尿病になって毎日通院させる必要がありました。
でも前職で出社勤務していた頃は、朝5時出勤、23時退社という勤務が続き、
そんな生活だと家のことは何もできないので祖父母や犬の介護の負担が母に集中してしまいました。
思い切って退職しようかと思いましたが、仕事をすることは大好きだし、
自分のキャリアにブランクが空いてしまうことに不安がありました。
そんなときに見つけたのがサルさんでの在宅ワークでした。

Q3. 実際に働いてみてどうでしたか?

最初はチャットでのコミュニケーションなどに戸惑いました。
でも必要に応じて、Web会議などで気軽に相談できるし、
チャットで不足しているコミュニケーションを補ってくれるのですぐに馴染むことができました。
新しいお仕事の依頼も『こういうことをお願いしたいのだけど、リソースは大丈夫?』と
相談ベースで確認してもらえるので、生活にも心にも余裕を持って対応ができます。
あとは社長と意見が異なった時も、丁寧に話を聞いてくれて、
コミュニケーションが一方通行でないので、とても仕事がしやすいです。

仕事内容についても前職よりも様々なことにトライできているし、
沢山の知見やノウハウを蓄積できていると実感しています。
業務に対する裁量も広いので、信頼して任せてもらえてると感じ、とても充実しています。

Q4. SALの印象はどうですか?

サルさんは良い意味で、社員と在宅ワーカーの垣根を感じないです。
仕事に対しての裁量も広く、私の提案に対しても真摯向き合って耳を傾けてくれるので、
挑戦したいことにどんどん取り組めます。
正直、在宅勤務でここまで自由に働けるとは思いませんでした。
社内のオンラインパーティなどにも呼んでもらえて、
他部署の人と繋がる機会もあるので、本当に社内の人のように接してもらえるのが嬉しいです。

Q5. 今後の目標はありますか?

採用のスペシャリストになってもっとサルさんの採用に貢献したいと思っています。
今、在宅勤務で介護や家族との時間を大切にしながら、キャリアも積めていると感じるので、
もっと色んな知識を積んで、成果でお返しできるようになりたいです。
普段のやりとり一つ一つをとっても、すごく大切にしてもらえていると感じるので、
採用業務はもちろんのこと、それ以外のお仕事でも
私にお手伝いできることがあればなんでもしていきたいし、
求められている成果をしっかり出していきたいと思っています。
楽しく働ける環境、仕事をいただいている恩を返していきたいなって思っています。

==============

A.Sさんをお迎えしてから、サルでも採用業務が一気に加速することができました。
今まで営業アシスタントが兼務で行っていた採用業務に
キャリアアドバイザーの経験があるA.Sさんが入ることで、
効率も効果も飛躍的に改善されました。

サルではこうしたスキルをもった在宅ワーカーさんに業務を委任することで、
業務の効率化を図ることができ、社員も本来のミッションに集中できる環境と仕組みができています。

在宅ワーカーさんとのチーム連携やコミュニケーション、チームの運用を行うのは簡単ではないですが、
サル自体が実際に試し、失敗を繰り返しながらよりよいチーム構築、運用ノウハウを確立していったため
今の「在宅チーム構築事業」という新規事業のスタイルができあがりました。
今後も、沢山の在宅ワーカーさんの力を借りながら、サルは大きく飛躍していきたいと思います!

▼SALの新規事業募集はこちら!

コンサルティング営業
キャリアもスキルもプライベートも、わがままを全部叶えよう!企画提案営業!
SALは、在宅チーム構築支援やWEB戦略設計などの多角的な事業展開で クライアントの確かな成果に貢献します。 ◇◆SALのミッション◆◇ 各企業様が抱える問題・悩みの解決 人口減と高齢化が進む中、日本の経営者は、 DXによる生産性の向上や海外展開を余儀なくされている現状があります。 ・人材コストの削減 ・業務の効率化 ・海外への進出 ・新規事業の立ち上げ etc. 様々な課題に取り組み、事業を発展させていかなければいけません。 しかしそれを推進する社員を採用することの難しさや ビジネスを進化させていかなければならない中で 教育を行うことの難しさに多くの経営者が苦しんでいます。 私たちSALも数年前までは同じ状況でした。 そんな時に私たちが見つけ出したのは、 スキルはあるが家庭の事情で在宅でしか働けないリモートワーカーの方々でした。 リモートワーカーを積極的に契約し、在宅チームを構築してきました。 社員の生産性をあげる事を目的に、業務フローの整理と切り出しを行い、どんどん仕事の委任を行ってきました。 失敗もありましたが、ハイレベルなスキルを持つ方たちでチームを構築できる事がわかり、 社員の業務負荷やストレスが大幅に軽減されるようになりました。 私たちの経験をもとに、 社会情勢の変化、対応に苦しんでいる経営者の力になりたいと思い、 既存のWeb戦略事業だけでなく、新規事業として在宅チーム構築支援事業を立ち上げました。 また、リモートワーカーの方々でも、 スキルは持っているのに、家庭の事情や⼦育てなどで時短勤務や在宅勤務を余儀なくされ、 簡単な業務ばかりで、今まで培ってきたものを発揮できていない⽅が多くいます。 ⾝につけたスキルを⽣かした仕事をしてほしい 企業とリモートワーカーの方々、 お互いにとってよりよい結果にすることが、SALのミッションとなります。
株式会社サル
カスタマーサクセス
出産・育児、ライフプランが変わってもキャリアを諦めたくない方歓迎!CS業務
SAL(サル)は、WEBサイトの構築やオウンドメディアの立ち上げなど、WEBマーケティング支援を中心に事業を展開する企業です。そして今回、これまで培ってきたノウハウと時代のニーズを捉え、新しく「業務改善事業」を立ち上げることになりました。 支援内容としてはクライアントの目的に合わせた精鋭チームを社外に構築していきます。営業やテレアポ、マーケティングなどのチームを立ち上げ、売上や利益率を目標にサポートしていきます。目標達成のためのニーズは顧客によって様々で、「新規事業の立ち上げ」「海外への進出」「業務の効率化」など状況に合わせて最適な提案・運用を考え、構築していく事業になります。 また精鋭チームを構成するのは育児や介護、家庭環境などで勤務に制限のある「眠れる労働力」と呼ばれる人材です。主にママさんワーカーが多く、「能力はあるのに働けない」と悩んでいた人材にキャリアと環境を提供します。 経営課題に悩む経営者と生活でのハンディに悩む労働者、双方の悩みを解決できる社会問題に向き合った新規事業になります。
株式会社サル
株式会社サル's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings