1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

私が異業種に飛び込んだ理由。

はじめまして!株式会社ピアズの前田千慧(@chisatomaeda)です。
入社して6カ月が経ち、現在は営業をしています。

今日は私がなぜ、全く違う異業種から転職をしたのかを書いていきたいと思います。

はじめに、簡単に自己紹介をさせてください^^

2013年4月 神田外語専門学校 国際ホテル科 入学
2015年3月 卒業
2015年4月 某大手ホテル 入社
2020年6月 退職&株式会社ピアズ入社

学生の頃から“人”への興味・関心が誰よりも強く、サービス業が好きで高校生の時は、いつもにこにこしているお姉さんに憧れて、ファストフード店でアルバイトをしていました。

その後も、ホテルや結婚式場でのアルバイトを経験し、本格的にサービス業の道を志すようになりました。そして、ホテル業界の中でも最高のサービスを提供している場所ということで日本一のホテルを志望し、前職の大手ホテルに入社。その後は、レストランウェイターからルームサービスの電話応対、メインレストランのレセプショニストを経験しました。

じゃあなぜ、約8年間続けた大好きな接客業から、異業種に飛び込んだのか。

それは自分自身の限界を自分で決めたくなかったからでした。

接客業しか経験したことがなかった私は、今後接客業しかできないままでいいのか、
もう少し違う世界に飛び込んで、成長したい

そう思ったのが転職のきっかけでした。

思い立ったら即行動の私は、さっそく転職活動を始めました。
そこで出会ったのが、今のピアズです。

決め手は社員の全員が楽しそうに仕事をしていることと、
何にでもチャレンジさせてもらえる環境があることでした。

全く知らない世界に飛び込む事はとても勇気が必要だったし、不安でした。

でも、人生一度きりなのに自分の限界を決めていたら私はこれ以上成長はできないし、
普通の女性のままで終わってしまう、、と思ったんですよね。
普通の女性ってなんだろうって感じですが(笑)

やればできる、でもやらなきゃきっと後悔する
もっとかっこいい女性になるんだ!

そう思って異業種へ飛び込みました。

実際に入社して6カ月間、最初は毎日知らない言葉が飛び交っている環境や
今までやったことがない業務内容に戸惑いました。

それでも“今は何でも吸収するスポンジ”のように新しいことをたくさん覚えるんだ!
と思いながら食らいついています。

毎日新しい事を知ることができて、前職とは違ったワクワクがあって楽しいです。

いま、何かに挑戦しようか迷っている方、それが就職なのか転職なのか、
それ以外のことでももちろん何でもいいんだけれど、これを偶然見ているあなたに伝えたいのは、
恐れずにとりあえず何事にも挑戦してみるということをしてみてほしいです。

そんな迷っている方の背中を少しでも押せたらいいなぁ!と思い、今回は自由に書かせてもらいました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

株式会社ピアズ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more