1
/
5

創業から9期目を迎えるNANICA代表インタビュー! Vol.2~失敗とメッセージ~

創業から9期目を迎えるNANICA代表インタビュー! Vol.2

皆さんこんにちは!
NANICA採用担当です!
前回NANICA社内インタビュー特集!ということで、NANICA代表辻に突撃インタビューをしました!
(気になる方は、こちらをチェック!→https://www.wantedly.com/companies/nanica/post_articles/313421)
今回は前回に引き続き代表インタビューという事でお話をお聞きしていきたいと思います!
(以下、採用担当→採: 辻社長→辻:と記載)

採:ということで本日もよろしくお願いします!

辻:はい、お願いします。

採:本日は、辻社長のこれまでの失敗について聞きたいなと思うのですが、会社を設立してからの失敗って何かありますか?

辻:いっぱいありますけど、、、何だろう。一番失敗したなと思うのは採用のことですかね。



採:え?!ここで採用の失敗とか話しちゃいますか?!

辻:いやもう、赤裸々に全部見てもらった方がいいかなと思って。笑

採:なるほどです。笑 辻社長らしいですね。

辻:実際、面接時に面接する側、受ける側が表面上で相手に合わせたコミュニケーションになってる時、受ける側も採用される事がゴールになってしまっててそのまま採用した時に本当にお互いが求めている内容がかみ合わなくて問題が起こったことがありました。
だからこそ最近は分析を徹底するようにしています。見方によっては上からと言われるかもしれないですが、お互いのミスマッチが起こらないようにしないと双方がしんどいと思うので、そういうところも含めてしっかりとコミュニケーションをとるようにしています。

採:とても大事なお話ですよね!双方のミスマッチを減らすために表面的な話以外もすること。でもそういった表面的なコミュニケーションって難しい点もあると思うのですが、どういった工夫をされていますか?

辻:見極め面接ではなく、対話面接ですね。一方的に質問して、一方的に内容を吟味すると、その後いくら対話に切り替えても表面上の対話になってしまうことが多くて、なので対話を最初からする事でお互いの本音で話せるように、コミュニケーションを意識すること、これは教育にもつながると思っているので、採用は教育にも似ていると思っています。



採:採用と教育ですか。確かに辻社長がよく言われる事ですね!まさか採用と教育がそういった失敗から来ているとは思いませんでした。

辻:いろいろと経験したうえで今はこの対話が採用においてしっくり来ているので、今後も採用という場を通じてではありますが、いろんな方と対話していきたいなと思っています。

採:辻社長時間かけて面談されますもんね!

辻:1時間半くらいは話してますね。

採:すごいパワーです!ではWantedlyでこのストーリーを見てくれている方に向けてのメッセージをお願いできますか?

辻:自分の可能性にチャレンジしたい人と話したいですね。成功願望が強いとか、名声や金銭面だけでなく、それぞれの成功定義に合った欲求がある人とは一度話してみたいなと思います。実際に今のメンバーも過去のコンプレックスと向き合って、見返したいという気持ちで一心に取り組んでいる人もいますし、更に自分自身を高めたいとか、自分に自信が持てるようになりたい人はNANICAをうまく使ってほしいですね。本当にやりたいことがないけどやりたいことを見つけたいという人にも会いたいし話したいですね。採用もですが、一人でも多くの人と会って一つでもきっかけやヒントをつかんでほしいなと思います。



採:辻社長、本日もありがとうございました!

次回からはNANICAのメンバーにどんどんインタビューしていきたいと思います!
ストーリー楽しみにしていてくださいね!

NANICA株式会社's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more