1
/
5

【数字で見るラワンセ vol.3】退職した人の1番の理由はなんと〇〇!在籍し続ける理由も!

こんにちは、株式会社ラワンセ 採用担当の坂本です。

前回のストーリーでは、「創業時からどれくらい社員数を増やすことができたのか」についてお話しさせていただきました。
今回は逆に「退職した人ってどれくらいいるの?退職の理由は何?」という求人サイトでは少し珍しいテーマで書いていこうと思います。

なぜこんな話をするのかというと、実は弊社を退職したメンバーの退職理由は意外なものが1位なんです!
こちらが弊社を退職したメンバーの主な退職理由になります。

第1位「現場企業への社員(プロパー)化」・・・10名
第2位「同業(IT業界)への転職」・・・4名
第3位「別業種への転職」・・・2名

なんと退職の一番の理由は現場企業への社員(プロパー)化になります!

なぜ現場企業への社員化がOKなのか

弊社ではHPにも記載している通り、現場企業への社員化などの転職・退職の引き止めは行っておりません。
人によって企業に求めるものは違います。弊社で働くメリット・大手企業で働くメリットたくさんの選択肢があります。その中で本人が選んだ道であれば、弊社としては応援して送り出していきたいと考えています。

また、同じ企業に弊社の社員を派遣することがほとんどです。
同じ部署に配属されれば面倒を見てくれたり、現場で人員募集の話があれば真っ先に声をかけてくれたりすることもあります。
狭い業界になるので、転職したらそれでさよならではなくお互いに良好な関係を続けています。

なぜ大手SIerへの社員化が可能なのか

弊社では現場企業と派遣契約を締結しております。
そのため、指揮命令権が現場となるため現場の社員の方と同等に業務や教育の機会が与えられます。
※SES企業の場合は準委任契約なので指揮命令権は自社側

3年~4年ほど就業すると自然とエンジニアとしてのスキルは身につき、現場からも手放したくない人材になることがほとんどです。
また、現場企業としても中途採用をして社内ツールの使い方や規則などを一から教えるより、既に社内業務がわかっていて信頼関係が築けている人に来てほしいという理由もあり声をかけていただくことが多いです。

転職しない社員が残り続ける理由は何か

ここまでお話しすると、次に気になるのは「ラワンセに残り続ける人はどんな人なのか?」だと思います。

理由その①
役職などにつかなくても年収を上げやすい
先ほどもお話ししたように大手SIerへ常駐している社員がほとんどですので、数年就業していればエンジニアとしてのスキルも身につき現場企業としては手放したくない存在になります。
スキルを身につけ、エンジニアとして手放しなくない存在になることで単価が上がっていきます。
大きい企業で年収を上げようとなると、既に給与テーブルが決められているため役職に就いたりマネジメント能力を求められることがほとんどです。
その分弊社であれば本人の単価が給与に直結されるため、スキルを身につけていけば役職などに関係なく年収を上げていくことが可能です。

理由その②
やりたい技術を常に触ることができる

これが派遣やSESの一番のメリットになると思いますが、やりたい技術に合わせて自分で案件を選択することが可能になります。1つの企業の中では常に新しい技術や気になる技術を触っていきたいという事は難しいですが、弊社であれば現場に縛られず、自分のやりたい技術を優先的に仕事にしていくことが可能です。

理由その③
会社を成長させていきたい・ラワンセが好きだから

既に成長している企業で経営企画がやりたい!人事や採用について自分の裁量で進めていきたい!となるとそれなりの経歴や経験が求められます。
しかし、弊社は設立してまだ日が浅い会社のため、希望する方がいれば私のように採用や教育、メンバーの統括を行うリーダーなどの役職につくことが可能となります。
年齢や経験は関係ないので若いうちから会社の経営というところに携われるのはすごくメリットだなと感じています。(私は去年の11月から初めて採用という業務に触れました)

それと、私は純粋に弊社のメンバーが好きなのと、私が採用したメンバーはもちろん社員みんなが幸せになってほしい!という気持ちが大きいです!!

このように、弊社は社員のやりたいを最大限引き出して尊重することのできる会社になっています。
ゆくゆくは大手SIerへの転職を視野に入れている、会社の経営などコアとなる部分に挑戦したい、年収をバリバリ上げて生活を豊かにしていきたいなど皆さんのやりたいを是非聞かせてください。

株式会社ラワンセ's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社ラワンセ
If this story triggered your interest, have a chat with the team?