1
/
5

CREW紹介#22|様々な仕事を経て辿り着いたのは自分の好きとやりたいが共存する福祉ベンチャー!

就労移行支援事業所ルーツ四谷 佐土原風香
武蔵野美術大学 造形構想学部を卒業し、大学図書館に勤める。その後、大手メディアのグループ会社に転職。職業訓練校を経て、2022年、LOGZGROUP株式会社に入社。就労移行支援事業所ルーツ四谷でキャリアアドバイザーとして従事している。

福祉業界に飛び込んだきっかけは学生の頃の友人たち

まずは、自己紹介をお願いします!

佐土原風香です。武蔵野美術大学映像学科でインスタレーションという、空間ごと作品にする芸術を勉強しており、大学卒業後は知人の紹介で大学図書館に就職し、職員として本の貸し出し業務を行いました。そのあとは、派遣会社経由で大手メディアのグループ会社で広報サイト担当として3年弱勤めた後、もっと技術力を高めたいと考え、職業訓練校に通い、ホームページの制作、コーディングやデザインについて勉強しました。


そのあとにLOGZGROUPに来られたんですね。転職時はどういう会社を探されていましたか?

もともと、web業界に興味があり、webに強い企業に特化した派遣会社に登録したことがきっかけでメディア系のグループ会社に勤務していました。職業訓練校の卒業後はweb系の会社でデザインに携わる仕事がしたいと思い、HPの制作会社等を調べていました。当時は福祉とは全く関係ない業種に進むつもりでしたね!


デザイン系の業種を中心に会社を探されていたとのことですが、一転して福祉系のLOGZGROUPを選んだ1番の決め手を教えてください

きっかけは、学生時代の友人が就職してから何年か経って、適応障害やうつ病で職場にうまく通えてない話を聞いたことです。スキルや才能だけでなく、人としても尊敬できる友人が環境の問題でうまく働けないのはもったいないと感じており、その時に「就労移行」という言葉を知って福祉に興味を持ちました。

デザインに携わりたいという気持ちと、友人たちと同じような悩みを持つ人を支援したいという気持ちがどちらも同じくらいあったんですよね。両立を考えたときに、この会社は広告運用やパンフレット、掲載物の作成など様々なことを内製している為、デザインの仕事も出来ることが決め手になりました。

あとは、前職が同世代があまりいない環境で、立場の違いからコミュニケーションについて風通しの悪さを感じていました。だからこそ若い人が多いベンチャーのこの会社なら、お互いを敬いながらもどんどんコミュニケーションを取っていけるということに魅力を感じました。



デザインという得意を活かしてLOGZGROUPで大活躍!!

では次に、LOGZGROUPでの現在の業務について教えて下さい!

支援員としての業務をメインで行っています。私は現在7人の利用者さんを担当させていただいていて、担当の利用者さんの学習の進捗、体調面や精神面について聞き取り、対処や改善の必要があれば一緒にその方法を考えます。利用者さんとの日々のコミュニケーションが大切なので、通所日だけでなく普段からLINEなどを通じてコミュニケーションをとっています。


コミュニケーションとは、具体的にどのようなアクションを行うのですか?

利用者さんには毎日ご自身で睡眠、食事、運動や精神面を◯,△,×で評価し、報告してもらいます。通所の方は直接、在宅の方はzoomを使用してその確認を取っています。現在はコロナ禍で、席数を減らしているため、利用者さんは曜日を決めて在宅との二刀流をしている方が多いです!


なるほど!利用者さんとの関係構築も鍵になっていますね。他の業務についてもお伺いしたいです!

Photoshopの講座を担当していて、今後もデザインに関わる講座をいろいろやっていく予定です!

また、利用者さんの就活支援も行っています。担当の利用者さんが就職先を探していく時期になってきたら、利用者さんにあった求人やトライアルの実習を紹介したり、利用者さん側からも応募したい会社を提示してもらった場合には提出に必要な書類の添削をします。他には面接の練習もします!

15時に閉所したあとは毎日会議を行っていて、利用者さんに関しての動向の共有、毎日の訓練、体調面、精神面や方向性のすり合わせなどの進捗共有と出席率に対するアクションやお互いの相談事について話し合っています。他にもLPやサイトの問い合わせから連絡して、見学の予約をし新規利用の獲得のために動いています!



「誰もが自分らしくいるために」ここで私がやれること

実際に働いてから、予想と違ったところなどはありましたか?

福祉系の会社だけど、めちゃくちゃベンチャーでした(笑)。今まで勤めていた会社の中でもダントツでスピード感が早いです!

例えば、社内のチャットコミュニケーションは、1番スピード感を感じる機会です。なにかあったらその場でチャットで質問できるので「この資料どこにありますか?」の一言も、上司の様子を伺ってタイミングを見計らってお伺いするイメージだったのですが、顔色を伺うのではなくてすぐに終わる内容は基本チャットでやりとりをします。

また、資料や提案は100%じゃなくてもとりあえず早く投げておくことなどいい意味で今までの会社とは違って驚きました!スピード感は業務だけでなく、自分の成長スピードも想像の何倍も早いと感じています。


逆に、悪いギャップ、これは予想と違った、、、なんてことはありましたか?

現場主義ということには驚きました!大手の会社によくある1ヶ月研修のようなものはなく、資料を読んだり座学の研修はありますが、現場に入り、実践して覚えていくことを大事にしているため、入社して数週間で担当の利用者さんを持ちました。


スピード感と実践経験のなかで成長できるのですね!佐土原さんの今後の目標を教えてください!

利用者さんに寄り添う支援員になりたいと思っています。支援に正解がないところは苦しくもありますが本当におもしろいです!利用者さんは人それぞれ違う問題を抱えているため、自分ができる100%を尽くしてその方の人生が少しでも豊かになるようにサポートしていきたいですね。

また、今はなかなか手をつけられていないのですが、デザイン系の業務には率先して関わっていきたいです!今後、自分が社内のデザイン業務を担当することで、利用者さんにも現役のデザイナーとして話せることが生まれたらいいなと思っています。


次に、LOGZGROUPにはどのような人に来てほしい、一緒に働きたいなどがあれば教えてください。

スキルや経験がなくても、「人のためになにかしたい」「なりたい自分に向かって成長したい」という想いがある人にぜひ来てほしいです。うちは、一般的な福祉事業をやっている会社に比べて、若手も多く業界を変えていくために頑張っているので、固定観念にとらわれず、柔軟にやっていける人がうちの会社でも輝けると思います。後は、「障害の線引きをなくす」という企業理念に対し、それに共感できる人と一緒に働けたら嬉しいです。


最後に、この記事を読んでくださる方にお伝えしたいことはありますか?

ルーツのメンバーはそれぞれが名刺の裏に好きな言葉が入れられて、自分の名刺の裏は「誰もが自分らしくいるために」って書いてあるんですけど、それぞれ人の個性が残されていたり、その人にあった生き方が見つけられるような支援を頑張っています!一緒に誰もがワクワク笑顔で生きてく世界を創って行きたい人、ぜひお待ちしてます!

最後まで読んでいただきありがとうございました!この記事を読んで少しでもLOGZGROUPが気になった方、一度カジュアルにお話ししませんか?

皆さんのエントリーをお待ちしています!

未経験ok/デザイナー
デザインスキルを活かし、生きづらさを解消するコミュニティーを創りませんか?
LOGZGROUPは、現在社員数28名、平均年齢27歳の福祉ベンチャー企業です。 元エンジニア、元ライターのキャリアアドバイザー、元保育士のマーケターなど様々なバックグラウンドを持つメンバーで、IT特化型就労移行支援・児童発達支援をメインとした福祉事業を展開しています。 福祉業界を”イケてる"業界にし、多くの人にとって生きやすい社会を目指すための事業を展開しています。 【就労移行支援事業所ルーツ】 障がいがあっても戦力としてキャリアアップを望める仕事に就き、仕事に生きがいを見い出して欲しいという思いで、就労の支援をしています。ルーツの強みはwebスキルです。プログラミングスクールを運営していたこともあり、パソコンスキルの基本から、プログラミング・デザインまで、幅広いカリキュラムで学べる環境を提供しています。 http://xn--fdk7cd2e.com/ 【社会の障害と向き合うストーリーメディア Puente】 「就労移行制度」「障害者雇用」「障害者の生きかた」など、障害者について語られる内容は、時に限定的で、誤っていることがあります。Puenteでは『「障害」があるのは、当事者の方ではなく、社会の側なのではないか』という問題意識のもと、当事者1人1人にスポットライトをあて、彼らのストーリーや想いを発信していきます。そうした発信を通して、障害者の方に対する理解・認知の促進や差別の是正等に貢献してまいります。 https://puente.fun/ 【採用マーケティング事業】 福祉業界のクライアントを中心にWantedly運用代行、ジョブメドレーのスカウト代行等の採用領域における大手求人媒体に依存しない会社の資産となるような採用ブランディングに取り組んでいます。 【障がい福祉事業者向けSaaS事業 福祉請求クラウド】 これまで、作成に時間がかかっていた書類作成、データ管理を一本化することの出来るサービスです。具体的には、各支援員が日報を作成すると、クラウド上で自動的にまとめられ、国保連請求用データや利用者様向け請求書の作成などが可能になります。これにより支援員の負担を減らし、サービス向上のための時間を作り、新たなアイデアを生み出すことで、福祉業界全体の底上げに貢献して参ります。 上記のほかにも、アート×児童発達支援事業、福祉×e-sportといった新規事業を展開しております。
LOGZGROUP株式会社
LOGZGROUP株式会社's job postings
16 Likes
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more