1
/
5

コロナ禍 ニューノーマルでの働き方(松本編)

こんにちは、コンサルティング事業部の松本です。

今回は、「コロナ禍になってから、ワークライフバランス含め働き方がどう変化したか、働くということに対する価値観の変化」について書いていきたいと思います。

私の自己紹介などの他の記事は下記よりご覧ください!


私が感じた働き方、働くことへの価値観の変化


第一に、行動を起こすことの大切さを身に染みて感じました。

コロナ禍になり、世界中で行動が制限され、社会活動も停滞状態が続いておりました。
その一方で、環境や行動が制限され変わっても、同じクオリティで働くために様々なものが導入されたと思います。
見えるものでいえば、テレワーク、時差出勤、SNSの活用、Zoom会議等が挙げられます。私の所属する部門はコールセンターなので、業務上毎度出社をしていますが、出社をしていても、社内はもちろんのこと、取引先とのコミニュケーションにも大きな変化がありました。

どんな物事でも変化には力が必要です。
まだ誰も経験したことのないコロナ禍の中で、すぐに社内環境を整えてもらえたことに感謝の気持ちでいっぱいでした。できない理由ではなくできる理由を軸に、環境が変われば自分も変わらなければなりません。必要なもの、必要ではないものの取捨選択をして、理由もわからずに行っていたものに対して「それは本当に必要?なぜ必要?」「やることが目的になっていないだろうか」という視点で考えるようになりました。

また、不思議なことにメンタル的な部分でも、いつでも会話ができる環境であった時より、コミニュケーションがとりやすくなったと感じています。
それぞれお互いが、よりコミニュケーションをとるように心がけるようになったからかもしれません。
リモート打ち合わせなどを行うときにも、なるべく表情や声のトーン、リアクションを大切にするようになり、対面でも自然と意識をするようになりました。

コロナ禍によって起こった変化は、総括すると良かったことの方が多いかもしれません。
対面ではないと得られないものも大切にしつつ、自身の仕事の無駄を省き、かける時間は価値あるものにしていきたいと思います。

リーシング・マネジメント・コンサルティング株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more