This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【営業×事務対談】街の不動産屋から、転職。変わったのは「仕事」じゃない、「生き方」そのもの。

こんにちは。ヒトカラメディア採用・広報担当の有園です。

今回は、オフィス移転プロデュースをしている企画営業部の営業の小枝勇次と営業推進チームの大久保由紀(どちらも2018年10月入社)の2人にインタビューしました。

両者とも、前職は地域に根付いた不動産会社。なぜ「オフィス」の賃貸仲介を行うヒトカラメディアに入社したのか。実際に入ってみて感じた特徴を交えてお伝えしていきます!

※営業推進チームとは
一般的な分類でいうと営業事務や一般事務に当たるものですが、ヒトカラメディアの営業「推進」チームという名前の中には、サポートするだけではなくオーナーシップを持って「グイッと進めてほしい!」という想いが込められています。


なぜヒトカラメディアにジョインしたのか

大久保:前職は個人向けの住宅賃貸の不動産屋で、営業事務をしていました。25名ほどの小規模な会社だったので、物件登録、採用関連、時には入居者やオーナーからのクレーム対応1次受けだったり、誰が担当か分からない業務を全般的に行なっていました。営業事務が3〜4人、営業メンバーも3人と少なかったので、時には代打で接客や案内を行うことも。仕事は楽しかったのですが、まだ仕組みが整っていない組織で制度などの土台を作る仕事をしてみたいなと思い、転職を決意しました。

ヒトカラメディアに興味を持ったのは、ミッション『「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする』を目にして、これって生きるってこと全部だ!と思ってワクワクした事がきっかけです。出来上がっていない組織であることと、それに対して自由にアプローチできる環境に魅力を感じました。

小枝:新卒から3年間在籍していた前職では、個人向けの住宅売買の営業をしていました。そもそも不動産業界を選択したのは、9年前の東日本大震災がきっかけでした。地元・福島の街は壊れ、人がどんどん減っていく・・・そんな様子を目の当たりにし、「福島に住む人を増やして、元気な街にしたい」と思うようになったんです。前職では色々なことを学び、やりがいもありましたが、「住宅を売る」だけでは「街に住む人を増やす」を成し遂げるのが難しそうだと考えるようになりました。もっと違ったアプローチが必要だ!と思い始めた頃に、働く人たちとその家族にまで影響を与える「オフィス」の仲介を行うヒトカラメディアに出会いました。

入社の決め手は、面接時に言われた「学校を卒業した多くの人が当たり前のように東京での生活を選択している。これって自分が心から望んで選択してるのではなくて、そうせざるを得ない現状があるからだと思っている。もっと地方でも”働く”の選択肢を増やして行きたいよね」という言葉。

「”働く”を増やすと、その場所の”暮らす”も増える」という、”働く”の側面からアプローチに、はっとさせられました。同じような想いを持つ人が集まる会社って面白いなと思いましたし、「福島に住む人を増やしたい」の実現にも近づけると確信しました!

大久保:私も地方出身なので、その話にはすごく共感します。地元の”働く”の選択肢の少なさって、すべての地方に共通していますよね。特にヒトカラメディアは経営陣2人を含め地方出身者が大部分を占めているので、「地元で生活したいけど、やりたい仕事がない」という話はよく話題に上がります。出身地は違えど、似たような想いや課題意識を抱えるメンバーが多いですよね。

同じ不動産業界からの転職。実際に入って見て感じた違いや、ヒトカラメディアならではの特徴ってありましたか?

小枝:インセンティブがないのは、不動産会社としてはめずらしいと思います!インセンティブって良い面もたくさんありますが、結果を出せないと生活がキツくなって、心に余裕がなくなる時があります。そうすると、「お客さまを幸せにしたい」よりも「生きるために結果を出さなきゃ」と気持ちが焦ってしまう時があるんですよね。


大久保:不動産営業マンあるあるですよね・・・社内での競争がかなりシビアで、いい物件があっても自分が成約したいがために隠し持ったり、自分のお客さまの内見案内を他の人に任せるのが怖くてできなかったりという話はよく聞きますよね。


小枝:そうそう、チームとして何か成し遂げるというより、”個人事業主の集まり”というようなイメージ近いかもしれません。ヒトカラメディアでは個人ノルマがなく、営業11人と営業推進5人の企画営業部としての目標をチーム全員で追っています。自分以外のお客さまであっても、「この物件合いそう!」と思ったらすぐに共有しますし、逆に、「こういう物件ないですか?」って聞くと、誰かしらが助けてくれますね。チーム全員で協力し合いながら、とことんお客さまに寄り添います。


ー逆に、そのような”違い”で苦労したり、なかなか慣れなかったことはありますか?

小枝:個人向けの不動産売買仲介と法人向けのオフィス賃貸仲介では、ビジネススキームが違います。初めて出会う言葉も多々ありますし、知らないことってやっぱり多いです。強みである「とことんお客さまに寄り添う」営業は、いい意味で想像以上にお客さまと向き合う覚悟が必要でした。よく社内で言われる「”主語をお客さま”にする」という感覚を完全に身につけるのは、決して簡単ではないなと感じています。


大久保:会社としても、個人としても、もっともっと「不動産仲介」を超えた価値提供をしたいと考えています。でも、オモシロいことをする為には、ますは売上をしっかりあげることも必要。現状は目の前のサポートに追われているので、そこにジレンマを感じたり、もっとこうしたいのにリソースが足りない!という状況があります。ここは新しい仲間と一緒に改善していきたいなと思っているところです。


ヒトカラメディアに入って、変化したことってありましたか?

大久保:「働く」と「暮らす」の境目が低くなって、自然と、全部「自分の時間」だと思うようになりました。私は現在、通常の業務と別に、会社で運営している施設のSNSアカウントを運用しています。


▽実際に大久保が運営しているワープシリーズのTwitter

誰かに言われてやっているものではなく、自分の意思で周りを巻き込んではじめました。いい意味で”仕事”だと思っていなくて、例えば休みの日にSNSの投稿のネタを整理したり、思いついたことをメモしたりっていうのを、ごく自然にしてるんですよね。気になった事に対して動いても、周りから「余計なことしないで」って言われることはありません。ストッパーがない環境っていうのが、そういう自分の変化を生み出してくれたんだと思います。


小枝:会社やメンバーを想って何か動けるっていい環境ですよね。もちろん、自分の業務はきっちりやることが前提ですけど。何かの提案だけじゃなく、イベントします、勉強会します、他部署とコラボしてこういう取り組みしますっていうのが、日々あちらこちらで自然発生していますね。こういう状況を許容してくれる会社ってあんまりないと思います。

僕自身の変化としては、「自分とはなにか、どうありたいのか」を自分自身に問う機会が増えました!会社でのフィードバックって、”売り上げを増やすためにこうしたほうがいいよ”といったものが多いと思うんです。でも、ヒトカラメディアはもっとその先の、”自分が幸せになるために”という観点をみんな持っていて。真剣に壁打ちに付き合ってくれる上司やメンバーばかりで、自分自身について考えを深めるようになりました。


大久保:会社自体、そういう雰囲気ですよね!毎月行われるキックオフでも、売り上げなどの数字面以外にも、会社の目指している方向とか目的、大きなゴールについて毎回共有されています。目の前のことだけじゃなく、その先の目指すべき姿の認識のすり合わせを大切にしています。そして、みんながそれを本当に成し遂げようとしている。


小枝:ヒトカラメディアには「意識高いね」って笑う人がいないんですよね。「本気」で何かに取り組むことをかっこいいって思ってる人ばかり。もしかしたらこれは、代表の高井の影響かもしれないですね。高井の口から出る言葉も行動もいつだって本気ですし、それを成し遂げようとしているのが伝わってくるんです。そんな姿を見ているから、メンバーも「ここでは本心をだしても大丈夫」って安心感があるのかもしれません。


ヒトカラメディアの企画営業部って、どんな人に合うと思いますか?

小枝:「不動産業をやりたい」「たくさんお金を得る営業マンになりたい」だけがモチベーションの人は向いてないと思いますが、人を喜ばせることが好きで、とことんお客さまに向き合いたい人にとっては、もってこいの職場です!最適な移転時期ではないと判断した場合、お客さまに移転をオススメしないこともあります。シェアオフィスやコワーキングスペースを提案することだってあります。これができるのは、「会社のため」よりも、「お客さま」に真摯に向き合える環境があるからこそ。いま不動産業界で働いていて、もっとお客さまの為になる営業をしてみたい、胸を張っていい提案をしたいという方は、ぜひ一度オフィスに遊びに来てほしいです!


大久保:会社として目指しているのはもちろんミッションとビジョン実現。でもそれだけではなく、その先に、ヒトカラメディアを使って、自分のやりたいことができる人に向いていると思います!社内外に対して、色々気になって改善とか提案とかしてみたいけど、言い出しにくい環境でモヤモヤくすぶっている方、ヒトカラメディアはおすすめです(笑)ぜひ一緒にいろんな改善や提案をしましょう!

▽ヒトカラメディアでは、一緒に働く仲間を募集しています
・企画営業部/営業チーム

法人営業
移転を通して、企業の成長を支援する。オフィス仲介営業メンバー募集
はじめまして、ヒトカラメディアです。数ある魅力的な企業の中から、私たちヒトカラメディアのページをご覧いただきありがとうございます! 私たちは ◆ミッション 「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする ◆ビジョン 「働く場」と「働き方」からいきいきとした組織と個人を増やす という企業理念の下、『「らしさ」にこだわったオフィス移転』を提供している会社です。主に都内のベンチャー・スタートアップを中心とした成長企業に対して、オフィスの選定から内装のプランニングまで、一気通貫でオフィス移転のプロデュースを行っています。 「オフィス移転」と聞いても、あまり馴染みがないかもしれません。しかし、成長企業に移転はつきもの。プロダクト・サービスを開発して、軌道に乗ったら人員が必要になって、一気に手狭に。1~2年に一度、オフィス移転する企業が多くを占めています。時間もお金もたっぷり使うオフィス移転、これを「ただの引っ越し」で終わらせないことに、ヒトカラメディアはこだわっています。 予算や広さ、雰囲気だけで物件や内装を決めない。財務状況や資金調達、立ち上げ期なのか拡大期なのかの企業のフェーズ、立地と内装にどれくらいの費用をかけるのか、採用を加速させたいのか、働く環境をより良くしたいのか、様々な観点から移転先を検討していきます。 また、せっかく移転しても一日の大半を過ごす場所なのに、単なる作業場になってしまうのはもったいない。作業だけだったらリモートでもいいはずですよね。会社のメンバーの皆さんが集中しやすかったりコラボレーションしやすかったり会社のカルチャーと空間の仕掛けがフィットしていたり、その会社ごとに、日々チャレンジする場所をどんな場所にするか?オフィスの立地や空間を戦略的に練ることは、その企業の理想的な「らしさ」を追求することでもあります。 経営者や移転担当者の方々だけではなく、時には会社のメンバーの皆さんも巻き込んで、「◯◯社らしさって何だろう?」「これから◯◯社は、どんな企業になっていきたいか?」「そのためにいま足りてないことは何だろう?」とワークショップを行うこともあります。ちょっと時間は掛かりますが、きっとメンバーの方々が「使いやすい/使いこなせる」オフィスになるはず。私たち自身も過去数回の全社を巻き込んだオフィス移転プロジェクトをしてきたので価値を実感しています。ヒトカラメディアは「オフィス移転」を「会社の成長の好機」に変えることで、成長企業の応援をしています。 ◆なぜ「らしさ」にこだわるのか? その企業「らしさ」という形の見えない言葉の中には、ミッションやビジョン、カルチャーや行動指針、サービスや提供価値へのこだわり、組織の在り方や組織戦略など、すべてに共通する太い「軸」が通っていることが求められます。そこに「オフィスの立地や空間」も1つの大事な要素です。「ヒトカラメディアらしさ」とは何か?この問いに正しい答えはなく、もしかしたら個々人によって違う回答が返ってくるかもしれません。それでも「これはやるのは、格好悪いからヒトカラメディアらしくない」とか、「自分たち「らしさ」って何だろう?良いところは?悪いところは?」と、しっかりと自分たちに向き合い続けて、どこの真似でもなく自分たちにしか出来ない「らしさ」を大事にこだわり続けている企業は強いのではないでしょうか。 また、オフィス移転以外にも自社施設の運営やオフィスビルのオーナー向けのソリューション提案、工事・施工管理、地方での展開も行っています。これらの事業がクロスすることで、より厚みのある価値提供を目指しているのもヒトカラメディアの特徴です。
株式会社ヒトカラメディア


・企画営業部/営業推進チーム

営業事務
知見を活かしてもっと幅広いサポートを!そんな不動産営業事務を募集します
はじめまして、ヒトカラメディアです。数ある魅力的な企業の中から、私たちヒトカラメディアのページをご覧いただきありがとうございます! 私たちは ◆ミッション 「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする ◆ビジョン 「働く場」と「働き方」からいきいきとした組織と個人を増やす という企業理念の下、『「らしさ」にこだわったオフィス移転』を提供している会社です。主に都内のベンチャー・スタートアップを中心とした成長企業に対して、オフィスの選定から内装のプランニングまで、一気通貫でオフィス移転のプロデュースを行っています。 「オフィス移転」と聞いても、あまり馴染みがないかもしれません。しかし、成長企業に移転はつきもの。プロダクト・サービスを開発して、軌道に乗ったら人員が必要になって、一気に手狭に。1~2年に一度、オフィス移転する企業が多くを占めています。時間もお金もたっぷり使うオフィス移転、これを「ただの引っ越し」で終わらせないことに、ヒトカラメディアはこだわっています。 予算や広さ、雰囲気だけで物件や内装を決めない。財務状況や資金調達、立ち上げ期なのか拡大期なのかの企業のフェーズ、立地と内装にどれくらいの費用をかけるのか、採用を加速させたいのか、働く環境をより良くしたいのか、様々な観点から移転先を検討していきます。 また、せっかく移転しても一日の大半を過ごす場所なのに、単なる作業場になってしまうのはもったいない。作業だけだったらリモートでもいいはずですよね。会社のメンバーの皆さんが集中しやすかったりコラボレーションしやすかったり会社のカルチャーと空間の仕掛けがフィットしていたり、その会社ごとに、日々チャレンジする場所をどんな場所にするか?オフィスの立地や空間を戦略的に練ることは、その企業の理想的な「らしさ」を追求することでもあります。 経営者や移転担当者の方々だけではなく、時には会社のメンバーの皆さんも巻き込んで、「◯◯社らしさって何だろう?」「これから◯◯社は、どんな企業になっていきたいか?」「そのためにいま足りてないことは何だろう?」とワークショップを行うこともあります。ちょっと時間は掛かりますが、きっとメンバーの方々が「使いやすい/使いこなせる」オフィスになるはず。私たち自身も過去数回の全社を巻き込んだオフィス移転プロジェクトをしてきたので価値を実感しています。ヒトカラメディアは「オフィス移転」を「会社の成長の好機」に変えることで、成長企業の応援をしています。 ◆なぜ「らしさ」にこだわるのか? その企業「らしさ」という形の見えない言葉の中には、ミッションやビジョン、カルチャーや行動指針、サービスや提供価値へのこだわり、組織の在り方や組織戦略など、すべてに共通する太い「軸」が通っていることが求められます。そこに「オフィスの立地や空間」も1つの大事な要素です。「ヒトカラメディアらしさ」とは何か?この問いに正しい答えはなく、もしかしたら個々人によって違う回答が返ってくるかもしれません。それでも「これはやるのは、格好悪いからヒトカラメディアらしくない」とか、「自分たち「らしさ」って何だろう?良いところは?悪いところは?」と、しっかりと自分たちに向き合い続けて、どこの真似でもなく自分たちにしか出来ない「らしさ」を大事にこだわり続けている企業は強いのではないでしょうか。 また、オフィス移転以外にも自社施設の運営やオフィスビルのオーナー向けのソリューション提案、工事・施工管理、地方での展開も行っています。これらの事業がクロスすることで、より厚みのある価値提供を目指しているのもヒトカラメディアの特徴です。
株式会社ヒトカラメディア
株式会社ヒトカラメディア's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more