Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

ゲットイットのエッセンスを探れ!新卒入社組4名のゆるっと座談会(1/5)

①配属部署 ②社歴 ③キーワード
平野  :①パートナー営業 ②9年7ヶ月 ③松田さん大好き
松田  :①社内SE ②8年7ヶ月 ③機密を握る男
MOMO:①サポート ②7年9ヶ月 ③フォロー上手
中村  :①サービスエンジニア ②6年9ヶ月 ③爆笑しない男

※2019年12月時点の情報です。


―――さて問題です。今回なぜこの4人が集められたでしょうか。

平野:社長と飲んでいた時に、「この4人で何かしよう!そうしよう!それがいい!」ってずっとつぶやいてのんだくれていたのは覚えています(笑)

中村:新卒のくくりで集められるという噂は聞いていました。

松田:いいんですかね?採用関係にプラスになるようなことを言える自信がないんですけど。


―――ゲットイットのいいところとその理由が、この4人をかけ合わせたらエッセンスとして浮かび上がってくるだろうということで集められました。

MOMO:多大なプレッシャーが与えられましたね(笑)

松田:客観視は難しいです。新卒である以上、他の会社がどうかっていうのは分からないですから。


―――じゃあ、まずは松田さんについて伺いましょう。普段の業務内容は?

松田:機密の部分に触れるところなので、あんまり詳しくは言えないんですよ。説明するのが難しいんですけど、社内システムの不具合を直したりとか、これちょっと改良してくださいって言われたらそれを…あぁ、でもこれも難しい…機密情報に関わることなので。

MOMO:そんなにゲットイットには機密情報があったんですね(笑)

平野:うちの会社をつぶすなら、松田さんを誘拐した方が早いですよ!

松田:それはおおげさです!

一同:(笑)

松田:基本的には社内システム以外にも事務関係の雑務があったりという感じですね。色々やっているのは入社当初からなんですよ。人数が少なすぎるっていうのもありましたけど、それが今の仕事の始まりみたいなところはありますね。当時はまだ右も左も分からない感じですし、なんとか先輩の方にこれどうしたらいいですかと聞いたりしながら、なんとか。

MOMO:それを聞くのって誰だったんですか?

松田:いや、多すぎて分かんないです。

平野:さっき(人数)少ないって言ったじゃん!(笑)

松田:今になってやっと、一応大学で学んだことは役立てることができたなというのはありますね。プログラミングがわからなかったら、今こんなことはしていないと思います。

平野:ん!よかった!

松田:というよりも社長の方針があったと思いますね。「自分の特性を生かすところにつくように」「できないことをできるようにするよりも、できることを伸ばした方がいい」っていう方針で今の位置になったので。自分自身あまり深く意見を言うような方ではないので、そこを考慮していただいたのはとてもありがたいです。
自分の特性の悪い面で言うと、複数のことを同時にやるのが苦手というのがあって。突発的な何かが来た時なんかは、優先順位が崩れちゃうので、どれを先にやるか、どれを後にやるかを考えるのが正直大変になりますから。


MOMO:私は松田さんに事務のことを教わったんですよね。

松田:あぁ、そうですね。でもあんまりうまく教えられた気がしなくて、それは申し訳なかったです。

MOMO:その時に、コーヒーメーカーとか食洗機、更衣室のことについて説明を受けたんですけど、食洗機のところですよね?「まだ早い!」って教えてくれなかったの(笑)
それ以降、何かやると「いや、まだ早いからそれ!」っていう風にみんなに社内で使われていました(笑)

松田:その出来事は覚えていない…

MOMO:なんで食洗機はまだ早いって言われたのかあの時分からなかったんですけど、新卒で初めての会社だったので先輩がそういうのならきっとまだ早いんだろうなって思って(笑)

松田:ごめんなさい、その時のことちょっと覚えてないです。

MOMO:たぶんもう永遠に覚えていますよ、私。

松田:まぁ、それがすごい不快じゃなければいいですけど。

MOMO:不快じゃないです!あぁ、まだ早いって言われちゃった!って。

松田:それなら謝ります。すみませんでした。

MOMO:松田さんに謝ってもらい続けるっていう人生を歩める(笑)

松田:それはうざいですよ。

一同:(笑)


―――みなさん、松田さんの印象について教えてください

MOMO:松田さんは社長直下で大変だなぁっていうのを常に思いますね。昔とかは特によくがんばれるなっていう。

平野:社長、落合さん、新垣さんの直下で、3人から別々の指令を受けてっていう状態で。三者三様のやり方を(求められる)。

MOMO:よく体調不良になって休まないで出てきてるなって。すごいなと思って。だって全然休まないじゃないですか?松田さんが休んだときは「大丈夫か?!深刻じゃないか?」って状態なので。

松田:精一杯で自分ではよくわからないですね。たしかに1人に対して上司が複数いるっていうのも普通ないと思うんですけど。自分でもどうやってこなしたか分からないです。(当時の自分は)どうやったんでしょうか。

MOMO:あと、松田さんって誰に対しても態度変わらないですよね。

松田:それは単純に変え方が分からないだけです。

平野:松田さん、髭剃りました?

松田:結構前ですよ。というか、髭面はそもそも社長の提案ですから。


―――社長の提案?

平野:「平野くん金髪にして、松田さんは髭を生やせばいいじゃん」って話になって。

松田:どういうことかわからなかったです。

平野:結構自由な社風を目指していて、社長はバンドで髪を水色にしてきたから、それの流れで金髪にしたら面白いんじゃないかなって話に。

MOMO:(理由は)「面白い」ですよね、要はね。自分が面白いから松田さんに髭を生やしてもらおうっていう。平野さんは金髪にしなかったですもんね。

平野:うん。その時客先に行っていたので、これさすがに怒られますよって話をしたら、「そりゃそうだよね」って(笑)今考えれば、染めてもよかったかなと思うんですけど。他の人が金髪になってから「あ、遅かった!」って思って。

MOMO:今はやらないんですか?

平野:今はやらない。お客さんと話してたら、「これはこれだ!」って自分のスタイルとして私服でもいいんだよって言ってくれたけど、さすがになと思って。「僕にはまだ早いです!」って言って。

一同:まだ早い!(笑)

思いつきから始まった新卒組座談会!(全員私より若いですが大先輩)
終始笑いの耐えない楽しい時間でした。
全5回、ゲットイットの歴史が詰まっています。
(採用担当:加藤)

株式会社ゲットイット's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more