1
/
5

【社員紹介】どうしてあなたはエッグに?~新卒編 Vol.1~

みなさま、こんにちは!エッグフォワードの鶴濵です。

エッグフォワードでは2019年4月から新卒1期生として3名が入社しています。私も新卒でエッグフォワードに入社しました。3人で日々切磋琢磨しながら仕事に取り組んでいます。

今回は、そんな新卒メンバー3人がどんな思いでエッグフォワードに入ってきたのかをインタビュー形式でご紹介いたします!

↑新卒メンバー(左から、中島、鶴濵、黒崎です)


トップバッターはいじられキャラの中島(なかじ)です。

中島直哉:東京大学大学院卒。物理学の研究に携わりながら、スローガンのメディア“ファクトロジック”の唯一のインターン生として運営を支える。頼りないときもあるが、周りのメンバーを思う温かい一面も。愛称はなかじ。エッグフォワードの中で現在、コンサルティングと新卒採用を担っています。


【難関企業の選考に進みながらも迷った就活期】

鶴濵(以下鶴):なかじは就活の時はどんな軸で企業を見てた?

中島(以下中):一貫して”安定”がテーマだったんだけど、就活後期には”個としての安定”が重要だと思ってた。だから院進を決めたときと似ていて、困難な環境にこそ、すごい人がいるんじゃないかっていう理由でとりあえずすごいところを見てた。

鶴:すごいところ笑

中:いわゆる難関企業かなーって考えてて、コンサルとか笑。選考は割とうまくこなせていて、内定ももらって。でもうまくいっている反面、行きたいって企業は見つからずだった。

鶴:難関企業の選考は順調に進みつつも、悩みもあったんだね。

中:悩みというよりは、より解像度高く自分の決断について考えられるようになったのかも。
”自分にとっての納得感って何だろう”ってずっと考えてたな。

鶴:納得感はどうやって見つけたの?

中:エッグフォワードとも出会うきっかけにもなるんだけど、たまたまエージェントから高評価をもらっていろんな企業の方とお会いするチャンスを頂けていたんだけど、エージェントが今まで自分が見ていなかったような企業を紹介してくれて色々な企業を見ていたんだよね。

たくさんの企業を見ているうちに感じたのは、
”自分たちの提供する価値を社会に還元したいっていう理念と風土、
世の中に新しい価値を生み出したいっていう、難易度高い理想を追い求める、すこし青臭いような価値観”が自分は嘘偽りなく、好きだなぁって思うことが分かってきた。
エッグフォワードは本当にばっちりはまったんだよね。

【エッグフォワードへ入社を決めた理由】

鶴:色々なベンチャー受けても自分がやる意義が見えてこなかったんだね。エッグフォワードはどんな形で出会ったの?

中:最初は就活の選考対策イベントで徳谷さん(弊社代表)と出会ったのがきっかけ。
”元戦略コンサルファームのパートナーが直接伝授”みたいな限定イベントがあって笑。

選考対策のつもりだったから”こういう企業があるんだ”くらいの感覚で見てたんだけど。ワークがめっちゃ難しかった笑。しかも、単に難しいワークをさせるだけじゃなくて、どうやってそれを学びにするのかを本気で伝えてくれていて、FBもすごく学びが多かったんだよね。それまでそういう企業に出会ったことなかったからすごく興味がわいたんだよね。

あと、”世界を変えたい・可能性を引き出したい”っていう理念を本気で追い求めていることが会社全体から伝わってきて、すごく惹かれた。

鶴:どういうところからそう感じたの?

中:エッグフォワードは代表の徳谷さんだけじゃなくて、それぞれのメンバーが理念に自分なりの意味を持たせていることが、自然と伝わってきた。
今までこんな企業と出会えたことなくて、本当にすごい面白いし、ユニークな組織だぁって思った笑。

それと同時に、エッグフォワードだったら、自分がやりたいことを本気で価値として認めてもらえるんじゃないかなって思えたんだよね。自分の言葉で理想を語る人、エッグのひと好きだから。

あと世界観だけを大事にするんじゃなくて、世の中への価値提供することを大事にしているのもすごくよかった。プロフェッショナルとして仕事ができる環境がここにあるって。

鶴:確かに徳谷さんだけでなくみんな対外的な価値をかなり重要視しているもんね。

中:ミッションが単なるキレイごとになっていないというか、違和感を感じなかったんだよね。ミッションに矛盾がない行動を社員の人がとっているなって感じるし。

鶴:ちなみになかじの価値ってどういうものなの?

中:まだ漠然としているけど、”いろんな人の価値観を生かすこと”だと思っているのかも。
個性的な価値観がカオスに存在してて、それでいてそれぞれを尊重できている世界が実現できていれば、すごく素敵だなって。

でもそのためには、それを受け止めるだけの強さが必要だなって思ってて、まずは社会人として、本当に仕事ができる人になりたいと思ってた。
エッグフォワードでは、そういった価値観を尊重してくれるし、レベルもべらぼうに高かったから、いろんな企業を見た中で、エッグは素晴らしい環境だなって思えた。

鶴:それでエッグフォワードに入る決意をしたんだ。不安とかなかった?

中:あるにはあったけど、たぶん周囲と相対的に比較するとあまりなかったと思う、
不安はどこに入社を決めてもあると思うし、むしろそれらしい言葉で不安を解消した気にならないように、なるたけ正確に言語化するようにしていたら覚悟っぽいものができてきたのかもしれない。

だから不安自体は少なかったんだけど、
エッグはベンチャーだから”会社が無くなるのでは?みたいな恐怖があったな笑。
でも就活もうまくいってたし、ある程度失敗しても巻き返せるって謎の開き直りはしてたな。

鶴:なかじの人生をささげたんだね笑

中:そこまでは分からない笑。でもエッグの中で培った経験があれば何があっても大丈夫でしょっていう謎の安心感があった笑、

鶴:縁起でもないからやめて笑

【入社から半年を振り返って】

鶴:入社してもうすぐ半年だけど入ってみて実際はどう?

中:入社して、求められるレベルが高いからこそ”辛い”と感じるときがまだ多いなぁ。
でも、一度も後悔してない。エッグのすごいところは本当に尊敬できる人しかいなくて、これは自分の人生の中で体感したことの無い経験だった。毎日圧倒されてる笑。

鶴:エッグのメンター制度はどう?

中:メンターのでじ(出島)さんは、自分を俯瞰して見守ってくれている。それにエッグは人材育成を売りにしているだけあってフィードバックや指導も丁寧だと思う。

メンターの選定も本当に絶妙で、でじさんじゃないと話せないことたくさんあるし、でじさんだからこそなんでも話してしまうこともあったりする。

鶴:私もメンターの池田さんにはなんでも話してるからよくわかるよ。

中:でもメンターだけじゃなくてほかの人にも支えてもらっているってのはある。でもそれもあくまで支えてもらっているだけで、甘やかされているわけではないんだよね。

成長環境としてはとてもいい環境だし、チャレンジングな環境。刺激的。

鶴:この半年はめまぐるしく過ぎていったと思うけどナカジの今後の目標とかはある?

中:エッグとしての新しい価値をみんなで創っていきたいなと思ってる。文化に加えてプロダクトの強みを作っていきたい。今はまだ、遠いけど、少しずつ近づいている気はするんだよね

鶴:新規事業もまだこれからどんどん伸びていくし、私たちも関われることはたくさんありそうだよね、引き続き一緒に頑張っていこうね。

                                   (photo by kuppography)

(編集後記)

入社してから一緒に働いてきた同期がどんな理由でエッグフォワードに入社したのかを改めて聞くと、「そういう一面もあったのか・・・」という新しい発見が非常に多かったです。

エッグフォワードに入社した理由は様々でも、社員みんなが同じ方向に向かって進んでいるのがエッグフォワードらしさだなあと思います。新卒の私たちはそのような会社の良さを活かしつつ、より良いエッグフォワードにしていくために頑張らないといけないな、、、と同時に思いました。

引き続きもう一人の同期のくろちゃんにもインタビューをしているのでお楽しみに!


コーポレートサイト

ご支援事例

エッグフォワード株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings