1
/
5

Webエンジニアになりたいあなたが今すぐ読むべき代表インタビュー!

こんにちは!株式会社アドシードの千葉です!
本日は満を持して、元エンジニアとして活躍していた代表にインタビューしました。

弊社の強みは未経験でも必ず【開発案件】にジョインできることです。
・なぜ未経験なのに100%開発案件に参画できるのか
・なぜSES事業を始めようと思ったのか

その背景に追及してきました。

それではインタビューに入っていきます!


千葉:本日はよろしくお願い致します!

齋藤:よろしくお願いします。

「世の中の課題を解決するサービスを立ち上げたい!」そんなエンジニアを増やしたい

―100%プログラマ開発案件が実現できている背景を教えてください

齋藤:アドシードでは3か月研修し、4か月目からプログラマ案件に関わっています
弊社の「自ら育つ土台を構築する」というコンセプトのもとで作られた独自カリキュラムは、エンジニアとして成長するために必要な要素のみを抽出して、最大限まで無駄を削ぎ落したものになっています。
もちろん経験値としては研修だけでは少ないのでこの研修で1人前のエンジニアというほどおこがましい考えは持っていませんが、カリキュラムは開発業務を行う際の本来あるべき思考になるように設計されており、この思考を持ちつつ、自身で成長するために必要な知識を入れることで、あとは経験値を積んでいけば1人前になれる、という仕組みです。
日々急速に成長していくので、未経験から現場アサインされますが、アサイン後に実力が認められ、他社の2年生、3年生を下につけてリーダーになる人もチラホラいます。

―なぜそこまで開発案件にこだわるのですか?

齋藤:(優秀な)エンジニアの創出を目的としているからです。
弊社はSESをやっていますが、SESがメインの会社ではありません。
Webサービスを自社で開発するためにエンジニアの創出をしています。
そのエンジニア創出の場(キャリアの1ステップ)としてのSESと考えているので、生涯ずっとSESをやっていきたいと考えている方にとってはちょっと違うかもしれません。
エンジニアを増やして技術力をつけ、自社のサービスを創出していきたいと思っています。
なので、エンジニアになることがゴールの方はSES会社の方が良いかもしれません。
エンジニアリングを手段の一つとして「世の中の課題を解決するサービスを立ち上げたい!」と思っている方が弊社には向いています。

―アドシードにて経験を積まれた未経験エンジニアのキャリアステップについて教えてください

齋藤:弊社には教育事業、SI事業、クラウド事業がありますが、教育事業の研修を受け、SI事業でプログラマとして1人前になってもらい、クラウド事業でサービス運営ができるレベルになってもらいます。
その後、マネージメントスキルを身につけ、最終的には事業開発責任者(PdM)を目指してもらいたいと思っています。
と、お話ししましたが、まだまだ小規模なベンチャーなので、完全に決まった型はなく、いろいろな未来ができると思っています。
経営に関わることもできますし、事業コンテストも行っているので、良い案ができればすぐに事業責任者になることも可能です。
弊社は社内に教育・業務委託での開発・自社サービスと、エンジニアのキャリアとしていろいろな選択肢がとれる環境になっていると思います。

千葉:聞いているだけで夢がありますね。なんだかワクワクします!

「SES事業の根深い課題を解決したい」

―SES事業を始めようと思った背景

齋藤:SESは「スキルがつかない」と言われているのをブログなどでよく見ます。
私はいろいろな現場を経験できることはメリットだと思っており、むしろ同じ環境下でしか仕事ができない事業会社よりも、最初の経験としては良いものだと思っていたので、なぜそう言われるのか、不思議でした。
ですが、実際にSES事業をやってみて、いろいろとわかってきました。

それは、、、
【未経験エンジニアがテスターやオペレーターからスタートしてしまうこと】です。

エンジニアになりたいと言っている人に対して、家電量販店の販売員をやらせたり、ヘルプデスクをやらせたりする会社が存在しており、エンジニアに対する教育もきちんとできていないのです。

千葉:SESなのに家電量販店の販売員ですか?
エンジニアとなんの関係もないように思えますが、、、

齋藤:その通り。そもそもSESはシステムエンジニアリングサービスの略なので、家電量販店の販売員はSESではありません。
しかしながら、SES会社という名目でこれを行っている会社が多くあり、エンジニアとしてきちんと育てることができていない、という実情がありました。



千葉:なぜ全く関係のない家電量販店に販売員として派遣されるのでしょうか?

齋藤:全く関係ないところに派遣されるのは経験がなくても売上になるからです。
研修期間というのは売上0円で給与だけもらう赤字人材を入れるということになります。
確かに、本来給与は売上の一部がバックされるものなので、経営的に見れば売上を上げながら勉強してもらうという考え方は正しい姿だと思います。
アメリカではプロだから給与がもらえる成果報酬の考え方なので新卒だろうと即戦力じゃないと採用されません。これを理解しない人もいるので、経営的には正しいということを考えると、経営方針の差でしかないと思っています。
ちなみに販売員になってもPCのハード面に少しだけ詳しくなるかもしれませんが、プログラマとしてのスキルはつきません。

百歩譲ってテスターですが、テスターはQAエンジニアとしてのキャリアステップとしては無しではないのですが、ほとんどの方はWebシステムの開発エンジニアを目指しています。そのような方々にとってはテスターは意味をなさないと思っています。

千葉:なるほど。

―Webシステムの開発エンジニアとしてキャリアアップしていくためには、どのような手段をとるべきなのでしょうか?

齋藤:Webシステムの開発エンジニアを目指すのであれば最初からプログラマとして経験を積むべきなんです。
しかしなぜプログラマ案件から始めないかというと、その会社にプログラミングを教えるスキルがない、かつ、エンジニアのキャリアをイメージできないからなんですね。
教えられないと当然仕事ができません。
でもお客さんから信頼を得ないといけない。

千葉:SESとしてのスキルが身についていないのに、どのようにして信頼を獲得するのでしょうか、、、?

齋藤:業界の経験年数を増やすんです。
(販売員はちょっとレベルが違うので省きますが)IT業界にいる期間が長ければ経験年数を底上げできる、経験値が少しでも高いように見せられる、というわけです。
そうするとレベル感を測る術を持たないお客様としては、プロジェクト担当者の業界経験の長さは安心材料になるわけです。
これが過去に成功してしまい、それが広まってしまっているのです。
このような理由から、なんとか年数を底上げしようと間違った方向に努力する仕組みが出来上がってしまいました。

―未経験エンジニアがテスター案件からスタートするデメリットについて教えてください


齋藤:先ほどの話のような、経験が底上げされた人は実際にスキルがあるわけではありません。
この影響で、年数はあってもスキルのない人が大量に出てきてしまい、業界内での年数の価値が下がってしまっています。
具体的に言うと1年目、2年目の人はほとんどプログラミングができないというレッテルが貼られています。
1年テスターしていて、プログラミングをしていなければ当然ですね。
本来は3か月みっちりと研修すれば、末端のプログラマとしては問題なく稼働できるはずですし、1年やったら十分にプログラマとして活躍できるレベルになっているはずですが、そうでない人たちの印象に左右されてしまい評価されなくなってしまっているのです。

千葉:研修を受けて、1エンジニアとして活動できる人たちも、同じようなレッテルを張られてしまうということですね。

齋藤:そう。なのでうちのエンジニアも最初はそういう目で見られてしまいます。
しかし、実際に稼働するとお客さんから評価されて、「アドシードのエンジニアは違う」って思ってもらっています。



―キャリアチェンジした未経験エンジニアたちはどうなるんですか?

齋藤:やる気満々でキャリアチェンジしてきた才能あるエンジニアの卵たちが、経験年数底上げのためにテスターや販売員など、開発とは異なる仕事に就いていくことになるわけです。
ただでさえ新卒に比べて後れを取っているキャリアチェンジ組としては一刻も早くプログラマとしての力をつけなければいけない時期を、1年、2年とプログラマ以外の仕事をしなければいけなくなり、より一層の後れを取っていくわけです。すると、短期間でモチベーションは下がり、早々に脱落してしまうんです。
このような事情から、日本の業界内でのエンジニアの底辺が非常に低くなっていると思っています。
アドシードでは、これらを解決して日本のエンジニアリング能力の底上げをしていきたいと考えています。

―最後にこんな方と一緒に働きたい!を教えてください!

齋藤:僕の仕事への考え方は中学から始めたバレーボールの影響がとても大きいです。各個人が鍛えて、頑張って、チームとして連動して勝ちに行く。でも、あくまで楽しむことが目的。
勝つこと、上に行くことの達成感が楽しいから鍛えて勝ちに行く。
そんな熱く楽しく一緒に全国目指せる方を募集しています!(笑)

千葉:何事も楽しみながら上を目指すことが大切なんですね!本日はありがとうございました!皆様のご応募お待ちしております。

(アドシードポーズをする代表とパシャリ📷)

私自身、SESとして入社しても家電量販店の販売員として派遣されたり、
テスターとして1年間活動している方がいるということを知りませんでした。
そのくらいアドシードはエンジニアファーストな会社だということです。


あなたもエンジニアとしてアドシードで活躍しませんか?

株式会社アドシード's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings