1
/
5

【スタッフインタビュー】未経験スタートからエースディレクターへの抜擢秘話

こんにちは。STAGEON人事部です。

今日ご紹介するのはエースディレクターのS君。

実は彼、前職はクリエイティブとは全く関係のないお仕事で、動画編集もしたことがなければマーケティングも知らない。

そんな状態からのスタートでした。

しかし、今では新規プロジェクトを任され、彼のチームで立ち上げたYouTubeチャンネルでは100万回再生を超える動画も。

今ではSTAGEONになくてはならない存在となったS君について掘り下げていきましょう。

未経験の壁

前職は医療関係だったS君ですが、一般的なビジネスマナーを必要とされる職場でなかったため「話し方「敬語」「立ち振る舞い」には当初苦戦したといいます。

なぜなら、STAGEONのクライアントは「企業の社長」

YouTube撮影の現場でご一緒する際の立ち振る舞いは少なからず見られます。

優しく気さくな方ばかりですが、最低限のマナーは嗜んでおく必要があります。

ですが、当時のS君はビジネスマナーなんて知りません。

ビジネスコミュニケーションに"慣れてない"なんて言い訳は通用しない業界ですが、S君がSTAGEONにJOINした3年前。当時は話し方や伝え方、言葉遣いまで先輩が面倒を見れる状況でもなく....。

気づいた頃には時すでに遅し。

ある日、コミュニケーションエラーでお客様を怒らせてしまったのです。

すぐに先輩スタッフが謝罪をし、幸い大事には至らなかったものの、この一件でかなり落ち込んでしまったS君。

未経験の大きな壁にぶち当たった瞬間でした。

未経験からエースディレクターへの快進撃

S君が人と違ったのは、現実をしっかり受け止め、反省し、周りのアドバイスを素直に聞き入れ実行したこと。

落ち込むだけなら誰でもできるんです。

けれど、常に向上していきたいという気持ちがある人は、周りの意見に耳を傾け、自分の改善点をひとつひとつクリアしていくことができます。

これはS君の良さであり”強み”でした。

今では新規事業を任され、彼が率いるチームは団結力のある素晴らしいチームです。

全員が同じ目標に向かって試行錯誤を繰り返し、時に先輩や周りに、自らアドバイスをもらいにいき担当チャンネルを伸ばしています。


そして、そんなS君はSTAGEONにとって必要不可欠な人材に。
S君の周りのメンバーも全員やる気があって素直で、真面目で、そしてユーモアがあります。

そんな素敵なメンバーに囲まれて仕事がしたい!と思ったそこのあなたは、ぜひSTGAEONの面接にお越しください!

未経験でも関係ない。
やる気と素直さがあればどこまででも成長していけます。

ぜひ、あなたのご応募お待ちしています!

㈱STAGEON's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from ㈱STAGEON
If this story triggered your interest, have a chat with the team?